FC2ブログ

男が欲しくて三千里~男日照りでカラッカラさ!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

GATE IN(3)

奥、懐かしい、ビデオボックスじゃん。ちょっと広めでベンチが置いてあるところもあれば、小さく人一人がそこに座ったら終わりみたいな小さなボックスもある。けど、隣と通れるようになっている。何か、見てたら隣に誰か入ったわ。そういう誰だかわかんないのって嫌だな。ここにいるのって皆肌の如何にも柔らかそうな普通体型ばっかりだから。年齢層も30代までなのかもしれないけれど、別に若いってほどでもないし、これっていうのはいない。そもそもマスクしているし、個室も狭すぎ。二人並んで寝るのは無理だな。あと、何か暑い。空調なしとか?5個くらいビデボがあって、その先はない。その狭い通路に3人くらい立っている。その先の受付に戻る通路がまた入り組んで狭すぎ。個室も3部屋くらいあったか?この狭さでよくまあスペース取れるよねって感じ。ルート66並の劇狭ハッテン場。いくら何でももうちょっと広々としたところがいいな。
スポンサーサイト
[PR]

 

GATE IN(2)

で、今日は手隠しらしい。そうそう、普段着衣だから入りにくくてね。というか、皆マスクしているけど。マスクが必須?で、スリッパ履いているし。ああ、受付からカーテン超えたところにスリッパあったわ。皆マスクってのも異様な光景。というか、早い時間なのに意外とそこそこ人がいる。立地条件がいいからだな。10人いくかいかなかってところか。左手は休憩スペース。バディが置いてある。田中聖の写真集も。パラパラめくってみたけれど、何だこれって感じ。照明が明るいからよく見える。喫煙スペースもゆったりめ。ロッカー脇にドアが。ここ、個室だ。枕の上の灯りにGATE INって書いてある。ティッシュが3箱、ホテルの据え付けシャンプーみたいな容器に入ったローション、そしてコンドームが2,3個、なぜかウェットティッシュがたくさん。ウェットティッシュが置いてあるところって初めてかも。ハンガーもかかっている。着衣系だからね。こんな狭いところで脱げるか?

 

GATE IN(1)

東京駅八重洲口、東京の玄関口でありながら、丸の内と違って目の前に雑居ビルが建ち並ぶ。でも、よくよく見ると閉店が多く、再開発のために取り壊しになっているビルも多い。そうだよな。丸の内が終われば次はこの八重洲だろ。それにしても汚い。確かにさっさと壊して欲しいビルばかり。ビックエコーとカラオケ間の間にある雑居ビルの5階。会員制と書いてあるドアを開けると左手に受付が。年齢制限で30代までとはっきり書いてある。ホームページで見たときは、40歳に見えない人という微妙な書き方だったんだけど。しかし、別に難なく入れた。お知らせが貼ってある。10月で閉店だそうで。おお、ギリギリだったな。平成9年より長きにわたってってまあまあ老舗だったのね。千円札2枚置こうとしたら1,100円と言われる。早割か。だってまだ13時半だもんね。タオルとキーを渡される。86番?右手はシャワーとトイレと流し。左にロッカー・・よく分からないけれど、ロッカー80個はないぞ。ここ、Wi-Fiが使えるみたい。

 

BUMP(316)

でも、個室がいっぱいで、ローションまみれになったところしか空いていない。ティッシュを大量に使って拭く。で、兜座りでやろうと。何、兜座りって?足を交差させて向かい合うのを言うらしい。というか、チンコも小さめなのはまあご愛敬だけど、カラダも見た感じと違って普通体型だったし、顔もオヤジ顔で、何か全然タイプじゃなかったわ。ま、扱き合いだし、顔を見ないようにしてローションをたっぷりつけてガンガン相手のを扱く。俺が先にイッて程なく相手もイッた。二人とも大量に出たねとかいろいろ言っていたが、俺はタイプではない奴と一緒にいたくはないので早々にここを出た。22時15分か。来るの遅かったもんな。でも、今来た奴もいる。若くてたぶん中国人なんだろうけれどイケている感じだわ。もうちょっと早く来ていればね・・。

 

BUMP(315)

俺だけイッてゴメンと言われ、ティッシュで腹のあたりをちょっと拭く。でも、いい経験だったと。聞くと、最初ウケだと思ったと。チ首感じているからウケじゃんって。イヤイヤ、タチだってチ首感じるの。こんなの初めてだったといわれる。シャワーを浴びるために並んでいると彼が帰る用意をしている。イケメンだし均整がとれたいいカラダをしてんじゃんね。年も30いってないんじゃないかなって感じ。21時半か。人がそこそこ減ってきたけど、まだまだいるわ。今度は右足首にキーを付け替えて入る。これだって感じの人はいないわな。さっきのタチがまた俺の横にいたんで触ってみると、「扱き合いする?本当はケツやりたいんだろうけどさ。」いや、俺はさっきヤッたんで。

 

BUMP(314)

結構時間をかけてしゃぶられる。で、俺が寝るとさらに乳首を舐めてきて、ローションをチンコに塗りたくられる。けど、個室の小箱の中にはゴムはなかった様子。「近くに落ちていたのを拾ってくるから、ちょっと待っていて。」と言われたんで彼を待つ。落ちているかね?と訝しんでいたら、すぐ戻ってきて俺のチンコにつけた。で、ローションを塗ると騎乗位から入れる。結構締まりがいいみたいだけれど大丈夫かね?一回抜いて再チャレンジでようやく入る。彼のチンコも硬くなっていた。普通サイズくらいか?彼が腰を振るんで俺は彼のチンコを扱く。「イッちゃうよ。」っていうから手を放す。乳首を弄る。胸板は固くはないけれどまあまああって、腹は引き締まって固い。また彼がカラダをのけぞらせて腰を振る。で、互いに向き合ってキスを交わし、彼のチ首を舐める。気持ちいいといっている。この態勢でも彼が腰を振る。で、正常位になって俺がガンガン腰を振るが、しばらくすると疲れたのが分かったのか「騎乗位になる?」と言われたんでまた俺がつながったまま仰向けになった。今度は俺が下から小刻みに突き上げる。で、またチンコを扱くと「イッてもいい?」と言われたんで、いいよというと、俺のヘソあたりにボタボタと液が垂れてきた。

 

BUMP(313)

一面ぎっしり。こんなに人がいるのってくらい。しかも個室は結構空いているし。どこか空いたところに入るので精一杯。で、隣から手を出されるし。好きでここに入ったわけではないんでね。でも、動きようがない。タイプねえ、デブはいないけど、普通体型ばっかりだからな。隣に良さそうなのがいたかなと思ったけれど、キーがタチだし、結構すぐに触られるけれどこれってのには巡り合わない。空いた隙間にサッと入り込む。左の色白の奴が胸板もしっかりあって良さげだよな。けど、右の無精ひげを生やした普通体型がこっちにカラダを寄せてきて、何かしつこく触ってくる。チンコを触ってくるしさ、今いいところなのに何?ようやく退散。左側を見ると、顔つきもシュッとしているし、こっちを見ているようだし、俺の手を握ってきたので、サッサと前の空いている個室に入った。肌がつるつるしていてきれい。乳首を弄る。チンコはフニャっとしている。彼がチ首を弄ってくる。俺のチンコが大きくなったのを見ると、むしゃぼりついてきた。

 

BUMP(312)

info_bump_05.jpg
20時45分頃に到着。来るつもりはなかったんだけれど収まりがつかなくてね。けれどドアの前には「ロッカーに空きがないため、前でお待ちください。」と手書きで書いてある。前には3人待ち。やっぱ金曜日って混んでいるよな。でも、この時間ならすぐに空くだろうと思って待つ。前の奴が入っていったが何やら受付でグチャグチャ言っている。千円を握りしめて出てきた。見た目40歳後半くらいの冴えないサラリーマン風のオヤジ。入店拒否か?昔はそういやBUMPも結構入店拒否していた時期があったんだけどね。混んでいるときは確かにそういう客は断ってもいいかもしれない。ほどなく次々に入っていく。俺も何とか入ることができた。さっとシャワーを浴びてから中へ。

 

HAAARD(155)

彼、そこそこ乳首が感じるみたい。乳首を舐めていると、彼が俺のチンコをアンダーウェアの上から揉んでくる。で、上から手を入れて直に弄ってきたんで、お互いアンダーウェアを脱ぎさった。彼が俺のチンコをしゃぶる。で、彼が俺の乳首を舐めつつチンコを扱いてくる。イカそうとしている?入れないのか聞いたら、入れていいんっすか?って言うんで、例によって騎乗位から彼が跨がった。で、腰を上下に揺り動かして、彼の乳首を弄る。彼も俺の乳首を弄ってきて、「すげえ硬くなっている。」といいながら腰をリズミカルに振る。で、抜いて、彼が俺の横に寝たと思ったら、俺の乳首を舐めつつチンコを扱きだした。イカせたいらしいけれど、まだイカない感じ。で、また騎乗位になって彼が上下運動をしだしたけれど、そんなに時間をおかずにまた抜いて、乳首を舐めだしてチンコを扱きだした。いかんせん、この体勢は弱いんで、程なく一方的にイッてしまった。ありがとうといって彼は個室から出て行った。
21時か。シャワーはまた3人待ちなんで、股間はローションと自分で出した液でベタベタだけれど、アンダーウェアを履いてトレを若干こなしてからシャワーを浴び、ここを出た。

 

HAAARD(154)

20時頃に着いた。今日はアンダーウェアデーなのでタオルと9(NINE)とご丁寧に書かれたキーをもらって中に。遅い時間だけれどそこそこいるかな。全裸のスジ筋が俺の横を通り過ぎる。上野でスジ筋は珍しい。シャワーを浴びようとしたが2人待ちだったので下に降りると、さっきのスジ筋がダンベルでトレーニングをしていた。ま、顔はそこそこって感じか。上に行くと・・そんなにいない。20時だから、皆帰る時間なんだよね。スジ筋もソファに座って何やら雑誌を読んでいるし。一通り終わったんだろうな。前にヤッた小柄でうっすら体毛の生えたリバがいるから、まあそいつとヤレばいいよな。トレを地道にこなしてから中に・・側にそのリバがいるんだけれど来ない。乗り気ではない?まあ、リバってタチとウケ、どっちがヤリたいのか分からないからな。そう言いつつ、通りすがりに触ってみたが立ち止まったりしないしな。ま、1階と2階を頻繁に往復する。で、2階にいるとそのリバが俺の前に来て手をようやく出してきたんで、俺も彼のチ首を弄り、すぐ前の個室に入った。

 

marasite(97)

「どんなんでしたっけ?」俺も忘れたわ。向かい合ってチ首を弄る。チ首弱いんだよね。肩の辺りを舐めるとまたちょっとしょっぱいわ。口臭も若干気になるし。7人目だそうで。よくやるわ。じゃ、別に入れなくていいんじゃないかと聞いたら、「イヤイヤ。」だそうで。そんなにヤリたいもんかね?よくまあケツが壊れないもんだ。というか、壊れているんかもしれないけど。寝せてやろうとするけれど、どうもそんな気になれない。前に6人も突っ込まれた中に入れるんだし、ちょっとシャワー浴びて来いよってのもあるし。そんなんで、若干俺のチンコも反応が薄い。それに気づいたのか、彼は起き上がると、ゴムを取ってしまった。で、俺のチ首を舐めだし、ローションを使って俺のチンコを扱きだした。俺は彼の厚い胸を握り締める。こんな胸している割には腕が細いんだよね。どういう鍛え方をしているんだか。それにしても、厚い胸には弱いかも。あっという間にイッてしまった。かなり勢いよく大量に出したもんで、「すげえ。」とか言われてしまった。何か、ウケに逆にイカされて、しかも大量放出って気恥ずかしいわ。21時半か。もう人も少なくなったわ。シャワーを浴びて帰ることにした。

 

marasite(96)

で、またシャワーを浴びる。20時半か。人も結構いなくなっている。というか、質が大分落ちたぞ。また例のところに行くと、あのマッチョがいた。で、彼が俺の隣に来たわ。腕も付く距離に来た。その割には全然手出ししてこないのね。焦らす作戦とか?でも、よく見ると右手がフリーにはなっているな。俺もチンコを握る手を替えて左手で彼の手を触る。しかし、それっきり進展せず。右にスリム来たし、コーナーには中年がスタンバイしている。このマッチョもキョロキョロしているし。スリムも悪くはないんだけどね、胸が厚い方がいいには決まっているからな。中年がマッチョの乳首弄ってきたわ。そりゃ、目の前にそんな胸があったら弄ってくるのも無理はない。結構カラダがビクついちゃっているし。しかし、丁重に断っていた。俺も弄る。しばらくこんなんやっていたら、ようやく目の前の個室に・・大量のティッシュの山から異常にザーメン臭が漂っていたんで、向かいの個室にすぐに移動した。

 

marasite(95)

さっと浴びて、例の通路に立つ。俺がさっき立っていたコーナーのあたりには、前に何回かヤッた黒いトランクスを履いた胸の分厚いウケが立っている。またいろんなのとヤッてんだろうな。その間にスリムな奴が来た。顔もイマイチな感じだけど、胸・・そこそこかな。リバだし。と、どうも俺の方に寄ってきている感じ。ほぼ腕が付いているけれど?向こうの胸厚い奴にも中年体系のオッサンが手出ししてきている。手を握ってきたんで、奥の左側の個室に入った。向かい合ったけれど、まずさっきのイケメンと全然肌質が違う。ザラザラ。なぜこんなザラザラな皮膚になるよ?で、全然チ首弄ってこないしさ。チンコは普通サイズでカリの部分が全然ない。ソーセージそのもの。しゃぶってきて、で、もう仰向けに寝ている。俺のチンコは絶不調。「ヤッたの?」まあ、今さっきシャワーを浴びて来たんでね。「ダメじゃん。」いや、それは君に魅力がなくテクもないからよ、とは言わないけどさ。「なんで誘ったの?」君が来たろ。「今度来たときは真っ先に誘ってね。」誘わないだろ。

 

marasite(94)

真ん中の若干明るめの個室に入る。ここ、ちょっと広めで左手に椅子もある。正面から抱き合う。彼が早々にキーを床に無造作に置いた。チ首を弄ったりギュッと抱き合ったりしながらキスを交わす。やたらガムの香りがするし、結構濃厚に交わすのね。さすがイケメン。彼のチンコもまあまあ大きくてずっとギンギン。で、俺にそれを擦りつけてくる。寝かせようとしたら、ちょっと立っててくれと言われてチンコをしゃぶられる。で、寝かせて彼を抱いて・・足を開いているってことはもう入れて欲しいってことか。入れても平気かと聞いたら大丈夫だという。もう誰かとヤッたのかと聞いたらヤッたそうで。そうなのね。俺がゴムを装着していると、ケツにローションを塗りだしている。でも、うまくはまらないわ。「ケツなしにする?」とこっちの様子を笑いながら見て、彼のギンギンのチンコをこっちに擦りつけてきている。何か、ゴムが小さいんだよね。で、自然な感じで正常位から入れる。結構するするって入っていった。「デケエ。気持ちいい。」と入れやすいように両手で自分の足を持って開いている。結構な時間、ガンガン突いたけれど、例によって暖房入れすぎなんだか、暑い。彼が俺のチ首を弄ってくる。「出してもいいっすよ。」なんて言うけどさ、汗が目に入って痛いし。「まだ他の人とヤルんですか?」なんて聞かれた。とりあえずシャワーを浴びるだけよ。

 

marasite(93)

皆さん、ガンガンアタックしてガンガン拒否されている。皆、目星を付けて狙っている奴が暗いところに行ったところですかさず触りに行っている。アクティブだよね。俺は別にそれをボーッとつっ立って見ている。落ち着いたのでちょっと暗いところの入口附近に立って見た。しかし、隣にどうでもいい奴が来ちゃったりすると身動きできなくなるし、そういう奴に限ってなかなかどかなかったりするもんだし。触られないようにそろそろ離れて微妙な距離を置く。コーナーの右側にさっきのイケメン来たわ。結構胸板しっかりしてんのね。というか俺に触ってきたし。変なのに引っかからなくて良かったわ。

 

marasite(92)

入るとそこそこの人。まあ、大部分が別に何の関係もない人たちだからいいんだが。しばらくは突っ立っている。背の低い眼鏡をかけたクールなリバのスジ筋が一番人気かな。しょっちゅう触られている。レスラーのようなやたら大柄な奴からチビでほぼ骨と皮だけのガリガリまで、このスジ筋のように若いのから、視線を合わせることすら憚るようなご老体まで、また髪を真ん中分けにした整って色白のイケメンから重力に抗いきれないくらい肉の垂れ下がった不気味な顔をしたのまで、いろいろいる。ま、均等にいるわけではなくて不細工系、中肉中背系が大半なんだけどさ。たまに蛍光リングを付けているのもいるわ。ロッカースペースで何の印か確認しようとしたが、別に特段記載もなく。ところで誰とやろうかねって感じだわ。ウケもまあまあいるしな。

 

marasite(91)

info_marasite001.jpg
19時頃入る。入るが、その前の奴が受付で結構長めのやり取り。ドアの前で待っている。1,500円を払うと、下に月曜がド変態割、火曜がデカマラ割、水曜がムラムラ割、木曜がコックリング割、金曜が勃起入場割、土日がTwitterフォロワー割と書いてある。ムラムラ割・・説明がないんだけど。でも、前も受付でムラムラとか言えば割引になったことがあったな。一番分からないのがド変態割だろうか。これは俺はド変態だと自己申告するんだろうか、それともこういう点が俺は変態なんだと言って、ド変態認定を委ねるのだろうか。デカマラ割とコックリング割はきっと受付で見せるんだろうし、勃起入場なんて金払う段階で勃起しているところを見せると言うことか?ド変態割でもイケるんじゃないかね?ま、俺にはそんなの無理だわ。ロッカーキーを受け取ってシャワーに。と、12月からアルコールが禁止になりましたとの表記が。ここもかよ、ってのと、今までOKだったことすら知らなかったわ。

 

BUMP(311)

チ首をちょっと触れただけでえらいヨガっている。ちょっと感じすぎではない?ってくらい。ま、剃り跡があるのと胸が思ったより全然厚くなかったんでちょっとテンションは落ちているんだけれど。肩とか腕周りはガッチリしている。膝がガクガクいっているし。とりあえず寝せて、引き続き責める。ちょっと弄っただけでキスを求めてくる。若いからか肌がつるつるしている。チンコはちょっと細いかなって感じ。足でチンコを押さえるけれど、すぐに外そうとする。チ首が感じる人はチ首責めがうまいって言う定説に漏れず、ソフトに弄ってくる。これを半永久的にやり続けたっていいんだけれど、入れないの?と聞いたら入れてもいいの?と。で、騎乗位から入れることに。すんなり入って、「大きい、奥まで入っている。」といって腰を上下に振る。チンコを扱いていると、イッちゃうから止めろと。でも、少し出ちゃったそうで。そういや、そんなこと前にもあったような。漏れたってことか?抜いてもなおビンビンに勃ったままだったんで、彼が俺のチ首を責めつつ扱いてきた。なんせヤッたばっかりだったもんで、すぐにイッてしまった。で、彼のチンコをチ首を舐めつつ扱き、こちらも程なくイッた。またも22時半過ぎになってしまった。ここ、23時で閉まるんだよな。今入ってきた強者がいるわ。見つかるといいね。

 

BUMP(310)

20時くらいか?19時あたりでワッと人が入ってきて、この時間になると個室が相当埋まってまた閑散とする。ハゲやデブ等魑魅魍魎が跋扈する時間帯。そういう人たちはそれこそ誰専部屋がお勧めなんだけど。胸板厚い筋肉質のタチがケツなしにキーを付け替えた。で、奥の小部屋に座ってチンコをさすっている。ああ、みんなに奉仕してもらおうっていう魂胆ね。俺、そういうの好きじゃないんで。もう一人、スリムなケツなしがいるけれど、それは全然関心を示さず。色黒の朴訥とした田舎っぽい顔をしたリバの彼も久々に見たな。前は腹筋がうっすらと割れていたのに、いまじゃただのガッチリ体型になってしまった。まあ、バンプも内装を何回も変えているうちにすっかりメンバーが入れ替わった感じ。俺の横に筋肉質な感じの奴が来たけれど、年がいっているし、顔が不細工で好きになれないしな。手前の方に入る。すっかり人がいなくなった。あの最初にいた色白マッチョもいいのを見つけて個室に入ったみたいだし。隣に背の低い若いガッチリ系のかわいい感じのウケがいる。さっきも隣にいたよね?こっちを見ている。手を出したら触れてきたので、目の前の個室に入った。

 

BUMP(309)

すれ違うときは向かい合ってっていうスローガン、1枚しかなくなったけど、一応他に比べればこっちにカラダを向けてすれ違う奴が多いわ。ま、大抵太めなのでこっちは思いっきり触れないように壁にカラダをひっつけるけれど。本当、太めって言葉がしっくりくるくらいな感じの奴が多い。奥の個室の前のところで立っていると、隣のコーナーに単発のスリムが。引き締まっているわけでもないし、腹も別に鍛えている感じではないなと思っていると、腕が触れる位置に。別に大して興味が持てないんでそのままにしていると、逆のコーナーに移動。で、何か咳払いっぽいのをしているし。で、また引っ付いてきた。あんまりタイプでもないんだけどね。一応個室に。乳首を弄るとやたら感じている様子。でも、ちょっとデカいし堅いし、使い込んでいる感じ。胸も別にないしさ。ウケか。入れる?ローション塗ってというんで、ゴムつけて入れようとすると、「いきなりですか?指でほぐしたりしないの?」しないわ、見ず知らずのケツに指突っ込むなんて。ま、またも途中で個室を出る。

 

BUMP(308)

info_bump03.jpg
18時半前に入る。ジム割で1,200円を払い、キーとタオルをもらう。もう、基本はテカクシなのね。全裸で徘徊禁止とか書いてあるのが空々しい。だって、右奥の誰専部屋なんて、敷居もないんだから、狭いけれど実質乱交部屋の復活だよね?人、平日夜の早い時間にも関わらず、10人くらいはいるわ。多いね。でも、ディックドッグや体育倉庫よりはレベルは格段に落ちるね。スリム系はほとんどいないし、鍛えていない、中肉中背と言うよりはデブと言ってもいいくらいの無様な体型をした奴が実に多いこと。ま、そうはいっても、これでもマラサイトよりはマシなんだけどさ。
隣に、若干背が低くて色白眼鏡の、30代くらいのマッチョのウケがいる。股間見たらパイパンか。カラダはゴツゴツしているけれど、白くむき出しのチンコがちょっと気味悪い。向こうが触ってきたんで後ろの個室に入る。乳首を弄ると結構感じている。胸板も厚いし腹筋も硬いわ。寝せて・・もう手を後ろで組んで、ただアンアン言っているだけだな。こういう100%バリウケって俺は無理なので、途中で止めて出た。

 

marasite(90)

入れて欲しいと言われたんでゴムをつける。向かい合うとまあ重量感のある胸だこと。テンション上がるわ。チンコもやっぱ厚い胸を見ると反応が違うわ。最初はちょっとバックでやってから、正常位に移る。胸を揉みつつ掘り込むけれど、いざガンガン責め立てると暑くて。汗であっという間にビショビショになる。汗で目が痛いんで、時々ティッシュで拭き拭き掘り込むけれど、集中力が続かないわ。結構疲れたし、休憩ってことで出てシャワーを浴びることにした。
20時半前か。もっと長々とやっていれば良かったな。さっきのマッチョはもう立っている。シャワー浴びないんだ。浴びている時間がもったいないとかなんだろうか?それにしても、さっきの筋肉質はどこに行ってしまったんだか、もうどうでもいいのしか残っていない。待っていてもね、ってことで帰ることにした。

 

marasite(89)

俺がマットをティッシュで拭いたりしている間に彼はトランクスを脱ぎ去る。抱き合って、首筋辺りを舐める。何かしょっぱい。聞いたら、「さっき激しくヤッたんで。」シャワー浴びないの?ま、いいけど。例によって仰向けにさせて乳首を舐める。胸板がすっごい固い。今日は何人目か聞いたら二人目だそうだ。ま、チンコ触ってみても反応ないしね。扱こうとするのでその手を除けて執拗に乳首を責める。「乳首やばい。」といって結構喘いでいるんで、延々と乳首を舐め続ける。ヤリマンのくせに結構きれいな乳首しているんだよね。柔らかいし、デカいってこともないし、しかしこんないやらしい胸しておいて皆乳首責めないんだろうか?彼も俺の乳首を弄ってくる。彼の後頭部に腕を回してキスを交わす。今日は人が少ないと言うと、水曜日が仕事が休みで、金曜日は混んでいて部屋が埋まっているから水曜に来るんだとか。なるほどなるほど。金曜日は人は多いけれど質が悪くなるし、質が悪い同士で個室に入っていくからすぐ埋まってしまうしそれも忌々しいしね。チンコを握ってデカいというが、まだ入れないよと告げて、また乳首を責め続ける。

 

marasite(88)

19時半過ぎに入る。今まで通りジムの会員証を出したところ、いつもの滑舌の悪い声で、「すみません、ジム割はもう終わりました。」と。受付の下の貼り紙には、確かに6日でジム割とU-24割を終了しましたと書いてある。そういや、営業時間も23時で終了と、ヤリ部屋にしてはやけに早い。この先大丈夫何かね、とか一抹の不安を覚えて中に入る。人はこの時間にしては少ない感じ。15人程度ってところか。ま、そういいつつも筋肉質な感じのウケが3人くらいいるわ。いつもの位置で立っていると、小柄な筋肉質は通りすがりにちょっと俺に当たってきた。左のコーナーにはこの前ヤッた胸板厚いマッチョがチラチラとこちらを窺っている様子。どうしたもんか、迷うね。すると、その黒くて薄いトランクスを履いたマッチョが俺の隣に来た。なぜか手に白いミニタオルを持っている。ウケなのにケツ触ってくるし。さっさとヤリたいわ。奥の個室が空いていたので、さっさと連れ込む。

 

HAAARD(153)

たまに気がついたように俺のチ首を弄ってくるんで、電気が走ったみたいにビクついてしまう。カラダを半回転して後ろ向きになって彼がまた腰を上下に振る。チンコを扱こうとするとイッちゃうからって止められる。いや、後ろ向きの方が扱きやすいからさ。また元の形に戻って腰を振る。彼のチンコを扱いていると、「ああ、イッちゃう、イッちゃう。」って言うけれど・・彼の動きが緩慢になった。イッたんだ?何か、俺にかかった感じがしないんだけれど。と、抜いたんで彼を抱こうとしたら、彼が俺のチ首を舐めてチンコを扱きだした。で、しゃぶって左のチ首を舐め出す。こうなるともう秒読み。程なく濃厚な液をビュッと勢いよく放出した。21時半になってしまった。

 

HAAARD(152)

チ首が目視じゃないとどこだか分からないくらいに小さくて凹凸がない。彼がチ首を舐めてきた。なかなかうまくてカラダがガクガク震えてくる。彼のチンコはそこそこ太くて若干反っている。そして、チ首を弄りつつ、俺のチンコをしゃぶりだした。うまいね。彼を寝かせて責めると、軽い呻き声を上げている。キスをして舌を絡ませる。リバだよね、入りそう?と聞くと、大丈夫だと。ゴムをはめてローションを塗ると、彼も自分のケツにローションを入れている。騎乗位から、1回目は入らないのがまあお約束。2回目で何とか入った。キツキツな感じだし全然動かないから大丈夫なんかなって思っていたが、彼がカラダを上下に動かし始めた。と思ったら覆い被さってきたんで、下から小刻みに突き上げる。小さく高めな声で呻く声が聞こえる。かわいいね、なんか。で、一旦抜いてローションを塗りたくってまた入れる。

 

HAAARD(151)

20時半か。大抵1時間くらいトレすると、もういいっかなって感じになる。そろそろ潮時かなと思ったら、背の高くてスリムなイケメンがさっと階段を通り過ぎた。もう少しいてもいいかな。なんて、待っていてもさっきの奴が全然現れない。追いかければ良かったか。いつものところで立っていると、小柄でスリムなリバが通り過ぎていった。で、段差の手前のところで立っている。もう21時近いから、探すの大変だよね・・って近づいてきている。そうこうしていたらすぐその辺まで来た。よく見ると顔もなかなかシュッとしているし、カラダも引き締まった感じでもあるよな。しばらく見ていたら俺の向かいに来てチ首を弄りだした。正面の個室にさっさと入る。

 

HAAARD(150)

info_haaard.jpg
19時半頃に着く。昨日は財布を忘れて入れなかったし、今日もなんだかんだで遅くなってしまった。入ってみてもこれといってヤリたいなって相手がいない。こういうときって1階のジムエリアに行っても何かやる気が起きない。ジムエリアに行くのは、ヤリたい相手がいないから時間を持て余しているのと、鍛えて少しでもモテたいからってのがあるけれど、鍛えたところでヤリたい奴がいないじゃんってなったら、不確実な未来への投資ってだけで意味ないもんね。まあ、仕方ないのでトレするけどさ。何か今日は部屋が臭う。汗臭いわ。タオルかなんかが臭っているんだろうか?上に上がるとさっきトレしていた肌褐色のイカニモ野郎が。何、コイツ、すごい腋臭じゃん。カラダ洗えよ、ジムエリア全体が臭っていたぞ。俺、そういうの嫌いなんだよね。臭いフェチにはたまらないんだろうけれど。

 

BUMP(307)

横になりたいと言うんで正常位になってトライ。ガンガン突くけれど、もう汗だくに。チンコ全然扱いていないし。イカないと延々とヤル羽目になるぞ?もう汗がひどく、汗まみれになる。乳首をやたら弄ってくるけれど、汗で戦力喪失。「汗がエロい。」ああ、そういうの興奮する人?シャワー浴びたいわ。20時半か。結構人が多くなった。ピーク時間帯がちょっと遅くなった?まあ、増えたのは中年中肉中背体型ばっかりだけど。しかし小太りとかも積極的にアタックしていくのね。隣の無様なカラダをした中年オヤジもガンガンケツ触っているし。21時近くなったし帰ろうかなと思ったが、ロッカーが混んでいるしシャワーもすごい並んでいるし、空くまで待つか。でも、その頃になると中は空いている。皆21時くらいが帰り時なんだな。結局21時20分頃になってようやく空いたので、それから帰り支度。

 

BUMP(306)

鍵をかけると、赤い照明を切った。で、向かい合ってチ首の責め合い。カラダをビクつかせて感じている様子。ずっと弄っていて気持ちいいか聞いたら、足がガクガクして寝ていいか聞かれたんで寝かせる。で、ずっと乳首を舐めたり弄ったりしている。時折カラダをビクつかせている。キーが左腕についている。付け替えたよね?「リバです。」タチ寄りリバじゃない?「前にヤッたことがありましたっけ?」覚えていないのか。「バリタチですか?」まあ、これくらいのミニサイズだったら入るかもしれないけどさ。ゴムを探している。入れるの?ゆっくりは無理だから、騎乗位でという。そもそも、胸がたぷたぷしているとは言え硬くはないので、仰向けになると厚みが感じられない。乳首を舐められる。やっぱチ首を感じる奴ってうまい。俺のチンコも入れる準備は十二分にできている。2度目の挿入でようやく入る。俺が下から高速で突き上げると声を上げてヨガる。どこがタチ寄りリバなんだか。チンコを握って扱くけれど、すぐに止められる。

 

« »

09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いています。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。初めて来た方は、カテゴリを選んで読んでいただくことをお薦めします。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR