FC2ブログ

男が欲しくて三千里~男日照りでカラッカラさ!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

marasite(167)マラサってスタッフにムラムラする

info_marasite005.jpg
19時半頃に入る。ま、平日だし行くつもりはなかったんだけれど、妙にムラムラしてしまって。この前のマラサイトでちょっと良い思いをしたって言う成功体験が足を西日暮里に運ばせる。ジム割・・スタッフがガッチリムキムキ系。何、マラサイトに?腕太い。脱いで対応して欲しい。と、スタートでさらにムラムラしつつシャワーを浴びる。中に入るが、至ってマラサイト。緩いポッチャリの楽園。そそらないね。ムラムラもどこかに消え去った。仏門に入ったみたいに無の境地になれる。まあ、いつもの通路に立つまでもない。格子の手前の、明るめのところで様子を窺う。あら、さっぱり顔の175㎝くらいの若い・・胸板厚いね、野球選手みたい。見とれていたら触ってきた。ウケなんだ。胸触っていいっすか?個室に連れて行かれる。
スポンサーサイト
[PR]

 

DICK/DOGG(144)大量に出して俺、もうヘトヘトだけどまだヤリたいの?

タチなんだけど。チンコ、勃ってきた。ゴムが周りにない。と、彼が腕のキーのところからゴムを取り出して付けた。「ケツやらない人ですか?」今、それ聞く?すかさず騎乗位から入れる。「デカい。気持ちいい。」やっぱチンコが良かったのか。っていうか、俺、やられ過ぎたよ。正常位に代わるけれど、ダメだね、チンコの持続力がない。察ししたのか抜くと、「ゴムが中に入ったままだ。」ああ、中で萎えちゃったから、ゴムが取れたのか。え、どうすんの?と思ったが、うまいこと自分のケツから取り出して、またそれを俺のチンコにはめている。イヤイヤ、もう無理だよ。じゃ、休憩を、というと「立って。」と。ゴムを外して、俺を立たせたら、乳首をいじられつつ、チンコをしごかれる。イカせようとしているのか。気持ちいい。イキそう、イキそう、で、イってしまった。「たくさん出た。」もうヘトヘト。彼、まだまだやりたそうにしているが、俺で3人目だそうだし、たぶん、俺の役目ってケツに入れられること以外になさそうなので、申し訳ないけれど、そそくさと個室を出た。彼がマットを拭いているのが見えた。俺が汚したから、本当は一緒に拭かないといけないところだけれど、ケツが・・また当分痛むんだろうな。なぜにちょくちょく俺ってケツ責められちゃうんだろ。ヨロヨロしつつ、シャワールームに向かった。足にきた。搾り取られた感じ。21時をとっくに過ぎている。帰らないとね。

 

DICK/DOGG(143)タチなのにケツに指を入れられ、三点責めされる

で、向かい合い、彼がしゃがんだ姿勢に。で、俺の手を・・ああ、指でケツに入れろと?中指を入れて出し入れすると、彼が自分のチンコをしごきだした。気持ちいいらしい。で、・・人差し指をケツに持っていった。2本入れるの?何か、2本入れるの初めてなんだけど。イソギンチャクを触っているかのような感覚。で、「チンコが欲しい。」うーん、俺って指をケツに入れる、いわゆるほぐす作業が苦手で、その過程で萎えちゃうんだよね。寝て、ゴムをつけて、彼が俺のチンコをしごいているけれど、気持ちはいいんだけれど固くはならないね。じゃ、休憩・・俺のケツにローションを塗っている。指入れてきた!で、俺のケツをほぐしている。イヤイヤ、ダメだって。「気持ちいい?」ケツは俺、感じないんだから。でも、ヨガっているように見えるのだろうか。彼の腕をつかむ。細いのに、力こぶがものすごい。え、2本入れてない?すごい、指を高速で振動させている。ウケだよね?そのとんでもないチンコ入れようとしていない?こんなの入れられたら死んじゃうわ。でも、俺のチンコをずっとしごいているから、何となく、俺を勃たせようとしているらしい。足開いてケツをさらけ出しているから入れられちゃう・・ってされるがままにしていたからね。向かい合うけれど、胡坐をかいて座っても、うまいこと俺のケツに指を入れて、くいって曲げてガガガって、で、乳首舐められて、チンコしごかれて、これが三点責めってやつか。今更ながら三点責め初体験。

 

DICK/DOGG(142)赤いタトゥを入れた塩系イケメン、チンコバカデカいぞ

シャワーをサッと浴びて、またも中に。奥の突き当りが誰もいなかったので、そこに・・、さっきのガッチリ系か。微妙な距離感だし、そっちからは触ってこないんだよね。いつもの通路のところに立つと、左脇に陣取る。俺に気があるのは分かったけどね、って、赤いタトゥを入れたスリ筋塩顔が俺に触れてきた。休む暇もなく。今日、異様にモテるな。引き締まって均整の取れたカラダをした、若くてイカしたイケメンを断るはずもなく、すぐに個室に移る。肌がきれい。タトゥなんか入れちゃって勿体ないけど、似合っている。乳首は、まあそうはいっても経験豊富そうでちょっと固くザラザラしている。胸板もうっすらとだけどある。舐めると、俺の肩に顔を引っ付けて気持ちよさを耐えている。何、結構かわいいじゃん、って、チンコがものすごくデカいぞ。20cmくらい?で、まっすぐできれいな形。これでウケなの?しゃぶらずにはいられないんで、しゃぶると彼もっていうんで69に。結構な時間をしゃぶりしゃぶられに費やす。この体勢で乳首の舐め合いっていうのも好き。乳首を舌で転がしつつ、締まって無駄な贅肉のない真っ白なカラダに分不相応なデカチンがユラユラ揺れているのをチラ見する。

 

DICK/DOGG(141)ウルフ顔、素股で速攻三こすり半

また中に、19時半か。いつもの通路で立っている。と、さっき横に来ていたガッチリ体型がまた来た。鼻をシュクシュクすする音。先々週もそんなんじゃなかったっけ。なんか、重戦車級というか、背は低いけれど体格がデカいというか、胸板というよりカラダ周りがデカい。顔つきはちょっと濃い目でまだ若そうだけれど。と、右から色黒ガッチリのウルフ顔が手を出してきた。速攻だね。やっぱ、やったばっかだから、俺のまだ勢い冷めやらぬチンコを見て引っかかったんかな。彼についていくが、全然個室が空いていない。入口の方のここで一番広いベッドの個室が空いていたんで、そこに入る。お互いに乳首を責め、お互いヨガっている。「もう一戦ヤッたんですか?」勃ちが良くないってこと?いや、結構いきり立っているけど。カマかけられたか。「素股していいですか?溜まってて。」え、ウケじゃないの?ま、久しぶりだな、素股。俺が仰向けになって、内腿にローションを塗られ、彼がそこにチンコを入れる。で、うまいこと腰を動かして・・イキそう?1分もヤッていないんじゃないかって思うくらいのあっけなさ。三こすり半じゃん。素股でさ。ま、俺もなぜか気持ちよかったけどね。リバ?「うーん、場合によって。」

 

DICK/DOGG(140)乳首集中して責められて、ケツになかなか入れさせない

乳首を舐める。感じているっぽいからじっくり舐めたりいじったりするけれど、パイ毛が気になるね。彼はあご髭もチクチクするし。スリムだけれど筋肉がうっすらある感じ。キスがね、ちょっと口を大きめに開けてベロを入れてくる、ディープではないんだけれど、俺は軽めがいいな。寝せて、乳首を舐め、下方に曲がったチンコをしごく。なんだろ、今日は入れないんかね?と、体勢を入れ替えて、俺を仰向けに寝せる。で、乳首をおもむろに責めてくる。例によって気持ちよくてカラダをびくつかせつつヨガる俺。チンコをしゃぶられ、また乳首をネチネチと責められる。チンコをしごいている手を止める。そんなにしごいたらイッちゃうよ。よく見ると、左手にゴムを持っている。全然つけようとしない。俺、とうの昔にギンギンになっているし。跨っているんでチンコをこすりつけるようにして挿入を促す。ようやくゴムをつけて、ケツに入れる。3,4回トライして、ようやく入る。ガンガン下から突き上げて、ガンガン腰を振り、ガシガシ自分のチンコをしごいている。「イキそう、イっていい?」という言葉の後、俺の腹の上に、生温かい液体が落ちていった。また乳首を舐めてくる。抜けないよ、そんなことをすると。で、横になって、俺の胸のあたりに顔をつける。寝るのかな?と、「シャワー浴びる?」と。そうね。ちょっと外が寒かったから、鼻水が出てあんまり調子出ないんで。というか、先週ヤッたの、覚えているよね?

 

DICK/DOGG(139)ディグドもようやくマスクをしなくなってきたな

info_dickdogg_008.jpg
19時過ぎに入る。やっぱいっぱいだね。今日の受付は元気がいいというかハキハキしている。気分がいいよね。40番台のロッカーに荷物を入れ、トイレに。トイレットペーパー、盗まれないための対策か、公衆便所とかでよく見るスライド式の替えホルダーがついている。で、いつもトイレの床はビショビショ。シャワールームにはシャワ浣した名残の固形物が排水口の下に沈んでいる。トイレ2つもあるのにそこでしないんだ。で、シャワ浣の「浣」が「完」になっているのもありがちなところ。ロッカーにたむろってウロウロしている人も多いし、皆さん全然マスクをしなくなった。俺はするけれど。街中でもそういや、ちらほらマスクをしない人も出てきた。入るとやっぱ人多い。いつものところに立つけれど、活気があるね。赤いタトゥを入れたスリ筋を向かいの暗がりにいる奴が断っていた。もったいない。なんてしていると、左隣の奴が寄ってきて手が触れるくらいに。ガッチリか。と、右斜め前から、スリムが俺のところに来て、触ってきた。先週の彼ね。まだ舐めているミンティアが口の中に残っているんだけど、すぐ右斜め前にある個室に引き込む。

 

いつも見ていただいている方へ(11)ちょっとした変更点

どうもこんにちは、皆さん。そろそろ外でいろいろあれこれするにはいい季節ですかね?外に出るのが億劫だなんていうと、もう楽しいゲイライフなんて送れませんから、今のうちにいろいろしておいた方がよろしいと思いますよ、実に。プロフィール、イラストで描いてみました。というか、結構いろいろ描いています。というのも、時間とともに薄れゆく記憶、ハッテン場ってこんなんだったんだよってことを後世に残したくて、ちょっと文字にして絵にしてみたいなことをしています。あっという間に忘れますよ、だって。昨日ヤッた男のことすらどんどんと忘れていくほど。大体、プロフィールなんて中学まで遡ったので、結構記憶が違うところもあるのでしょうけれど、こういう機会がないと思い出しもしないでしょうし。あと、タグとかタイトルもちょっと変えています。タイトルで内容も分かるように、タグで検索できるようにってことですね。イラストも名前をつけています。インターネットのそもそもの基本ができていないブログで・・あと、イラストは基本pixivにと思っていたのですが、pixivに載せていない、ここ限定のイラストもありますね。大体、ハッテン場のイラストなんて誰が見るんだって話もありますし。まあ、このブログを一番読み返しているのが本人であって、一番使いづらいなと思っているのも本人ですから、いろいろ試行錯誤してみます。読み返して懐かしいなって思ってるのは俺だけですからね。とりあえず、今後ともよろしくお願いします。

 

亞當三温暖(45)21時を過ぎるともうまったりモード

珍しく小柄なスリムが。スリムは人気だけど、やたら逃げ回っている。ま、暗い間に捕まらないようにしないとね、って俺の隣にデブが来たんで向かい側に避難。そのスリムは俺なら良かったらしく、抱き付いてきた。で、そのまま離さないし。もっといろいろしようよと思って軽くキスをしたら、今度は舌をものすごく入れて来ようとする。顔がずっと俯いているからよく見えないしさ。ということで引き離して一旦出た。
21時か。3階に行ったけれど、人はさっきと同じくらい。若い人多いけれど、皆細い。イケメンとかスジ筋もたまにいるが、胸板の厚い筋肉質って感じのは2人くらいか。2階に戻ると珍しくカラオケルームが埋まっていて、若い人3人くらいが歌っている。歌声が結構ダダ漏れなんだけど。携帯でもチェックしようとしたが、ロッカーの長椅子はやたら座っているんで、テレビのあるところのソファに。ここは普通のニュースが流れている。ずっと立ちっぱなしだから腰が痛くなった。ミストサウナに行ってみたけれど、別に大したのがいない。かといって、暗いからと言ってヤリヤリなわけでもない。
23時になったら、今まで白人の年寄りがフィストファックやっていた映像がプツリと急に消えた。暗い方の通路は若干人が多くなった。そろそろ個室に入る時間なのかな。皆、同じ顔ぶれが回遊している。俺は腰痛いし眠いし、で9monのメッセージ来ているしってことで帰ることにした。

 

亞當三温暖(44)人の入れ替わりが激しいミストサウナ

その奥は同じようにリクライニングソファはあるけれど、黒いカーテンで仕切られているからほぼ真っ暗。まあ、よく見えないけれどそこそこいるようだ。やっぱここの特徴はその背面の暗い通路っしょ、って思ったけれど、微妙に明るい。反対側の入口から折れたところまでは真っ暗だけど、そこからはまあ見えるぞ。一応、真っ暗なところの手前で立っている。けど、そんな来ない。あんなに人がいたのに、どこに行ったかね?2階に降りてサウナに。そこもガラガラだわ。・・それにしても、やたらシャワーを浴びている人がいる。俺も、って思ったけれど、壊れているところが多過ぎ。半分弱が壊れているんじゃないか?タオルかけも破損しているところばっかだし。ミストサウナにでも入るか。結構暗い。けど、人が出入りしてドアが開く時だけ中の様子が分かる。結構人がいる。ここか。入るとすぐに隣に人が、で、もう腕が触れる位置に来ている。でも、パッと見不細工だったんでパス。すると、もう次の奴が。今度はイカツイ感じだけど若いしカラダも引き締まっているわ。チンコはちょっと小さいかな。でも、またもやギャラリーが手を出してくる。払い除けたりしてたら、また次の奴。ソーシャルダンスみたいなくらいに入れ替わる。ま、ちょっと扱いたりして遊ぶ感じ。

 

亞當三温暖(43)台中でフィストファックされているエロビを見る

info_adan.jpg
今日はまず、休業中という噂の宏華宮をチェック。ビルそのものが貸物件になっている。この辺りのビルって皆やたら古いんでね、見通し立たずってことか?っていうのも、アダンの入りがここ最近良くなかったけれど、台中駅もバスターミナルも新しくなったし、アダンにとっては明るそうなニュースばっかり。期待を胸に、19時前に入る。なんと、300台湾元で入れた。時間帯割引とか書いてないんだけど、値下げ?タオルはいつものだけど、バスタオルが黄緑色になっていた。ロッカー、いい加減鍵穴の交換をしてほしいところ。人、多い。昔のアダンみたい。早速4階に・・ってここは開放されていないんか。3階・・まあ、そこそこかな。ポツポツと壁際にいる程度。昔はもっと大画面の洋モノエロビは今日はフィストファック。ハードだね。握りこぶしをズブズブ肛門に入れている。こんなん需要あるんだろうか?モザイクなしなので、茶色いものがでやしないか、こっちがハラハラする。

 

嘉義健身休閒中心(14)台湾人マッチョの胸を揉んで揉んで揉みまくり

で、肌を指の腹でそっと撫でていくと、どうも脇腹から腋、二の腕にかけて辺りが性感帯らしくて喘ぎ声をあげている。でも、チンコはさっきから揉んでも無反応。若いのに。俺のチンコはまだ収まりつかないと言うのに。で、また彼が俺に乗っかって来て、乳首を責めてチンコを扱いてくる。どうしてもイカせようとしている。俺だってどうせだったらイッてしまいたいんだけど。で、また正面で向かい合ってまったりとする。胸を揉んだりキスしたりしてまたしばらく過ごし、俺が後ろに回って彼を抱く感じになり、胸を揉みしだきながら乳首を弄っていると、チンコがムクムクと硬くなってきた。カラダデカいけれど、抱かれたりするの好きなんだな。自分でチンコを扱きだした。普通だったらキスしながらなんだけれど、なんせデカいから届かないんで、ただギュッと抱きしめつつ乳首を弄っている。しばらくして、彼は二回目の射精をした。腹が減ったかと俺の腹を摩る。出ると、21時を過ぎていた。前回もそれくらいやってたっけな、そういや。

 

嘉義健身休閒中心(13)台湾人マッチョの顔とカラダをまじまじと見つめる

で、俺はいいのか聞かれるからいいというけれど、俺をイカせようとする。こんなマッチョから乳首責められてチンコしごかれたらいつもだったらイッちゃうんだけれど、やっぱやられ過ぎているからイカない。ずっと乳首を責められてるとこうなっちゃうんだよね。別に乳首が感じなくなったわけではないので、弄られるとカラダをヨガらせて喘ぎ声を出してしまう。ホテルは嘉義に取ったのか聞かれたので、台南だと言うと何時まで大丈夫なのかと言うんで、電車だったら23時まで平気だと言うと、また乳繰り合いをし出す。彼は正面で向かい合ってするのが好きだね。肩の筋肉が厚いし、腕も首も太いし、それでいて顔は小さいしイケメンだし、キスはうまいし、チンコが小さいのが玉に瑕だけどさ、いつまでもこうしていたいな。ちょっとだけある無精髭がまたワイルドな感じでいい。彼を寝かして乳首を舐める。丹念に舐めると微かに喘ぎ声が。何だ、結構乳首感じているのか。

 

嘉義健身休閒中心(12)マッチョあるある小さめのチンコ

彼のチンコも小さいながらも勃起している。両隣にはやはりオヤジがスタンバイ。で、例によって手を出してくるし。なぜに彼のチンコとか扱いちゃうかね?俺のよ?彼を座らせてチンコをしゃぶる。しゃぶりやすいサイズではあるね。で、また抱きしめて彼とキス。彼も俺の乳首を舐めながらチンコを扱いてくる。シャワーを浴びようと言うので、チンコ勃起した状態でシャワーを。で、また中に入ると言うので、いや、部屋に行こうと言った。
奥の二つは鍵がかかっていたので三番目の個室に。またキスを交わして、座った状態で足を組み交わして向かい合う。彼が俺の乳首を弄ってくる。マッチョにやられると弱いわ。チンコもずっとビンビン。彼が乳首を舐めつつチンコを扱いてきた。こんなんじゃすぐイカされてしまうんで、俺が彼の乳首を舐めつつチンコを扱く。彼を仰向けに寝かせて乳首を念入りに舐める。ちょっと呼吸が乱れて微かに呻き声が聞こえる。台湾人ってどうしてこんな喘ぎ声を出さないかね?彼のチンコを扱いていると、喘ぎ声が聞こえてきた。イキたいサインだな。喘ぎ声のペースが段々と大きくなって速くなってきた。そろそろか。右から左の乳首に替えて扱くと、イッてしまった。

 

嘉義健身休閒中心(11)雨上がりに台湾人マッチョと待ち合わせ

台南から電車で来る途中にすごい雨に。しかし、嘉義鶏肉飯を食べてコーヒーを飲んでいる間に雨は上がった。17時に入る。3,4人くらいいるかな。まあオッサンばっかりなんで、奥の休憩スペースで20年以上前のバディを読む。前も読んだんだけどね。この頃のバディを読み返すと、何だかんだで薔薇族っぽいね。ま、もうどっちも廃刊したけどさ。17時半に仕事が終わるはずが、雨で押したようでちょっと残業なんだとか。さっきのオヤジが歌いながらラボードをしてやがる。耳障りだな。18時過ぎに彼が来たので、シャワーを浴びてミストサウナに入る。
立ったままでキスを交わし抱き合う。前会った時より顔が焼けて黒くなっていい感じになった。彼の方がカラダがデカいし、肩幅も広いんで俺が胸の辺りで埋もれるような形に。キスを交わす。彼のキスは優しめでね。唇を軽く噛んで舌で舐めてくるようなとろけそうなキス。ガッツリ舌を中まで入れてくるよりこういうのが好き。彼が俺の乳首を舐めてくる。もう俺のチンコはビンビンに。

 

亞當三温暖(42)タイプが全然いなかったので、ふて寝したらなんか痒いぞ

若い金髪が入口附近で立っている。他に・・若いノッポのガリガリと、寝ている正体不明のがちょっといる程度。暇だわ。前はこのあたりで立っていたらあの彼が手を出してきてとか、この辺で腰を掛けていたら手が伸びてきてとか、このソファにボコボコ腹筋が寝っ転がっていたなとか、ここは昔暗くてもっと広々しているのかと思ったら、こんな感じの個室だったんだとか、何もすることがないからそんなことを思い出していた。で、2階に戻って携帯とか見つつ所在なく過ごす。皆がどこかに集まっているのではなくて、サウナだって誰もいないからね。ここ、経営がしっかり成り立っているのだろうかと思うわ。22時、23時と何事もなく過ぎる。3階に行っても別に誰が回ってくるわけでもないし。金髪君もいつの間にか帰ってしまった。別にヤリたい体型の人がいるわけでもなく、ただ待つだけ。24時か。午睡したとはいえ、さすがに睡魔が。3階のソファで寝る。誰かが触ってきた。俺の乳首を弄り、チンコを扱く。しかし、相手は締まりのないカラダをしているわ。勃たせておいて、タオルで元に戻された。テントを張った状態になったな。で、マジで寝る。起きたら2時か。その不潔かどうか不明な得体の知れないソファで寝たところ、両太ももあたりに大きな湿疹ができてやたら痒い。菌の巣窟になっているのだろうか?人がほぼいる気配がない。石狩挽歌の世界だな。台北にいればよかった。

 

亞當三温暖(41)期待して入ったけれどガラガラだった

info_adan_02.jpg
19時半ごろ入る。この時間ならねって思って期待して入ったけれど、まあガラガラ。10人いないよね?サウナにも人がおらず、3階に・・おぅぅぅ、前と同じじゃん。エアコンの風が心なしか冷たく感じる。ん?でも、なんか違うなと思ったら、細い通路のところが開いている。もしやと思ったら、やっぱり3階のダークスペースが開いているじゃんね。代わりに4階は今回はクローズド。ま、人がいないから、ちょっとだけテンションが上がっただけで。でも、何か違うな。広々としたところに流れていたはずの洋モノが全然やっていないし、階段のところがちょっと明るいぞ。奥の通路、何か赤いほんのりした灯りを付けたんだな。だから暗くない。暗いのは反対側の入口から左手のソファを通って曲がった突き当りまで。

 

高3冬、人生初ふんどし

ガッチリ003ai0

ガッチリ003ai1

ガッチリ003ai2

ガッチリ003ai3a

ガッチリ003ai3b

ガッチリ003ai4

ガッチリ003ai5

・・文武両道って誰が言い始めた言葉なんですかね?絶対両立できないからスポーツ推薦って制度があるんでしょ?俺は一般推薦も断られましたが。未だに推薦で大学に行けなかったことを根に持っています。

 

高2の夏、競パン姿がまだ恥ずかしかった

ガッチリ003ag0

ガッチリ003ag1

ガッチリ003ag1a

ガッチリ003ag3

ガッチリ003ag4

ガッチリ003ag5

ガッチリ003ag6

ガッチリ003ag7

俺、体毛薄い方なんだけれど、恥ずかしいものは恥ずかしい。けれど、年を取ると恥じらい自体が懐かしく思えてくる。まあ、毎回毎回、薄めの体験で申し訳ないですが、ゲイデビュー前ってこんなもんですよ。

 

中1で初めてのオナニー

スリム010al0

スリム010al1

スリム010al2

スリム010al3

スリム010al4

スリム010al5

スリム010al6

エッ?て思うかもしれませんが、だから中学、高校とオナニーしていないので、夢精でパンツを汚していました・・。まあ、皆さんがどう処理してたのか知りませんけれど。

 

漢士(4)オジサン天国に辟易

ま、とりあえずはベンチに腰をかけてみる。30代くらいのスリムも俺の隣に来たが、電光石火の速さで奥から出てきた奴にちょっかいを出されている。暗闇の住人はこの中では動きが俊敏というか、ただ漫然と待ち構えているわけではなくて、獲物が手に取るように分かって虎視眈々と暗闇から狙っているんだな。と、俺の前にも誰か来た。乳首をソフトタッチで触ってくる。弱いところをつくな。まあ、黄色いバスタオルで腰を巻いているからね。相手・・普通体型だしパイ毛あるし、まあ腹が出ていないとはいえ、ちょっと無理だな。チンコもお互い固くなってきた。奴は周りから伸びてくる手を払っている。外の灯りが若干こっちに漏れてきた。おお、典型的なオジサン顔。これ以上は無理なので、ここを出た。一応、噂に違わずってところだったな。

 

漢士(3)

風呂はさっきXLで散々入ったし、ここに長居するつもりもサラサラなくなったし、給水器があったので、ちょっと水を飲む。ぬるいな。談笑スペースも随分広々と取っている。かといって、皆仲良くくっちゃべっている訳でもなく、ただ所在なさげに流れているテレビをボーッと観ているだけだけれど。ダークスペースもあるな。あってもなくても状況は同じ気がするが、一応入ってみる。すぐに手が出てくる。明るいところから急に真っ暗になるから見えないんで、それを狙っているんだな。もちろん払いのける。どうも、右手が腰の高さほどのベッドになっていて、左手はベンチになっているようだ。で、入口附近の外の光が差し込んでくる部分は若干明るい。そこで目を慣らすのかな。なるほど。と言うことが分かっても、中はほんのり誰かいるくらいが認識できるだけで、目が慣れたところでよく分からない。

 

漢士(2)

にしても、客層がこれまたひどい。中年の中肉中背しかいない。どこからかカラオケの声が響いてくる。これもムード歌謡のような感じで、明らかにオヤジのダミ声。若いといってもせいぜい30代ってところで、カラダも全く締まっていない。なんせ、鍛えているという風なのは見渡す限り一人もいない。ガッチリレベルでさえいないし、せいぜいガチムチって言うところか。顔も、イケている人なんて一人もいないし。ただ、遅い時間であるにもかかわらず、相当な人がいることは確か。まあ、日本のサウナ系のハッテン場ってこんな感じだよなと気を取り直そうと思うけれど、意気消沈していることは否めない。だって、こんなにキレイなのに客層がこんなんだなんてね。改装したところで客層は改装されないんだろうな。

 

漢士(1)

昔からあるけれど、一回も行ったことがない。西門にあるのか。折角だから行ってみることに。しかし、ゲイ旅のマップを見て、確かに2階に大きく漢士と書いてあるんだけれど、どうも廃屋っぽい。そういいつつ、廃屋にハッテン場が作られているのかなと思いきや、入口が塞がれているし。潰れた?Google mapで確認すると、違う位置を示した。移転したのかな?2,3分先の商業ビルで案内が終わった。複数のテナントが集まった総合ビルだけれど。でも、確かに8階に漢士って書いてある。エレベータに乗ると、8階のところに漢士って貼ってあるし。着くと、随分キレイで花も置いてある。オープンして間もないのか。右の受付で400TWD払うとタオルとキーをくれた。左側に小袋のたくさん入ったボックスが。コンドームばっかりか。と察したのか、スタッフがローションの小袋を二つくれた。

 

XL CLUB(6)

外に出られるのか。細い通路。何の意味があるのかなって思ったら、下に行く急階段が。下りてみると、まあ広々としたトレーニングスペースに、10人弱がせっせと筋トレしていた。結構年季の入ったトレーニングスペース。また上に。シャワースペースは3つで、仕切りもない。その割には向かいの脱衣棚に結構置いてあるけれど。全裸で出入りしている。ここがハッテンスペースなのか?入ってみる。カーテンで奥と仕切られていて、入口附近は明るいけれど、カーテンの向こうは暗くて、中では複数で何やら扱き合いをしている。手を出される。まあ、スリム体型か。チンコも結構デカい。こういうところだと、扱き甲斐、しゃぶり甲斐のあるチンコが有利だろう。俺は扱き合いみたいなのに興味がないし、ここ、ミストキツくてビショビショになる。まあ、いいや。俺は複数嫌いなので。出ると、個室は未だに埋まる気配もなく。前来たときもさほどエロさがなかったしな。1時間もおらずにここを出た。

 

XL CLUB(5)

久しぶりに来たな、XL CLUB。4階に上がって金を払う。300台湾ドルだけれど、100台湾ドルは後で鍵とか返したときに返されるらしい。96番と言われたが、キーナンバーには8と書いてある。96?よく分からないが、南京錠なのでまあ96に付ける。忘れないようにしないとな。アンダーウェア着用らしい。結構、ビキニ系を履いている奴を目にする。カラダのラインに自信があるのかな?カラダ付きもそこそこではあるけれど、せいぜい鍛えていますって程度だ。で、行くと両サイドに個室。でも、ガラガラだな。ロッカーでは何人か人いたし、結構年齢層も若い感じだったのだけれど。個室の手前にちょっとしたダークスペースがあったけれど、そこも人の気配がないし、第一個室周りにも人が立っていなくて、その奥のソファに座っている人がいるくらい。こんなんだったかな?奥がダークスペースになっていたような記憶があるんだけれど。

 

中1のとき、通学路途中の空き家で初体験

スリム007a

スリム007b

スリム007c

スリム007d

スリム007d1

スリム007d2

スリム007e1

スリム007f

スリム007g

スリム007g1

スリム007h1

スリム007i
初体験とか言うからケツに入れられたんだと思ってみてくださった方、申し訳ございません。そんな、12で入れられてたら、もっと早々にゲイデビューしていますって。

 

ロイヤル(3)

上に上がる。ここは150cm強くらいの高さのパーティションで区切られているので、視界は悪い。大吉梅田寮もこんな感じだったよな。それぞれのコーナーは二つのマットが敷いてあって、枕は4つ、そしてその上にティッシュ箱とゴミ箱が置いてある。平日昼だというのに結構混んでいる。で、昼からいろいろなところでスペクタクルが繰り広げられている。こんなにいるんだってことにビックリした。お、さっきの若いも後ろに。触られないうちにサッと見るか。シアタールームってのもあるんだ。洋物のエロビが流れている。その向こうではバコバコしている中年2人。その向こう側にも大きなミックスルームがあって、やっぱり高いパーティーションによって迷路状に入り組んでいる。上の階は全部個室らしい。そういや、個室は個室で入口が違うようなことが書いてあったな。なんか、新世界だからと思ってたけれど、思ったよりも清潔なのと繁盛しているのにビックリした。ただね、イケている奴はゼロだった。夜はいるかな?

 

ロイヤル(2)

もう一つ、入口附近にミストサウナがある。下がヌメっているから滑らないように気をつけてと書いてある。ヌメリの原因を教えてくれ。入ると・・暗いね、暗い。ここで何かはあるな。急にハッテン場って感じがしてきた。入口側はまだ明るめだけれど、腰をかけるところは一人分くらい、あと立ってもせいぜい2人くらいの狭いスペース。しかし、奥は5人は腰掛けられるだろうか。ドアを開けるとほんのりながら中の様子を垣間見ることができる。真ん中にドンと誰かいる。あと、隅に立っている奴も。誰か入ってきた。20代くらいの若い普通体型だ。ダントツで若い。奥を覗いているが入るかどうかためらっている。奥からは誰が入ってきたか分かるのかな?一旦出て、入り直すと奥の暗いところに人がいなかったから入ってみた。腰掛けるところはジットリと濡れているイヤな感覚が伝わってくる。続々と入ってきたな。人混みはイヤなんで、出る。
このフロア、あとは休憩スペースか。かなり広い。ここでのハッテン行為は禁止と書いてある。ま、禁止って書いてないエリアはいいんだ。雑誌、これ、ファッション誌?ニーズないぞ、きっと。あと、ゲイ雑誌は全てサムソン。デブデブ雑誌は手に取る気さえしない。広告欄も、普通のハッテン場なんて載っていないんだな。駒込ケンコーセンターが見開きで載っている。中高年齢層ってサムソンを読むの?さっきの若いの、どうも俺に付きまとってくる感じがする。しないよ、俺。

 

ロイヤル(1)

15時か。また新世界に来た。とりあえず通天閣まで来てみた。人いないな。まだまだ観光っていう感じではないもんな。国際劇場の方か。入ると、いろいろ書いてある。まず靴を脱いで靴を持って検温をして靴箱に入れて、券を買う。サウナなんだろうな。2,000円払って受付に出すと、メッシュのカゴをもらう。中にはロイヤルと名入りのタオルと普通のバスタオルが。奥がちょっとした食事スペース。今は乾き物の豆あられとカップラーメンしかないと書いてある。で、ロッカーに荷物を入れて、上に上がる。階段の手前にピアノが置いてあって、そこから音が流れている。こぎれいな感じだな。
2階が風呂。タオルを巻いて館内を移動すると濡れるから厳禁だと書いてある。というかね、注意書きがいろいろ多い。風呂、意外とキレイ。深いし熱いな。その脇が洗い場になっていて、その奥がシャワースペース。ここでシャワ浣禁止と書いてある。まあね、しがちだよね。大体、よくシャワ浣する人って、シャワーしていると自然と便意を感じるだろうから、自然な流れなんだろうけれど。奥にサウナがあるな。ドライサウナか。中年の痩せ型の奴が先に入っている。ここ、年齢層で言うと40代以降ってところだろうか。テレビがある。井ノ原主演のドラマがやっていた。ボーッと見ている。で、汗かいたので出て、冷水風呂の冷水をかける・・冷たい!!ちゃんとしているな。

オヤジ005

 

« »

04 2023
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いています。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。初めて来た方は、カテゴリを選んで読んでいただくことをお薦めします。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR