FC2ブログ

男が欲しくて三千里~男日照りでカラッカラさ!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

難波合宿所(104)

乳首を軽いタッチで責める。アンダーウェアを剥ぎ取って彼を仰向けに寝せてネッチリと乳首を責める。彼も俺の乳首をずっと弄ってくる。ウケって聞いたらうなずいている。入れたい?って聞いたら、入るかどうか・・と心配している。じゃあ、延々と乳首責めでもするかな。チンコからは液が絶えず流れ出てくるんで、それをまた亀頭に塗ってゆっくり扱く。彼も俺の乳首をソフトタッチで責めてくる。二人してチンコをこれでもかというくらいにギンギンに固くしたまま、じらしてじらされている。15分くらいそんなことをしていただろうか、彼がローションを取って自分のケツに塗りだしている。入れたいのね?ま、入るかなとか言っておいて、大体は結局自分から入れて欲しいと言い出すよな。
スポンサーサイト
[PR]

 

難波合宿所(103)

シャワーを浴びて、またも休憩スペースでバディを見る。基本5冊しかないもんだから、2巡目だわ。21時か。頭にタオルを巻いたデブが入ってきた。ハゲなんだろ?どうせ。次のもデブだわ。デブ入ってくるとテンション下がるよな。年齢イッてそうなチビ、でも脱いだらそこそこ引き締まって胸板のある、いいガタイしてんじゃないの。でも、キーを手に持っているんで、ポジションどっちか分からないわ。まあ、ウロチョロしているが、目的がよく分からないしな。ってことで、またも休憩スペースで、田亀源五郎のしょうもないSM漫画を読む。ん?目の前で携帯を弄っているウケ、顔もパッとしないし普通体型かなと思っていたけれど、明るいところで見ると肌ツルツルだし、ガタイもなかなかの締まったガッチリ系なんじゃない?あのチビだって胸があるっていってもあんまり固そうには見えないしな。通路で立っていると、さっきのガッチリ系ウケが俺の方を向いて擦れ違う。あっちも俺をチェックしていたってことか?そうだよな、そもそも狭い休憩室にいる自体が不自然だった。次に擦れ違ったときに、俺が腿のあたりを触ったら、彼がチンコを揉んできた。俺は彼の乳首を軽く弄る。胸板があるって訳ではないんだけれど、腕といい首といい太くて張りがある。チンコは小さめで、アンダーウェアの中で湾曲して固くなっている。彼も俺の乳首を弄ってきた。いい感じだったんで、さっきヤッてた奥の個室に移った。

 

難波合宿所(102)

例によって年を聞かれる。聞くなって。で、そっちはと言うと、いくつに見えるかといつもの逆質問。意外と若くないと言うからそうだんだというと、30代ではないと。28歳だそうで。じゃあ若いじゃん。タチ寄りのリバなのか聞いたら、ウケに付けるとすごいバーって集まってしまうんで、ウケがやりたいなって思ったときだけそうするんだとか。抱かれるとウケたいなと思うらしい。見た目で分からないと手を出せないんだけど。若いのが好きだったらSPEEDがいいんじゃないかと勧められる。いやね、別に若いのがいいってこともないんだけど、大阪ってなかなか年齢制限がどこもかしこもあって、制約上行けないのよ。なら北欧館はと。まあ、難波合宿所って人がいつ来てもすごく少ないんだけれど、メンツはそれなりに悪くはないし、毎回そこそこできているからいいの。東京から来たんだというと、急になじり口調に。電話で関西弁をバカにされるんだとか。君がイケている若い現場監督さんなんだろうから、からかっているだけなんだろうけどね。パンツくらい履きなはれと言われたけれど、ゴムを付けていたからと言え、ケツに入れたチンコの上からアンダーウェア履けないっしょ。でも、彼は俺に先にシャワーを勧めていたが、彼はシャワーを浴びずに着替えて帰って行った。ローションとか体液とかでビショビショのはずなんだけれど、いいんかな・・。

 

難波合宿所(101)

入れてズコズコすると、「いい、いい。」とヨガッている。で、「もし嫌じゃなければ、キスして欲しい。」と。皆さん、キス好きだね。舌を絡めつつ、ズコズコ腰を動かす。そうはいってもさ、彼デカいから、何か体勢的に疲れるんだよね。ちょっと休憩しつつやっていたら、「疲れた?体勢替えようか?」と。うまくいくかなって思ったが、やっぱり抜けてしまった。「入れなくてもいいよ。」と言うんで、彼を抱いて扱きだそうとしたら、やっぱり中途半端だから入れて欲しいそうだ。陰性?と聞かれ、後ろ向いているんで、生でバックから?俺は生は嫌なんだよね。「おっぱい舐めて。」と言われたから、舐めていると彼が自分のチンコを扱きだし、そんな時間もかからなくイッてしまった。

 

難波合宿所(100)

戻ってきたけれど、俺をチラッと見てカーテン脇の個室に入っていった。もう少し、誘って欲しいよね。出てくると、今度は俺の前を素通りして奥の暗い部屋に。俺も付いていって閉める。またしゃぶられる。で、彼を抱きしめる。彼のチンコを握ってみたら、そこそこ大きいし、やたら堅い。チンコを彼の腿あたりに擦り付けると「やらしい。」って言われた。脱いで、ゴムがないから取ってくると言うんで、さっき用意してこなかったんかいと思いつつも、俺のアンダーウェアに挟ませておいたゴムを使うことに。イボが付いていると。そうなの?でも、たぶんここのだと思うけれど。違うのかな?昨日、個室に落ちていたのを持ってきただけだもんね。付けて、正常位から入れる。「ゆっくりね、ゆっくり。」いつも言われる。そう言うけれど、ゆっくりって技術いるのよ、これ。

 

難波合宿所(99)

info_nanba_03.jpg
20時前に入る。今日は早く入ろうと思っていたが、結局また昨日と同じ時間になってしまった。個室が一つ埋まっているだけ、後は色黒のオヤジ系が一人暗闇に、もう一人はタチで背も俺よりちょっと高く、スリムでかまいたちの濱家のような、俺的にはそこそこイケる顔立ち。しかし、タチだしね。ダークスペースに入ってみると、どうもさっきの奴っぽい人影が立っていた。で、近づいてきたなと思ったら、俺のアンダーウェアからチンコを引っ張り出してしゃぶりだした。俺も彼の乳首を弄りつつ、ドンドン堅くなっていく俺のチンコがしゃぶられているのを見ている。こんなんじゃあれだからシャワーを浴びてくると言っている。タチじゃないのか聞いたら、リバなんだって。ここでやるのか聞いたら、「まさか、こんなところじゃ嫌や。時間かかるけど待っといてくれる?」と。ま、俺だっていったん洗いたいところなんだけどね。洗面所の冷たい水でチンコをちょっと洗う。

 

BIG TOP(99)

22時、背の低くて若い、胸板が厚いのが入って来た。皆、大興奮でその彼が入ると、入口附近からすぐに囲まれる。飢え過ぎじゃない?すぐ出て行ってしまったわ。手を出す数がすごい。その周辺だけラッシュアワーのような混雑ぶり。俺の前に立ったぞと思ったら、千手観音のように無数に四方八方から手が。俺が手を出す暇もない。あんなんじゃ一つのところに留まれないよな。ダークスペースに入ったと思ったら、今度は乳首に毛の生えたガリが怒濤の勢いで襲う。こんなに熱心にフェラチオする?ってくらい高速ピストンで奉仕している。またワシャワシャと人が集まって、この高速ピストン運動を取り巻いて大変なことに。俺まで巻き込まれたけれど何とか脱出。でも、功労もあってかガリと個室に。でもすぐに出てきた。ん、俺の前に立って触ってきた。胸とか腕とかやたら揉まれる。俺に気があるのかなと思いきや、またどこかに消え・・戻って来た!で、また俺のカラダを触る。俺も彼の胸を揉む。見た目より結構固くて、ボリュームのある胸しているじゃない。ヤルのかなと思っていると、俺の前にいたデブにも触っている。で、俺から離れた。デブが彼の乳首を舐めている。え、このデブと個室に?ま、デブ専か。そうだよな、ここにこんな時間にわざわざ来ないよな。そんな肉の量でいったら俺なんて全然ないしね。虚しいわ、デブが優勢の世界観だなんて。帰るとするかな。

 

BIG TOP(98)

ごくたまにピンポンとなるけれど、そのうちの半分は偽ベルで誰も入ってこない。パソコンの先が掃除のオヤジの待機場所。コンコンとノックする音が出てくる合図。というか、結構頻繁に出入りしている。いろんなところを掃除しているのね。けど、清掃のオヤジが誰かと会話しているのを見たことがない。そもそもこんなに?ってくらい出たり入ったりしている。ま、21時くらいになると25人くらいになったけれど、デブが優勢の状況は変わらず。若い人もいるけどね、普通体型だし。昔はスリムもいたし、筋肉質だって数人いたものだけどね。どこへ消えたやら。デブがモテるなんて悪習が香港にまではびこって来たとは嘆かわしいことだ。

 

BIG TOP(97)

19時半に入る。人が少ないわ。15人くらい?入ってみるとデブばっかりじゃん。酷い惨状。入口に人間以外はお断りって書いてあったけれど、人間以外もいない?今日は一段と寒いからか、電気ストーブが入ってところどころが暖かい。エアコンがあるだろって感じもするが。で、例によってデブ、ドンドン触ってくるし、俺の移動するところについて回って来る。すごいわ。サッカーのマークだってこんなじゃないんじゃないか?前に立って、避けると横に来て、で左から別の奴が来て、向かいにさらにメガネデブがなんて、もしかしてフォーメーション立ててるの?ってくらいズンズン来る。っていうか、根本的な話としてタイプいないのに中にいる必要がないわ。デスクトップ型パソコンの置いてある席に座ってロッカー方向を見る。

 

BIG TOP(96)

22時か。ちょっと人が増えている感じ。20人ちょっといるかな。しつこかったメガネオヤジも帰った。俺と同じ背丈をしたタトゥを胸に入れた奴も、スタイルはいいんだけれど触ってみたら柔らかかった。昔はきっとイケていたんだろうけどね。背の低いのが今度は俺の隣に。そこそこ鍛えているかなと思いきや、やっぱ胸が薄い。足りない。こんなんじゃダメだわ。ま、イケないこともないかなってレベルだと、実際ヤッてみたって乗り気がしない。しかし、後はいないんだよね。ロッカーから戻ろうとすると、思いっきりケツを触られる。若いタトゥを入れた奴が急にチンコを握って来た。引っ張るなや。カラダ・・普通体型じゃんね。ケツとか握るな。君とヤラないわ。
23時になった。人の動きもまばらになったし、若干眠気が。今度は俺と同じ背丈のスリムが隣に。抱き心地がペラペラ。まあカラダもそこそこ締まっているし、スリムならやれるかなって思い、個室に。乳首を入念に責めて、チンコをしゃぶる。そこそこの大きさ。で、彼が・・何、下手?乳首とか全然気持ちよくないんだけど。ケツに手をやっているし。タチか。俺の胸とかやたら握って来る。違う違う、ちゃんとやれよと思って、個室を出た。ちょっと遅く来たのが失敗だったな。

 

BIG TOP(95)

21時前に入る。もう15人くらいしかいないわ。来るのが遅かったかな。メガネのオヤジがしつこく手を出してくるので毎回強めに振り払う。すごいよね、心臓が強いわ。もう清掃の時間か。いつもの電気を持ったオヤジが時折個室の掃除に来る。オヤジもなぜに上半身裸なのか分からないけど、そのときに明るく照らされる人たちのまあ軒並み明るいところでは直視できないようなカラダと容姿だこと。すっごい不細工な顔。ここって金さえ払えば誰でも入れるの?こんなところにも潜んでいたのか。よく顔とカラダは吟味しないといけないね。お、かなり胸の激厚なのが俺の横に来て腕が触れて・・って横顔がゴリラ。間近で見たら超怖い。いくらこんなにもおいしそうな胸をしていても、顔が厳しい。退散したけれど、香港に来ているんだし、目をつぶって胸くらい触っておけばよかったかなんてちょっと後悔。

 

亞富三溫暖(35)

3階の個室はどこもスカスカ。明るい部屋に入った。明るいところで見たところでカッコかわいさは変わらず。聞いたらウケだというけれど、俺のは入らないって。と言って、仰向けの俺の上に跨る。一緒にいこうって。一緒はね・・って言ったら、既に今日、1,2回ヌイたのかって。俺の勃ちが悪い?ヌイたんじゃなくて、昨晩散々ヨガらされたからだろうね。彼の乳首を弄りながら、彼は自分のチンコを扱いて、俺の腹と胸にぶち撒けた。小さいカラダで結構な量・・ティッシュで何回も拭い取った。
で、俺の腕枕で寝る。近くで見ても優しそうな眼、小さな口の上にあるホクロ、先の尖った顎と、見飽きないね。年を聞いたら、30過ぎているんだとか。本当に!?童顔もいいとこだよね。連絡先を当然のように交換する。彼は俺の胸の上で寝るのが好きらしい。メチャメチャ軽い。で、思い出したかのように腕のところに来て話しだす。この部屋、異様に臭いんだよね。精液の臭いで充満している。ま、彼が相当出したからね。もっと寝ていても良かったんだけれど、彼も明日仕事だというので、一緒に外に出て、近くの公園の傍の店で遅い夕食を取ることにした。23時半か。いつもだったらまだまだやっているんだけど、連日睡眠が足りないせいか、急に睡魔が襲ってきた。

 

亞富三溫暖(34)

3階にも4階にも人は数人しかいないし、3階はちょっと明るめだし、4階は立って待つような感じじゃないし、ヤレる感じがしない。別にタイプいないって訳じゃないんだけれど、これじゃヤレそうにない。改装途中なんだかよく分からないが、淫猥なエロさがなくなった感じ。サウナに入ったけど、人いないんで、蒸気サウナに。さっきのジャニ系が、外でシャワーを浴びてから、俺の隣に来た!で、シャワー浴びているとやっぱり暗い方に行ったし。今度はちゃんと見つけて、向かい合ってチ首を弄る。背が低くてスリムというよりガリガリだけど、顔がメッチャカッコかわいい。チンコが顔に似合わずそこそこデカい。下の方に30°くらい曲がっているから、ちょっとやりにくいけど。例によって、どこに潜んでいたのか、また横やりが入ってくる。今度はどっかともなく伸びて来る手を振り払い、彼が壁に寄り掛かる形で抱き合ったり乳首舐め合ったりしている。何がしたいか聞かれた。そう言われたって、ねえ。すると、シャワーを浴びて部屋に行こうと言われたので、付いていった。

 

亞富三溫暖(33)

風呂の奥のサウナに行く。若そうなジャニ系が一人だけ入っている。ジャニ系は自信があるから明るいところにいるんかな。俺はちょっと暗いところで。オヤジが立て続けに二人入ってきた。慌てて一段上に行くと、ジャニ系もちょっとこっちに近づいてきた。でも、すぐに出て、シャワーを浴びて、向こうの個室に入って行った。髪をセットしたりフレグランス付けたりしているから、サウナ行きたくないんだけど、ま、人いないしと思って入ってみた。こっちはバスタオルは取って入るのか。水蒸気すごいもんね。入ったところはまだ明るい。さっきのジャニ系もそこで立っている。その前にシャワーがあるので、時々そこで水を浴びるらしい。一応、真似してみると、ジャニ系は奥の暗闇に行ってしまった。奥は何やら人の気配が。ジャニ系っぽい人を探したけれど、わらわらどこからか人が集まってくる。乳首やチンコを弄られる。乳首を舐めろと?そんなにいいカラダしてないしさ、誰だよみたいな感じだし。ま、ジャニ系も乱交好きってことか。出て、また上に。

 

亞富三溫暖(32)

で、水を飲みに階段の踊り場に。上の階開放中と書いてある。なるほどね、そっちか。行ってみると、・・静かだな。スクリーンに洋モノのエロビが流れていて、周りにソファやベッドが。ベッドには数人が寝ている。奥は個室が連なっている。・・確かその奥がハッテンスペースじゃなかったっけ?なぜになくすかね?3階も4階も、ただの静かな空間になってしまっている。その上にまだ階段が。屋上か。でも、人いないじゃん。降りると、踊り場のソファで小柄なのが自分のチンコを弄っている。うーん、でも暗くて顔見えないし。スルー。

 

亞富三溫暖(31)

info_adan.jpg
20時ごろ入る。450台湾元を払い、豪勢なバスタオルとタオルをもらう。脇に歯ブラシと、・・ゴムとジェルは2つ以上持っていくなと書いてある。でも、ジェルは容量ちょっとしか入ってないぞ。ロッカーに荷物を入れて・・携帯の電波が悪い。Wi-Fiでつなぐ。ロッカールームには何人か人がいるけれど、しゃべっているのではなく、携帯でゲームやったりタバコ吸ったりと時間を持て余している感じ。もう帰るところか?
シャワーを浴びに行く。閑散としている。3階・・人が全然いない。まだ20時なのに。ん?あの、細くて暗い通路がなくなっている!で、その奥のスクリーンでエロビが流れていたところもない。ダークスペースがなくなっている!?アダムの醍醐味の??あのおびんつる様を触るような感覚を楽しみにしていたのに。

 

難波合宿所(98)

info_nanba_02.jpg
21時半か。さっきの暗闇のスリム、顔を見たけれどやっぱ大したことはなかった。30代くらいかな?年老いてしまうと暗闇に行くしかないという、姥捨て山のような過酷な運命。ま、俺なんて率先して暗闇でひっそりしていなければいけない年齢だけれど、逆に明るいところで立っている。左側に、ちょっと大谷翔平をさっぱりしたような顔立ちのスリムが立っている。リバか。暗闇に入ってみたら、その彼らしいのが入ってきて、チンコを触ってきた。カラダも別に締まっているわけでもないし、スリムのデカいのってあんま萌えないなと思い、いったん出て、通路に行ったら、また来てまたもチンコを触ってきた。チンコかよ。いきなりチンコに行く奴って嫌なんだよね。22時半か。人いない割になかなか長居したな。

 

難波合宿所(97)

通路のところで立ってたら、隣にさっきのイケメンが来た。さっきの毛むくじゃらの不細工は帰り支度をしていて、バーイと声をかけている。あんなに会話が弾んでいたのにな。徐々にお互い近づいていって、手が触れる位置に。手を触れたら握り返してきたんで、個室に移動。で、もう寝てるわ。乳首をいじると喘いでいる。足を大きく開いて、両肘をついていたのが完全に仰向けに寝た感じになる。チンコをビキニパンツから引っ張り出すと、包茎気味のチンコの先から既に透明な液が溢れて亀頭を濡らしている。パンツを脱がせてチンコをしゃぶり・・ってさ、バリネコだね。俺、そういうの嫌いなので、個室を出た。

 

難波合宿所(96)

丹念にカラダを洗って出て、しばらくは何回も読み込んだバディを見る。入口付近で、なんか立ち話がうるさいんだよね。英語?友達なんだろうか。受付のあたりから、「大声で話すのは止めてください。」と注意が。ま、確かにシャワーのところに大声の会話は退店してもらうって書いてあるわ。でも、ちょっと小声になったけれど会話は続いているけれど。出てみると、一人は普通体型だけれど金髪でピアスしてて色白の、顔もジャニーズ系の結構イケメン。もう一人は胸毛ボーボーでオヤジ顔、全然イケていない。でも、カップルか?ま、ボーッといつものところで立っている。奥のダークルームではアンアン聞こえてくる。どうせ一方的にしゃぶってって奴でしょ?大体見なくても分かる。分かるけれど一応見に行く。ま、一方が椅子に座って、もう一方がチンコをしゃぶるっていう、想像を超えるものではなかった。で、あぐらをかいて見ている白い細いのがいる。見学?まあ、分かったんで出る。

 

難波合宿所(95)

で、また乳首を弄り合い、アンダーウェアはすぐに脱ぎ去る。彼がチンコをしゃぶってきた。俺のチ首が感じるってのはよく分かっている様子で。で、キスをしようとすると、かなりディープに舌を入れて、長い間キスをしてきた。キス好きなのか。でも、ちょっと口臭気になる感じで、あんまディープにしたくないんだよね。リバだよね?入れられる?と聞いたら、全然平気ですと。いったんゴムを取りに個室を出て、また戻ってきてローションを丹念に自分のケツに塗り込んでから、俺のチンコを騎乗位から入れる。彼が腰を振りつつ、片方の手で俺の乳首をいじってもう片方でローションを塗りたくった自分のチンコを扱く。俺が下からガンガン突き上げると、「気持ちいい。」と喘いでいる。あっあって喘いでいるなと思ったら、イッたらしい。先イッちゃってごめんなさい、まだまだ入れていても大丈夫だからって腰を振っているけれど、まあさ、別に悪いってことないんだから。と、右にカラダを捻ってもらえます?と言われる。抜くのに?俺のチンコってそんな曲がってないんだけれど。ありがとうございましたと言われて個室を出ていった。

 

難波合宿所(94)

info_nanba_01.jpg
20時前に入る。もう少し早くに来たかったけれど、8ヶ月ぶりに大阪に来たからいろいろすることがあるんでね。人はまあ4,5人しかいないけれど、今日は明るいからなのか客層、若いね。パッと見た感じでは20代ばっかりでは?それでいて、暗がりに入り浸りの奴を除けば、そのうち2人が候補なんだろうか。一人はウケで一人はリバか。リバの方が何となく素朴スリムだからいいかな。ウケの方がどっちかというと俺の前を頻繁に通っていく。でも、隣にいるスリムの方がいいよな。と、その彼が俺の前に来て俺の乳首を触ってきた。俺も彼を引き寄せて、お互い乳首をいじったりチンコをアンダーウェアの上から揉んだりする。良さげだよね。奥の右側の暗い方の個室に移った。

 

亞富三溫暖(30)

基本的に向こうから何もしない・・さっきのソファで寝ていたマグロか。まあ、いいや。明るいところでこんなゴツゴツした筋肉を間近に堪能する機会なんてなかなかないからね。腹筋が鋭利な岩を触っているみたいに固い。前にヴォルケーノでヤッた奴以来の固さ。いよいよ入れるが、さすがに乳首を弄ってもらわないと・・噛むなって。そっちと同じじゃない。ヴォルケの奴と違って締まりはいい。乳首だって普通だし。掘り込む。やっぱ、ガタイがいいと抱き心地もいい。大柄で全身が筋肉で固い。肩幅があって腕も胸もコチコチだし、腹筋が何といっても最高の触り心地。明るいところでヤッてるからボコボコしているの見えるし。けど、マグロなんだよね・・。体位を代えるところで抜けたけど、そこで終わりに。
シャワーを浴びて、携帯をチェックしたら、カッコかわいい奴から仕事が早く終わったから会おうと言われたんで、20時半で早々と出た。

 

亞富三溫暖(29)

メッセージ_さっきのボコボコ腹筋
出ると、さっきの筋肉質のチビが立っていた。え、彼じゃなかったの?また、奥の通路に立つ。筋肉質のチビが通ったから、珍しくこっちから触ってみたが、反応なし。うーん、ダメか。ガタイがいいのが目の前を通り過ぎた。チラッと見ていたような。引き返してまた向こうに・・行くかと思ったら、俺の前で立ち止まった。何か、腹筋ボコボコマッチョだけど。目の前の個室に入って、俺を見ている。明るいところで見ると、顔つきはどっちかというと西洋系が混じったような濃い感じで、年も40前後かな?でも、色黒で全身筋肉で覆われた感じのゴリゴリのマッチョ。聞いたらウケだというし。え、いいの?って思ったが、ヤルことに。

 

亞富三溫暖(28)

メッセージ_暗闇でボコボコ腹筋
こっちから行ってみると、暗いソファに朧気ながら人影が。何か腹筋がボコボコしているのが見える。えっ!?恐る恐る触ってみる。腹筋が熱く火照っていて、まあゴツゴツとして固い。胸も固いし。あれあれ、何これ。乳首を舐める。呼吸がちょっと荒くなっている。タオルを取ってフェラチオ。チンコはそんなに大きいってわけでもない。しゃぶっていたら固くなってきたけど、10cmくらいかな?乳首をもっと強くつまめと言っている。しゃぶると息が荒くなってきた。ケツに手を持っていったら、そこは違うと払われる。しゃぶれってことか。フェラチオとか得意じゃないんだよね。口が疲れるし。ま、このサイズならいいけど、マグロだし。腹筋をすっかり堪能したところで、離れる。

 

亞富三溫暖(27)

19時頃に入った。またローションを取って中に。台湾人ではないっぽい集団も一緒に。ワイワイやっている。どういう神経なんだか。
ま、早い時間でもそこそこいる。といっても、20人いるかなってくらいだけど。でも、質は悪くない。早い時間だと客層若い。ま、スジ筋とかはいないけど。カラダが小さくて色黒の、多少年いった筋肉質なのがなかなかいいかなって思って見ている。きっとウケだし。奥の暗い通路に入って行ったから、俺も反対側から入って待機。・・来ないね。逆に変なオヤジとかにモーションかけられるし。

 

コロナの影響(7)

コロナの影響07
2021年3月7日、本来であればこれを以て緊急事態宣言は解除になるはずだが、結局一都三県だけは延長となった。理由は感染者数の下げ止まり。では、果たしてハッテン場の人数は下げ止まりになったのだろうかを検証したい。グラフからわかる通り、2月からハッテン場に来ている人の数が上昇傾向にあることが分かる。東京だけで言えば、緊急事態宣言直後、1月上旬は2500人近くいた感染者が2月に入ると500人前後と落ち着いてきた。急速に下がったことから緊急事態宣言が早期解除の可能性があることと、2月中旬には医療関係者へのワクチン接種が始まるという安心感から宣言解除を待たずにハッテン場に繰り出すようになったということが見て取れる。数字上はまだまだコロナ前に戻ってはいないけれども、ハッテン場への人が戻りつつある。ま、感染者数が下げ止まるというのもわかる気がする。再延長にはなりませんように。

 

亞富三溫暖(26)

23時か。人もだんだん少なめになってきた感じ。奥の通路は個室が明るくて開けてあるので、昔みたいに真っ暗ではない。そこで潜む。背の結構低いメガネが俺を見ている。そんなにタイプではないけれど、胸もそこそこあるからいいかと思って個室に。
俺を寝かせて、乳首とか舐められて勃たされ、ゴムつけて入れる。胸、そこそこって言ってもそうでもなかったな。チンコも結構小さい。ゴム付けるときに明かりをつけた。うーん、カラダもそうよくもないし。腹回りとかね。絞れていない。体位を頻繁に変える。そんなに時間は経っていないけれど、ちょっと休もうと言われる。で、寝た。2,30分くらい横になったが、というか、もう寝るの?と思って、シャワーを浴びに行く。
0時を回ると、まあイケメンスジ筋たちはどこかに消えてしまって、規格外というか対象外な人たちが10人ほど。さっきのチビさんが俺を誘うが、悪いけどもう1回やりたいとは思えないし。顔がかわいかったりしたらいいんだけど。しつこい。でも、全然いないしな。2時か。ちょっと遅くまでい過ぎた。

 

亞富三溫暖(25)

けど、やっぱりガッチリ系から小太り多し。胸がボリューミーな感じの、俺の好きなタイプがいないんだよね。21時。メントスを食べにロッカーに。背が低いけど若そうなスリム系とすれ違う。上に行くと案の定、俺をちょっと見ている感じ。エロDVDが流されているところを突っ切ってダークスペースに。彼も来た。ちょっと好色そうというか、イケイケそうな顔立ち。カラダも締まっていてツルツルしている。いい感じかなと思っていたが、俺のチンコ握ってデカいと言われ、断られてしまった。若いのも他にもいるけど、ガリガリだったりするし。
ゲイDVDは、手前が洋モノ、奥が日本のモノが流されている。手前の方は黒人白人入り乱れ、まあ筋肉質なカラダが乱れまくって・・あんまり惹かれない。奥のソファで座って日本のをくつろいで見ていた・・ちょっと年は喰っているがカラダが締まった奴が通り過ぎたので、俺もすかさず奥に・・ちょっと触っただけで別れる。タイプではないらしい。難しいね。

 

亞富三溫暖(24)

19時半頃に入った。カウンターの脇からローションの袋を取って、茶色いバスタオルとタオル2枚を抱えてロッカーに。ロッカースペースには10人くらいかな?休日だもんね、なんて3階に行くと閑散としている。人いなくない?数人しかいない。
上で何か催し物でもやっているかなって思って行ってみたけど、入るなって書いてあるし。寂れてきたね。前は食べ物も置いてあったのに、今では水だけ。どうしたもんかね。でも、20時を過ぎると、ポツポツ入ってくる。ここって本当にオールアラウンドで、若いスジ筋から、どう見ても相当なおじいちゃんってのまで、またガリガリから巨漢まで、何でもいる。メガネをかけたスジ筋、3人くらい同じような顔で同じようなカラダで。顔だけ見ると勤勉そうな感じだけど。肩幅の広い、腹筋が浮き出ているのもいた。hi-Manより質は良さそう。皆ウロウロしているし。

 

亞富三溫暖(23)

乳首を責めてくる。勃起具合を確かめつつ、また責める。俺も彼のをいじる。チンコはカチカチ。長さは普通だけれど、結構細い。ウケだそうで。入れられたいのかなと思ったが、そうでもないらしい。俺がイクのを見たいとか。いや、俺は先約があって朝6時半からやらなきゃいけないから、イケない。乳首責められて、イカそうとするけれど、断って。
寝せて、彼の乳首を責めていたら、俺のチンコと一緒にしごいて欲しいと。彼のチンコを下にしてしごいたら、あっけなくイッた。
ロッカーでさっきの彼と遭遇。帰るというとハグされた。服を着てまたハグ。何か言いたいらしいが忘れたという。言いたいこと?そしたらfacebookのIDを聞かれた。早く言えよ。俺のfacebookはイコールセックス遍歴。忘れられない、またヤリたい相手のね。

 

亞富三溫暖(22)

23時半。人の数も20人くらいで変わらず。人は入れ替わった感じもあるけれど、似たようなもので。ちょっと胸のある、均整の取れた感じのが立っていた。
例によって暗く細い通路で立っていたら、入口から彼が手を出してくる。触ってみるとそうでもない。柔らかいカラダ。乳首はこなれてるし、腕も細い。昔、鍛えていた名残か。よくあるパターンだ。顔もイカニモの短髪中華系なんだけど、まあ、コイツが一番均整とれているからな。奥のソファのある、広めの個室に行く。

 

亞富三溫暖(21)

今度はバックで掘る。彼を背後から抱きしめて掘る。彼の胸のあたりはかなり火照っていて熱い。彼の手も俺の手をそっと握り、顔を枕に押し付けて。こっちを見ているから、軽くキスをして。また、騎乗位になって彼が腰を振る。チンコを扱こうとしたら、胸に誘導される。若いから肌も艶々していてキレイ。腰もくびれて。。裸電球のライトに照らされても動じない、若さという傲慢。俺にもこの光、当たっているんだろうか。電球の光でさえ耐えられない年齢なんで。
自分で扱き出したら、結構勢いよく、ねっとりした精液を噴き出した。22時か。2時間も延々とやっていたんだ。俺はイカなくていいのかと聞かれる。いいよ。明日もあるし。そしたら、少し横になろうと。枕で二人、ちょっと寝る。俺の胸の上に彼が寝る。腹減らないかと。夕方食べたけどね、まあ運動したから減った。喉も乾いた。疲れていないかと。もしよかったら出て食事をしようよって。いいね。彼に連れられて、携帯電話だけ持って、外の夜市に向かった。手首に、450というゴム印を押された。

 

« »

03 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いています。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。初めて来た方は、カテゴリを選んで読んでいただくことをお薦めします。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR