FC2ブログ

男が欲しくて三千里~男日照りでカラッカラさ!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

DICK/DOGG(43)

延々とチ首を責め、そして責められた。「入れたい?」ま、そろそろ入れたくなってきた。「入れてもいいよ。」というのでまた騎乗位から入れる。もっと突いていいよというんでガンガン突く。彼の好きな正常位に。でも、ヤリにくいんだよね、正常位って。膝が擦れるし、普通に寝ている感じのを突くってなかなか難しいんだから。汗をかいたのでちょっと休憩。シャワー浴びる?っていうからそうすることに。彼は一服している間に念入りに洗う。汗まみれになったんで。で、結構また待たされてからさっきの部屋に行ったら、オヤジが寝待ちしている。寝待ちだったらカーテンで仕切られたところでやればいいじゃんねと思ったが、追い出すのも何なので、その近くの個室に入る。
スポンサーサイト
[PR]

 

DICK/DOGG(42)

彼が何やら小瓶を持っている。専用ローションかと思いきや、これで殺菌するんだって。ハイターでも薄めたんかな?でも、そういうのもできればヤリ部屋側で用意してほしいものだけどね。ここってそんな配慮がこれっぽっちもない。彼が後ろから俺を抱きしめてチ首を弄ってきた。何、弱いよ、こういうの。みるみる俺のチNコは怒張していく。彼を寝せてチ首を責める。相変わらず敏感なチ首。で、彼の細めのチNコも今日はギンギンになっている。彼とキスしながらチ首を延々と責める。笑顔が超かわいいし、また髪をセットしてくれば良かったって言っている。体勢を入れ替えて俺がチ首を責められる。彼が俺に入れたいと言っている。何か入れられてもいいんだけどねって気分になってくる。でも、俺こそ準備していないんでね。チNコをしゃぶりあう。彼はしゃぶられても感じるんだ。耳を舐めても感じているんだから全身が性感帯か。

 

DICK/DOGG(41)

18時前に入る。この前ヤッた彼と待ち合わせ。しかしLINEで10分くらい遅れるとの連絡があった。ゆっくりシャワーを浴びる。そういや、木曜日なのになぜか割引チケットもらったな。確認したら、3日まではチケット配布なんだとか。この騒動だから集客のためなんだろう。といっても、まだ早いってのもあるが3人くらいしかいない。ヤッてもいいかなってのもいるんだけど、変に気を持たせてもいけないからな。彼が来た。準備があるからちょっと待っていてって。何、そうなの?彼を見ただけで半勃ちになっちゃって恥ずかしいんだけど。で、結局さらに10分くらい待った。いろいろ隅々まで部屋を見た結果、入口附近の右側の奥の個室がベッド状になっていてそこそこ広いってことで、そこにイソイソと入った。

 

HAAARD(168)

そうこうしていたら20時か。上に行くとムキムキというかビルダー系みたいなのがいる。そういうの苦手なんだよね。グルッと回ってまた見ると、マッチョとイチャイチャしている。で、下に下りていった。なんだ、マッチョがいたのか。またトレをする。し過ぎて疲れたし、汗まみれだわ。シャワーを浴びてロッカーに行くとさっきのマッチョがいる。ウケ?建物の中を一通り見たけれど、ビルダー系はどこにもいないし、埋まっている個室も一つもない。ジジイさえも消えた。この建物には俺とこのマッチョだけ?4階にマッチョが立っていたんで、触ってみた。胸板厚いわ。俺のチンコをアンダーウェアから引っ張り出した。で、彼が後ろを向いて、ケツ割れを履いたケツを突き出す。俺は後ろから彼の胸を揉んで・・って相性合わないな。止めて服を着出すと、彼も着替えだした。野郎系のいつものガッチリ系がロッカースペースに来たわ。今来たところで一人っきりになるけどね。21時前にここを出た。

 

HAAARD(167)

info_haaard_02.jpg
19時過ぎに来た。受付で金を払おうとすると、「今、上に人が誰もいないのですけれどいいですか?」と。俺、別に基本ジム利用だから特段構わないんで。キーをもらってロッカーに。しかし、この時間で誰もいないっていうのがすごいね。営業時間の変更って貼ってあって、週末朝までやっていたのが深夜2時に短縮する旨が書いてあった。深夜2時に放り出されても、ゲイバーとか24時間やっているヤリ部屋に移るとかしかないよね。でも、俺が入った後から誰か来た。「誰もいない。」とは言うけれど、「一人しかいない。」とは言わないもんね。でも、結構ジジイだわ。躊躇なくトレを。一人っきりなので長めに行う。

 

DICK/DOGG(40)

で、ローションを自然と塗りたくられて二回戦に突入。騎乗位でまたも下から突き上げる。疲れない?って聞かれたけれど、結構これって疲れないんだよね、俺的には。キスをして舌を絡ませながらガンガン突く。気持ちいいと言っているからいいんだろうけれど、こんなんガンガンやっちゃってケツ壊れたりしないのかなってこっちが心配になる。で、また正常位に。パンパン音を立てて彼を突き刺していく。で、さっきと同じように汗が滴り落ちてきたので二度休憩に。彼が感じ過ぎて頭を突き抜けてカラダを離れたような感じになったと言っていた。で、俺のゴムを剥ぎ取ると、彼が俺のチNコに直接ローションを塗って、チ首を舐めだした。でも、イカせたいって訳じゃなさそうで。彼は相手が俺の中でイッてくれるのを見るのが好きなんだそうだ。俺はウケをイカせたら終わりなんで、これってお互い終わりがないな。でも、彼が時間を気にしている。21時くらいじゃないかなって言ったけれど、3時間くらいヤッていたらもうまずいかもと。そんなにヤッたかな?個室を出ると21時過ぎ。1時間半くらいだわ。でも、彼がまたヤリたいと。彼は2ヶ月に一遍しか来ないし、俺もそんなに頻繁に来るわけじゃないから会えなくないか?って言ったらLINEを交換することに。こんなハイスペックとまたヤレるなんてラッキーだわ。

 

DICK/DOGG(39)

彼はそんなに自分から腰を振る感じではないんで、俺が突き上げる。抱き合ってキスをしながら彼のケツをガンガン掘りあげる。「気持ちいい?」と頻繁に確認。チ首をずっと弄られているから、俺のチNコもケツの中でコチコチに硬くなったままだよ。正常位がいいというので、入れたまま体勢を入れ替える。驚いているけど、皆一旦抜いてからヤルのかね?正常位でガンガン突き倒す。「もっと突いていいよ。」というので、突くけどさ、正常位は俺が一方的に腰を振るんでもう汗が額から流れ落ちて目が痛い。いったん休憩。休憩中でも腰を振らないだけでチ首は責めるけどね。イチャイチャし合っていて、俺のチNコが全然萎えないことに言及。だって、俺もずっとチ首責められているし、こんなスジ筋のかわいらしいのと一緒にいたらこんな反応になるわ。

 

DICK/DOGG(38)

チ首をちょっと弄っただけでカラダをひどくビクつかせている。そんなに?っていうか、たぶん俺と同じくらいモロ感なんかな?腹筋もうっすら見えていて、その引き締まった腹にうっすら体毛が生えている。胸板もうっすらだけれどしっかりあるし、そんな彼を責めて喘がせるなんて、延々とやってられそう。水泳で鍛え上げたそうで。チNコはちょっと小さめで勃ちもそんなに良くない。もしかしてもう抜いたからか?チ首の感度がすごく良くて、小さいカラダが跳ねるようにビクつかせるんで、チ首を落ち着いて舐めにくい。キスを交わしながらチ首を責める。「ずるい。交代。」と、何がずるいのか分からないが、交代をせずに責め続ける。体勢を入れ替えると、彼が俺のチ首を責め出す。やっぱ感じる同士、チ首責めがすごくうまくてヨガらされる。しゃぶるけれど大きくて口に入らないとか言われた。で、また彼のチ首を舐め始めて彼をヨガらせ、と延々その繰り返しをする。「入れて欲しい。」と言われて、入るのか聞いたら分からないと。ゴムを付けて双方のケツとチNコにローションを塗りたくってから騎乗位になってゆっくり挑戦。ま、最初は入らなくて2回目で大体入る。

 

DICK/DOGG(37)

と、さっきスジ筋と入っていたスリムが出てきて俺の斜向かいに立った。シャワー浴びないってことはそんなガンガンしなかったのかな?遅れてさっきのスジ筋が・・俺に触れるように通っていった。脈あり?また奥のせNずり部屋の前にいったので、俺もその横に。でも、別に俺の方を全然見ないし、特に身動きすることもないし。でも、さっき絶対あっちから触ったしな、ってのを思って、しばらくボーッと立っている。と、右を見たら、さっきよりどうもちょっとこっちに来ている。チ首を触れてみたら、彼が俺の前に来た。結構チ首が敏感らしい。でも、このケツ堀ブランコでしたいのかなと思ったら、「個室に行きませんか?」と言われたんで、彼に連れられて入った。

 

DICK/DOGG(36)

俺がさっと見回っていつもの奥の通路のところに立つと、まあ新入りを確認しに来たんだか、その通路にいろいろ集まってきた。というか、デブとかガリとか触ってきて鬱陶しいので一旦出る。人数少なくてもヤリヤリモードだね。で、一通り人が出てからまたさっきの通路に。さっきのスジ筋、ウケなのか。黒いレザーのチョーカーをしている。奥に入ったので、俺も・・と思ったら、彼と同じくらいの背丈のスリムが既に反対側でスタンバっている。で、俺が行こうとしたら彼の隣に引っ付いてチNコを扱いているし。先約ありか。まあそうだよねって思って退散すると、後ろでドアを閉める音がした。ま、俺もあれくらい積極的にいった方がいいんかな。でも、人前でチNコ扱いたりするの嫌なんだよね。それにしても人数が少ないだけあって、他にヤリたい奴はいない。19時半か。この時間でもそこそこ人が入ってきているから、まあ待ちだね。

 

DICK/DOGG(35)

info_diggdogg_006.jpg
19時過ぎに入る。靴を預ける際、キーの使用状況を確認。何か少ない感じだな。ジム割1,200円で入り、次に来るときに使えるチケットをもらう。これさ、ちょっとうわぞりのチNコの絵が描いてあるのがちょっとね。期限過ぎちゃって要らなくなった時って、ビリビリに破いて捨てないといけない。香水不可とあるけれども、やっぱ汗臭いとか男臭いとか思われても嫌なんで、香りのするボディクリームをちょっと塗り込む。ロッカー脇を小柄でうっすら腹筋の見える、愛嬌のある顔をした若いのが通り過ぎていった。人数少なそうだからどうかなと思ったけれど、いいのがいるんだったらいいわな。中に入るとやっぱり少ない。10人はいないね。

 

大番会館(3)

5階は個室があるね。宿泊できるようで。で、またも蒲団と枕の部屋が・・ここは盛っているのとかちょっかい出しているのとかいるな。枕も蒲団も真っ白なシーツで覆われているけれど、なんせ薄暗いし、雑魚寝しているオヤジは皆素っ裸だし・・同じところで寝たいとは思わないわ。お、ちょうど終わったばかりのオヤジ二人が出てきた。毛深くて胸毛に白髪の入ったオヤジのチNコが半勃ちで真っ赤っかになっているのがいかにもさっきまでやっていましたよと言わんばかり。俺もこのくらいの年代でもまだまだ現役でいられるのだろうか?6階は全室個室で7階は入れないけれど屋上は開放されているというので行ってみることに。注意点として全裸は禁止でバスタオルを巻くこととある。でも、行ったけれど屋根があって日焼けができるって感じではなさそうだし、外からはおそらく見えないぞ。奥では初老男性が3人くらい、何だか飲みながら話をしている。何か、浅草って感じだな。神戸のジェントルマンや台南の緑の館を彷彿させるような老け老け度合い。俺も老けたらお仲間入りすることになるんだろうか・・。ま、早々に退散しなければ。

 

大番会館(2)

風呂に入る前にトイレ・・和式?懐かしい。ウォシュレットじゃない洋式トイレでさえ最近は珍しいというのに。3階に上がると浴場があったので、バスタオルを棚に入れて入る。1人湯につかっているオヤジが。なんか、若干焦げ茶色に見えるんだけど。温泉なんだろうか?入ったけれどぬるいわ。隣は水風呂。ああ、奥のサウナ用ね。サウナは何か空気悪そうなのでシャワーを軽く浴びる。奥も階段が・・外見えるけど。見ようと思ったら、外からこっちも見えるんじゃないか?まあ、こういう施設なんだって端から見たら分からないだろうからいいんだけど。4階にも休憩スペースがある。で、2部屋は蒲団と枕が敷いてある薄暗い部屋。3人ほど寝ている。それにしても、客層は50~70歳くらいってところだろうか。中年と言うよりも熟年というか、おじいちゃんとはいえないまでもかなりのオヤジ度。ガッチリとかそんなカテゴリーではなくて、普通に銭湯とかにいるような、ごくごく普通の何の変哲もない、魅力なんてものはこれっぽっちもないオヤジばっかり。鍛えているって感じを醸し出しているオヤジなんて一人もいないし、欲情するには程遠い。

 

大番会館(1)

info_大番_01
TXの浅草駅って全然浅草じゃない。六区じゃん。でも、浅草六区も今じゃ何だかこぎれいになった。右手には観光客向けの建物が建ち、左側には東洋館、ドンキホーテ、ロック座、・・その先に取り残されたかのようにある、昔の六区そのままのひっそりとした地味な建物が大番会館。中に入ると左手に靴入れが。10円取るのね。ないんで両替してもらって券売機で2,100円の券を買って、キーと黄色いペラペラなタオルとバスタオルを受け取る。目の前にエレベーターがあるが、若い人は階段でって書いてあったんで一応左脇の階段を使う。ロッカーに荷物を入れ、バスタオルを腰につける。浴衣を着ている人もいるけど、大抵はバスタオルスタイル。というか、浴衣はどうやってもらうんだろ。2階の奥はテーブルと椅子が何個か置いてあって、3人ほどテレビを見ながらくつろいでいる感じ。自販機にはジュースだけではなく、カップラーメンやアルコール類もある。

 

難波合宿所(81)

すごい背中がぐっちょり濡れている。そんな激しいことしていないんだけど。抱え込んで抱く。「何か、バディの表紙みたい。やってた?」バディの表紙とか見てないし。2回戦やる?ってチ首を舐め始めたが、「もう無理です。」っていうから止めておいた。
22時半か。人も閑散としてきたな。後は、と。体型的に無理な感じばっかり。ダークスペースに入ると後から入ってきた奴が俺に。スリムだけど、何かちょっと柔らかい感じ。右斜め前にいた色黒の奴か。一応個室に入ったけれど、バリウケっぽかったのですぐに出た。ま、こんなもんかなってことで出た。

 

難波合宿所(80)

「すごいテク。気持ちよかった。こんなの初めて。もしかして、プロ?」違うわ。「セミプロ?旅行者?」出張で来たよ。「撮影?」何のだよ、違うわ。「ボディビルをやってる?」やってねーよ。ジム。「ジムでこんなになる?遅漏でしょ?」・・ま、そうっすけど。「だよね。こんなデカいチNコ、なかなかイカなそうだもん。」うっさいわ。溜まっていた?さっき、キNタマ持ったら若干重かったし。「もう、1週間くらい出さなくても良さそう。やっぱプロっしょ?」何も特別なことをしてないわ。君が感度が良かったんでしょ。ちなみに、何を俺としたかったの?タチ同士だったしさ。「いや、マッチョとイチャイチャできたらいいなって思って。」じゃ、これからイチャイチャするかなってことで、しばらくは彼と添い寝して過ごした。

 

難波合宿所(79)

全然しゃぶらず、延々とチ首舐め。「イカせて。」イヤイヤ、ダメダメ。始まったばっかだし。こんなにヨガるんだったら、俺、もう朝までヨガらせ続けたっていいわ。「狂いそう。」ま、俺も逆の立場だったら狂わされているけれども。狂った姿が見たい。彼が腰を微妙に動かしている。俺の足で擦ってんの?無駄な努力だわ。俺は全然イカせる気はないんで。時間の許す限り延々とネチネチとするぞ。「イキそう、イキそう。」そんなんじゃイカないだろ。彼が笑っている。ん、え、イッた?イッたの?ネッチョリとした液が彼の腹からマットにかけて、こびりついていた。

 

難波合宿所(78)

スリムで肌が真っ白でツルツルしている。キレイな肌だわ。チ首を弄ってみたら結構感じている。チNコはちょっと小さ目で細いけれど、もうギンギン。彼を壁際につけてチ首を責める。で、彼を仰向けにして延々とネチネチチ首を責めている。「気持ちいい。こんなはずじゃなかったのに。」どんな予定を組んでいたの?彼のチNコは膝で押さえている。自分で扱こうとするんでそれさえもさせず、チ首を舐め続ける。すっごいカラダをうねらせてヨガっている。「すごい、こんなの初めて。」もう、動く動く、活きのいいマグロでも舐めているかのよう。何、腕が邪魔だから、手で腕を押さえる。キスを交わす。腋は全然生えていないのに、臍から下が急にワイルドな感じになっている。イケメンなのにギャランドゥのギャップがエロいわ。

 

難波合宿所(77)

そうこうしていたら21時に。結構平日なのに来るね。10人くらいいるんじゃなかろうか?だけど例によってヤルって感じではない。イケているスリムはタチだしな。あとは何かね、普通体型だし。スイカでも腹に入れているんかって言うようなデブまで来ている。ロン毛も顔をよく見ると結構な老け具合。レンガ状の壁紙を前にして立つ。左斜め前はさっきの色白のイケメンか。その間を何人か通り抜ける。邪魔だよね。クランクみたいになっちゃってるもんね。と、そのイケメンが俺の方に寄って来た。何、俺?抱き合って、個室にって言うんで、カーテンの向こうの明るめの個室へ入った。

 

難波合宿所(76)

info_nanba_01.jpg
20時半に入る。濃紺のタオルと、何だか白くて薄いボロタオルを渡される。今日はこれを腰に巻くんだそうで。これ?デブは無理なイベントじゃない?ロッカーに行くと、20時半だけど何人か人がいた。巻いてるわ。でも、意図的にビリビリに破かれているから、腰で巻けばチNコ見えているし、もっと下で巻けばケツが見えちゃっているし。ま、それにしても安っぽいイベントだわ。さすが難波合宿所

 

難波合宿所(75)

俺がカギをかけるのに手間取っていると、既にアンダーウェアを脱いで立って待機している。背が高いのにチNコが結構小さくて細い。手で握ってしまえば隠れてしまうようなサイズ。そいつがやたらチ首を責めてチNコを扱く。これ、イカそうとしているよね。「大きい。すげえ。」と言っている。俺が扱いている手を除けると、「どうしたいですか?」って。入れないのか聞くと、「入れてもいいですよ。」と。「どうやろ、入れてみないと分からへん。」と。正常位で入れたがったけれど、ま、騎乗位で。「当たる。」と言っている。俺、何も動いてもないんだけど。「当たんねんもん。」と言い、腰を動かす。俺はチ首を責められてるんでギンギンだけど・・なんか萌えないわ。だって、別にタイプでもないんでね。「突いて。」って言われたんで正常位になって・・ま、途中で止めてしまった。
22時か。また太目が入って来た。ま、そんなんになるわな。ダークスペースに入ると座っている奴が俺の方に急に来てビックリ。そういう、前から待機しているような奴なんて無理だから。後方の長椅子にはさっきのイケメンと厳つい顔が向かい合って座っている。持久戦だな。でも、まあ徐々に帰っていく。携帯見つけてくれた彼も帰り支度。22時半何で俺も帰った。

 

難波合宿所(74)

うーん、あとはそうね、皆さん顔がパッとしないし、カラダつきもスリムではなくて中肉中背で、胸がなくて腹がその分若干出ていてっていうのばっか。まあ、何とかせいぜい背の高いスリムのウケくらいならイケないこともないか。ダークスペースに入ると、そいつも後から入って来た。ま、距離を置いて何もしない状態が。左の椅子には足を大きく開いたシルエットが二人見える。チNコを触ってもいいってアピールなんだろうか?隣のせNずりルームも長椅子が向かい合って置いてあるんだよね。何かそういうのに慣れないもんで、俺はまたレンガ模様のシールが雑に貼られた壁を見ながら立っている。右手にはさっきの背の高いスリムが。お、来たわ。俺の顔がそいつの肩のあたりにくる。スリムだね。胸ないし腕も細いし。チ首を触ってみたら感じているけど、俺の方がチ首の感度がいいようだ。左奥の明るめの個室に行った。

 

難波合宿所(73)

イケているのは一人だけで、スリムなタチで、シュッとした感じのそこそこの若いイケメン。あとはね、何か気合入れて黒い自前のケツ割れ履いてきた若い普通体型のチビ、ゆったり動くがなんか食指が動かない。胸毛生えたスリムとかチ首デカめのスリム、顔が厳つめのスリムとか、まあワッと来たけれどロクなものがいない。こっちの様子を覗っているっぽいけれど、視線を合わせないようにしている。お、厳つい顔した奴がイケメンに手を出してダークスペースに連れ込んだ。しばらくすると出てきて、個室に行かないで、通路で抱き合ったりキスをせがんだり、チNコしゃぶったりしている。どうやら見せつけているわけではなくて、イケメンの方が気乗りしていない様子。結局振られてしまったようだ。

 

難波合宿所(72)

20時に入る。ジム割1,000円でタオルとキーをもらって中に。冷房つけてないんかな?ちょっとムシムシする。入るとまあ予想通りほぼ誰もいない。個室が1つ埋まっているくらい。若いスリムがロッカー前に携帯落としていませんかって親切にも教えてくれた。ま、他に俺しかいないもんね。そのスリムもタチで携帯を弄っている。ってことで、俺は15年前のバディでも・・もう何回も見て飽き飽きなんだけど。ま、来ないんだわ、大阪ってね。この時間帯には絶対来ない。
21時に入ると待ってましたって感じで続々と来た。一気に10人くらい?本当に21時回ってから、急に来る。そんなに遅割利用したいかね?どんだけセコいんじゃ。ま、そんな感じで見てしまうと皆しょうもなく見えてしまう。最初に入って来たのがメガネデブ。なぜか活動的にほぼ誰も関心を示していない状態なのに無意味に動き回る。

 

難波合宿所(71)

向かい合ってイチャイチャってのも結構疲れる。細いってわけじゃないから結構重いし、俺の足の付け根あたりに乗っているから足が痺れる。腕だってずっと抱いているし、それでいて彼が俺のチ首弄ってくるし。俺は目の前の彼のチ首を舐めたりしてまったりと過ごす。カラダを入れ替えて、俺が彼を後ろから抱きしめる形になって、彼のチ首をいじる。で、また向かい合って俺の足の上に乗ってくる。俺のチ首をずっと責めてくるんで、チNコが跳ね上がるようにビクビクとまた固くなっていく。結構長い間イチャイチャしているけれど、チNコが結構元気だわ。彼の足に意図せずガンガン当たっている。それを見てか、彼はまた俺の上に跨がった。また彼が腰を上下する。で、今度はずっと俺の両チ首を責めながらなんで、結構気持ちいい。彼が俺に覆い被さってきてキスを求める。抱かれるのが好きっぽいけれど、この体勢で腰を浮かせて突くのってなかなか難しい。抜けそうなんだけどってやっぱり抜けてしまった。彼がまた背を向けて俺に寄りかかり、俺が後ろから抱きしめる形に。で、彼が自分のチNコを扱いていたらようやくイッた。で、また向かい合わせになって抱き合う。で、俺のチ首を責めてチNコを扱かれる。ダメだわ、すぐイキそう。今、何時だろ。シャワーを浴びることにした。
で、時計を見たらもう23時近い。3時間もやってたんだ。全裸で坊主の普通体型が一人いるだけだし。帰るかな。

 

難波合宿所(70)

暗いのであまり顔が見えないが、背が俺より高いのに小さい顔立ち、ちょっとあご髭がチクチクする感じ。あっさりした素朴な顔つき。腋毛は薄く、カラダは胸があるわけでもないし腹が締まっているわけでもない、普通体型。キスを交わすと抱き付いてくる。なんか甘えたがりな感じ。寝かせてチ首を責めると結構ヨガっている。で、騎乗位から入れる。先の方しか入っていないようで抜けそうで不安なんだけど。しかし、そのうち奥まで入っていく。で、正座座りをして腰を上下させて小刻みに動く。俺も時折下から突き上げる。で、正常位になって俺が彼を突く。結構疲れたわ。そんなにやってないけど額から汗が流れ落ちる。彼はずっと自分のチNコを扱いているけれど、全然イク気配がないし。で、抜いてまたイチャつきだす。彼のカラダをなぞったり、チ首を舐めたり、で俺のチ首を弄り出したり。俺のチンコを扱き出すと結構すぐにイキそうになるんで、止める。昨日抜いているから溜まっているってことはないんだけどな。彼は俺にはなぜかチNコを触らせないんだよね。普通サイズのチNコ。

 

難波合宿所(69)

info_nanba_02.jpg
20時前に入る。もっと早く来ようと思ってもどうしてもちょっと遅くなってしまう。入るとロッカーにタオルが2つかかっているから、まあ昨日みたいに全然いないってことはないな。というか、ロッカーでゴソゴソやっていると様子見に偵察に来る奴が結構いる。いざ入ってみたら、中央にメガネの普通体型がいるだけ。なんか急に隣に来た。触ってみたらブヨブヨだった。なぜに入ると皆どこかに消えるかね?イケてそうなのは見た感じイケメンスリム1人だけだけど、タチだしな。あとは特段パッとしない。何、さっきのメガネが見てないとにじり寄ってくるし。背の高いスリムが何か犬系の顔つきで良かったなって思ったら暗いスペースにすぐ消えていった。行ってみたところ、入ってすぐのところに立っていた。俺の後からさっきのメガネが。しつこいわって思っていたら隣から手が。俺も触れてみる。まあいたって普通体型って感じ。チ首が結構感じるらしいし、俺のチ首も弄られてチNコが立ってきた。イチャイチャしていて、まあ一人目だしと思い、個室に移った。

 

難波合宿所(68)

向かい合って胸を触るとヒンヤリしているけど、見た目よりもすごい硬いし厚い。相手も俺のチ首を弄って来た。お互いのアンダーウェアの中身が窮屈になって来たんで、脱がす。普通サイズだけど太くて重量感があるチNコ。それにチNコは黒いのね。普通こんなマッチョってチNコ小さいのが定番なんだけど、なかなかしゃぶりがいがあるわ。しゃぶっていると微かに声が聞こえる。で、彼が俺のチNコにローションを塗っている。で、腿で挟んで彼が腿を動かす。お、素股?でも筋肉質の足でどうやって動かしているのか分からないけれどクイクイ動かされて結構気持ちいい。で、彼は自分のチNコを扱いている。うーん、こうなると入れてみたい感じ。けど無理だって。じゃ、俺にも素股してって言ったらそれも無理だと。本当にバリウケなのね。シャワーを浴びる。もう23時近くなった。個室に一組、そしてさっき入って来たばかりのオヤジがいるだけ。ま、帰ることにした。

 

難波合宿所(67)

これで打ち止めっぽいわ。ま、ここ24時で閉まっちゃうから、これ以上は来ないよな。ダークスペースに入るとシルエットからさっきのトミーズ雅って感じの奴が。無理なの、君の顔は。また通路に戻るとさっきのガッチリが。でも触っても無反応だし。壁際に立っているとさっきのガッチリが俺の前を通って個室の中に。俺の周りには誰もいないしな。誘っているのかなって思い、中に。腕を頭の後ろで組んで仰向けに寝ている。チ首を弄ってみると微かに吐息が。チNコを握ってみたら硬くなってきた。でも、向こうはその姿勢を崩さず。バリウケか。奉仕好きの人にやってもらったらいいわ、ってことでロッカーで水分補給。右側を見るとさっきのガッシリが立っている。セミロングの目のくっきりした美形の顔で、大理石のような純白のカラダで胸板も結構厚く、そして腹筋もうっすら割れた、まあパーフェクトな体型。薄暗い中ではここまですごいカラダだったなんて分からなかったわ。で、中に入ろうとしたら彼が近寄って来て触れてきた。え、こんなエロいカラダした奴が俺に!?明るいところで確認してってんだからきっと目に適ったんだろう。ま、すぐに個室に連れ込む。

 

難波合宿所(66)

info_nanba_03.jpg
20時前に入ったが、週末なのにほぼ人がいない状態。今日は普通の明るさだわ。昨日は暗いしタチばっかりで。そもそも暗いと淫乱って言うより太目の化け物系が集まってしまいがち。なもんでバディでも見るかなって、もう暗記したわ。ここって時代から置いて行かれてるんか?で、ひたすら待つこと1時間、急に人が5,6人入って来た。21時から1000円だもんね。大阪って本当に分かりやすいよね。セコいわ。外で並んで待ってるんかね?手前の通路でキーをチェック。タチタチ、お前もタチかいな。お、ウケだけどちょっと腹出ているな、バリも腹出ているし。ん?背は低いけれどキレイ系の色白のイケメンで胸板の厚いガッシリしたのが入ってきた。ウケ?すれ違いざまがゆっくりなんで触ってみるが、全然リアクションなし。うーん、何だか向こうの方からウィーンって音が。さっきのトミーズ雅似のタチが自分の股間バイブ当てているわ。コイツはさっきから通路の真ん中に立ったりとか邪魔なんだよね。顔デカいし。

 

« »

11 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いています。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。初めて来た方は、カテゴリを選んで読んでいただくことをお薦めします。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR