FC2ブログ

男が欲しくて三千里~男日照りでカラッカラさ!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

参考文献(1)

はじめに14参考文献
(ゲイ・同性愛)
別冊宝島159「ゲイの贈り物 GAYがつくった、みんなのための、ゲイ・カルチャー案内」(1992)
チャールズ・シルヴァースタイン、 フェリス ・ピカーノ 「THE JOY OF GAY SEX(ザ・ニュー・ジョイ・オブ・ゲイ・セックス) 」白夜書房(1993)
Ito,1993;伊藤悟「男ふたり暮らし ぼくのゲイ・プライド宣言」太郎次郎社(1993)
Yamashita/Kodama,1994;山下柚実・児玉秀治「それじゃあグッドバイ-平田豊・最後のメッセージ-」白夜書房(1994)
Yanase/Ito,1994;梁瀬竜太・伊藤悟「ゲイカップル 男と男の恋愛ノート」太郎次郎社(1994)
伏見憲明「同性愛入門 ゲイ編」ポッド出版(2003)
ベアリーヌ・ド・ピンク「熊夫人の告白」ポット出版(2005)
砂川秀樹「新宿二丁目の文化人類学」太郎次郎社エディタス(2015)
伊藤・三宅・柳瀬・大江・小川・石川・大月・新井「新 同性愛って何? わかりあうことから共に生きるために」緑風出版(2017)
伏見憲明「新宿二丁目」新潮新書(2019)
長谷川晶一「生と性が交錯する街 新宿二丁目」角川新書(2020)
Matsuura,2021;松浦大悟「LGBTの不都合な真実 活動家の言葉を100%妄信するマスコミ報道は公共的か」秀和システム(2021)
(法律)
山口厚「刑法各論[第2版]」有斐閣(2010)
園田寿・臺宏士「エロスと「わいせつ」のあいだ」朝日新書(2016)
白田秀彰「性表現規制の文化史」亜紀書房(2017)
西田・山口・佐伯・橋爪「判例刑法各論 第7版」有斐閣(2018)
前田雅英「刑法各論講義[第7版]」東京大学出版会(2020)
松原芳博「刑法各論[第2版]」日本評論社(2021)
(経済・経営)
入江敦彦「ゲイ・マネーが英国経済を支える!?」洋泉社(2008)
(女性学・ジェンダー)
井上章一編「性欲の文化史1」講談社選書メチエ(2007)
竹内久美子「同性愛の謎 なぜクラスに一人いるのか」文藝春秋(2012)
井上章一・三橋順子編「性欲の研究 東京のエロ地理編」平凡社(2015)
J-J.クルティーヌ編「男らしさの歴史Ⅲ 男らしさの危機? 20-21世紀」藤原書店(2017)
三橋順子「新宿「性なる街」の歴史地理」朝日新聞出版(2018)
(社会問題)
Suzuki,2016;鈴木智彦「鈴木智彦の「激ヤバ地帯潜入記!」宝島社(2016)
(文化人類学)
内堀基光「「ひと学」への招待-人類の文化と自然」放送大学教育振興会(2012)
(医療)
山本俊一「梅毒からエイズへ 売春と性病の日本近代史」朝倉書店(1994)
山本正・伊藤聡子編「迫り来る東アジアのエイズ危機」連合出版(2007)
時東一郎「精神病棟40年」宝島社(2012)
岩田健太郎「感染症医が教える性の話」ちくまプリマー新書(2016)
エドワード・ショーター/デイヴィッド・ヒーリー「<電気ショック>の時代 ニューロモデュレーションの系譜」みすず書房(2018)
北村健「働く男のクリニック 「男性科」ドクターがあなたの悩みにお答えします!」現代書林(2019)
尾上康彦「性感染症 プライベートゾーンの怖い医学」角川新書(2020)
(確率・統計)
倉田博史監修「文系のためのめっちゃやさしい統計」ニュートンプレス(2021)
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Comments

Body

« »

12 2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いています。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。初めて来た方は、カテゴリを選んで読んでいただくことをお薦めします。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR