FC2ブログ

男が欲しくて三千里~男日照りでカラッカラさ!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

BUMP(298)

いつもの奥の暗い通路で立っている。横には背の低いスリムのウケ。別に凹凸のないさっぱりというか能面顔だしな。右には図体のでかいタチが。ゴンって聞えた。上の柱に頭をぶつけたのか。確かに通路にこの柱はちょっと危ないよな。さっきから通りすがりに俺のケツを触る奴が。顔はそこそこだけれど、腹が緩いしな。
21時か。何か忙しなくなってくると言うか、同じような顔ぶれなのにもかかわらず出入りが激しい。眼鏡をかけたガリガリが入ってきたけれど、結構腋臭がツンとくる。と、カラダの締まった真ん中分けのウケが、ずっと立っている能面顔のウケとの僅かに空いたスペースに割り込む感じで俺の右手に来た。ほぼ触れ合うくらいの距離。なかなか顔もシュッとしていてイケているしいいかなと思ったが、手を出す前にどこかに行ってしまった。何だよ、さっさと焦らさずに触っておけばよかったなと、後悔するけれど後の祭り。ちょっとロッカーまで行ってペットボトルのお茶を飲んで仕切り直し。
スポンサーサイト
[PR]

 

BUMP(297)

info_bump03.jpg
平日って言うこともあって新橋の街は閑散としている。引っ越して、家から大体40分弱くらいと比較的近くなった。けど、ちょっと遅くなってしまった。20時前に入る。今日はブラチンデー。久しぶりだわ。こんな市販の安雑巾をゴム紐で止めたやつだったっけ?シャワー待ちをしていると、明らかにヤッてすぐ浴びただろう背の高くて無精髭を生やした男がカラダを拭いている。まあ見せつけるかのようにブランブラン揺れちゃって。なかなかのいいモノを持ってんじゃんね。半勃ちのモノって結構卑猥。中に入ると個室は半分くらい埋まっていて、結構わざとらしい声が漏れてきている。外には大体10人くらいか。休日はやたら薄暗い感じがする。タチ、ウケ、リバが均等にいる感じで、結構この時間にしては出入りが激しい。年齢層は比較的若い感じもするけれど、50代っぽいオヤジもいる。そいつがメッチャ顔を近づけてきて通りすがりに俺のチンコに触れてきたんで強めに払う。

 

HAAARD(143)

チンコは普通サイズで、ちょっと左に曲がっていてカラダは白いのにチンコは赤黒い。またローションを塗って・・もうイキそう?と、ムクッと起き上がって、俺のチ首を舐めてきた。キス・・というか軽い口づけというか、結構軽めなんだよね。で、またイキそうだというんで、もうイカせてしまった。左に曲がっているから、左側に飛び散っちゃったわ。
シャワーを浴びる。さっきのスリムな外人は帰り支度。胸毛をワサワサさせた小デブの中国人風、帰るのかなと思いきや、黒いTシャツを着てまた巡回。そういや、もう一人、チビオヤジが普段着のままで歩き回っていたわ。着衣デーってそんなんじゃなくて、セクシーなカラダにあったセクシーな服を着るんじゃないのか?ま、俺はシャワーも浴びたことだし、別にすごくヤリたいって奴もいるわけでもないし、煩悩をリセットして、一人でトレを淡々としてから21時過ぎに帰った。

 

HAAARD(142)

3階に上がると、さっきのカラダの大きなウケが暗がりに。見た目は若そうだし胸板厚そうだし、なんか良さそうな。と、彼が個室に入ったようだ。わざと音を立てて入ったよな・・。覗いて見ると壁に貼り付いて自分のチンコ弄っている。サッと入って小さなチ首を弄ってみたら、結構感度がいい。顔もまあまあいいし、胸も見た目に違わず結構厚くて硬い。ずれ下ろしたアンダーウェアから出ているチンコを触ると、ねっちょり。もうローションつけてんの?俺のアンダーにつかないようにしないと。ヤル気満々じゃんね。鍵を閉めて、アンダーウェアをさっさと脱いで、彼のチ首を責める。彼は俺のチンコを握って「すげえ」と言っているが、そんなに俺を責めるって感じでもない。ローションをつけて、チ首を舐めにかかる。俺の肩とか舐めてきたからキスをすると、「イキそう。」と。そんな扱いてもないし、早くない?キスに弱いんかな?

 

HAAARD(141)

19時過ぎに着いた。1,200円を払ってタオルをもらい、ロッカーへ。今日は着衣OKデーか。ま、着衣なんて誰もいやしないんだけどさ。今日も1階にはあまり人がいない。なんか、火曜や水曜に比べると人が少ない感じもする。割引が緩いし着衣ってのがマイナスなんかな?まあ、着衣は手を出したいと思わないな、俺は。どこも扇風機ついていないから、3階のコーナーにある扇風機を勝手につける。凪だね。なんか、そんなに人もグルグル回ったりしていない。暗がりに色白で胸板のなかなか厚いのがいるけれど、ウケだしな。俺はいつものとおり右足にキー。そういや、今日のキーはバンドがユルユルなんだけど。足の腿のところにつけるしかない。あとはスリムとか・・イケている白人も一人いるが、気に入ったのがいないのか、3階の階段を上りきったところにあるベンチで携帯を弄っている。ふーん、1階で黙々とトレをしていたら腕がパンパンになってしまった。監視カメラがこことシャワーとロッカーにつけてあると書いてある。なぜシャワー?という感じがしないでもない。下着を取る奴がいるからか?ここのトレーニングルームはなぜだろ・・。

 

DICK/DOGG(24)

ここ、使用頻度が高いから、まずはティッシュでマットを拭う。それから抱き合って乳首を責める。鍛えているって感じでもないんだけれど、腹も出ていないし胸板もそこそこある。乳首を舐めると結構感じている。キスを交わして寝せる。俺のチンコを握って「デカい」というけれど、君もそこそこデカいぞ。チンコを重ねて扱く。「入れられたい?」「入れなくても別にこんな感じで構わない。」と当初は言っていたんだけれど、まあ入れられたいんだよね、結局。「入るかな?」とまあこれもお約束のやり取りで騎乗位から入れ、正常位に持って行く。「イッていいよ。」というけれど、イキはしないよ。別に全然溜まっていないし。「かけてほしい。」っていうんで、彼が乳首を舐めつつ、俺が自分のチンコを扱いて、しばらくして「イキそう。」ってなったところで彼が自分の顔を俺のチンコに!!!そんなかけちゃっていいんかなって思ったが、それで良かったらしい。俺は顔なんか絶対嫌だけれどね・・。

 

DICK/DOGG(23)

20時半か。ここって中にもデジタル時計があるからいいよね。と、小柄でそこそこ胸板のある感じのウケがサッと俺の前を通り過ぎた。年は俺くらいなんじゃないかな?というか、前にもマラサイトでヤッたことがあるよな。触ってみるけれど無反応。けれど、俺の近くで立っているからこれもダメってわけでもないんだろうけどな。でも、ケツ触ってみても立ち止まりもしないし。ふーむ、と奥のケツ堀ブランコのあたりで立っていると、そのウケが逆のせんずりスペースのところに入っていった。この袋小路のところまで来てってことは誘っているんだなと思い、そっちに行くと座っている。彼を触ってみると俺のチンコを握っている。で、「個室に行きませんか?」と言われたので、いつもの暗めのところに入った。

 

DICK/DOGG(22)

info_diggdogg_006.jpg
20時頃に入る。チケット割で1,000円で入るけれど、また2週間有効のチケットをもらう。水金に来る限りはずっと1,000円で入ることができる、ラッキーなシステムだね。ロッカーで着替えていると、どうも入ったり出たりなんて人が多いような。様子を見に来ているよね。でも、そういうときってヤリたい相手がいないからってことなんだろうけれど。入ってサッと品定め。ふーん、10人くらいってところかな。で、個室は2つしか埋まっていない。客層はなかなか若い感じもするけれど、一様に普通体型って感じのばっかり。まあ、この時間だとまだまだ皆さん、活発に巡回しているけれど、なかなかね。色白の20代の黒眼鏡がその中でもまあまあかなって思っていて、相手もまんざらでもない様子かなって思うんだけれど、いまいち決め手に欠ける。どうしたもんかね。

 

HAAARD(140)

俺が起き上がって彼と向かい合って彼のチ首を舐めている。感じているっぽいから続けていると、程なく俺の腹の辺りに結構濃いめの液を出した。イッた後もチ首舐め続けていると、ずっとカラダをビクビクさせている。27歳のシンガポール人で浅草のホテルに泊まっているそうで。マレー系かな。ヤンチャそうなイケメンで、俺がイカなくてもいいのか、なぜ?と何回も聞かれた。いや、流れでやるならいいんだけど、一旦会話とかしちゃうとなんかね。
20時半か。若くてカラダのきれいなウケもいるけれど、タチをする自信がないしな。また例のオヤジがいる。ここって49歳までとか書いてあるんだけれど、あのオヤジはどう見積もっても50代後半なんだけど。トレを何回か繰り返し、21時過ぎになったんで帰った。

 

HAAARD(139)

個室の中から出てきた。なんか、予想と違って、エキゾチックな感じのスリムなイケメンじゃんね。すると、意外にも俺に触れてきた。俺、ケツなしだけどいいんかね?それにしても、彼のトランクスの上からひょっこりはみ出ているのが気になるわ。ま、入って乳首を弄り合う。俺のアンダーウェアを脱がそうとしているので、俺も彼のを脱がすと、デカい。やたらデカいし、まっすぐできれいなチンコ。しかも超ギンギン。これでウケはもったいなくない?で、引き締まった腹にペタって貼り付いている。しゃぶるけれど、とても全部は口に入らない。彼と69の状態になってしゃぶりあう。しかし日本人ではなさそうだよな。彼が寝たので俺が上に乗って彼のチンコと合わせて扱く。彼、ウケみたいだけれど、こんなんでいいんかね?しかし、彼がずっと俺の乳首を弄ってくるし、キスを求めてきたり、なかなか相性は良さそうだな。俺を仰向けにさせると乳首を舐めてきた。で、彼は自分のチンコを扱いている。そうそう、こんなに長いとかえって扱いにくいよな。

 

HAAARD(138)

info_haaard.jpg
19時半過ぎに着いた。1,200円を払ってタオルをもらい、ロッカーに。このガタイ割って分かりにくいよね。カウンターの左上に手書きで、ジム割はカードを見せれば1,200円、ガタイ割は自己申告制でカラダに自信がある人がガタイ割でって言えば1,000円なんだそうで。誰が申告しているのかを見てみたいわ。シャワーがさ、例によって長い奴がいる。しかも2つ共。かれこれ5分くらい待っているが全然開かないし。ま、こういうケツ洗浄している奴って大抵年のいったブスと相場が決まっている。ま、事実その通りだったが。遅い時間になってしまったから、トレもそこそこに。もうエアコンは入れてもいい時期になった。扇風機はついているけれど。でも、トレしているガッチリ系、なんでこんなにってくらい汗だくになっている。カラダはそれほどでもないのにな。上に上がる。まあ、そこそこ筋肉質ってのはいるけれど、あれだね、経年劣化した筋肉質というか、こういうのって俺は嫌なんだよね。チ首ピアスはこの前もいたな。止めて欲しいわ。2階に立っていたけれど、扇風機が回っていないんで、3階のいつものコーナーに。目の前の個室に寝待ちしているのがいる。疲れちゃったのかな?通る人通る人覗き込んでいる。ハードによくいるけれど、俺ってこういう寝待ちって嫌いなんだよね。

 

DICK/DOGG(21)

彼が個室の電気を真っ暗にして、キスし合う。胸はさほどではないようだな。しばらくイチャイチャしていると、個室に移りますかと言われる。ここも個室だけれど寝られる感じではないからな。部屋を変えると、俺を寝かせてチ首を責めだした。で、69に。しゃぶり合いなんて久々だな。で、俺のケツの穴を舐めてきた。うーん、そういうの好きじゃないんだけど。で、ローションをつけて指を入れ・・ケツに指入れようとしているじゃんね。タチだって言ってんのに。こういうのは言っても無駄だから出ようとすると、「もう入れないから。」と。まあ、また入れたら即出るから。キスをし合う。でも、その口ってさっき俺のケツ舐めたよね?まあ、よく洗っておいたから良かったものを。で、俺を仰向けにして腕で肩を抱えるようにしてキスを交わして、片方の手でチ首を責めつつ扱かれる。そういうロマンチックな感じのは弱いかな。あっという間にイッてしまった。で、彼もというから同じようにしたら、やはりすぐに勢いよく大量に放出した。で、抱き合いたいと言うからしばらくそうしている。こういう風に抱き合ってイチャイチャする人ってなかなかいないんだとか。俺、先週も同じことを言われたけど。同じ曜日のこのくらいの時間にまた来ると言われた。そういって会えるとは限らないんだけどさ。

 

DICK/DOGG(20)

info_diggdogg_01 (2)
20時半前に入る。奇数番のロッカーを選んで靴を入れて、タオルをもらって中に。この時間ってバンプだったら間違いなくドアの外で待っているくらい混んでいるんだろうけれど、ここはね、バンプより広々としているけれどもスカスカ。まあ、ロッカーもそこそこあるし、トイレもシャワーも2台ずつあるし。トイレやシャワーって、ウケの人にとっては時間がかかるから結構気にするもんね。で、中に入るが、まあいつもどおりというかそんなに人がいないわ。10人くらいかな?それもほぼ普通体型の人ばっかり。せいぜい若いスリムなウケがいるんだけれど、顔はまあまあなんだが体毛がすごいんで躊躇している。どうしよっかね。と、背後の暗いカーテンで仕切られた部屋から、俺よりちょっと背丈が高くてなかなかカラダつきのガッチリしたのが出てきた。リバか。で、すぐに目の前の暗いスペースに入り込む。誘っている?で、すぐに出てきたかと思うと俺に手を出してきたんで、俺も触ると抱きついてきた。慎重なのか、人に見られたいのか知らないけれど、しばらくこの体勢のまま。で、奥の個室に入った。

 

HAAARD(137)

「乳首を舐めたい。」っていうんで俺が仰向けに。彼が上に乗って、責められる。弱いわ、こういうの。というか、そもそもが入れるつもりでいたのに入れないしさ。で、ヨガらされる。これではイカされてしまうんで、また向かい合って扱き合う。俺は彼の細い首に手を回しているから、片方の手しか使えないんだよね。で、彼を寝せる。彼のチンコが萎えてしまっている。乳首を舐めつつ扱いていると、急に「イキそう」と。こんなフニャフニャなのに?と訝しくしていたが、「イク、イク。」と言って放出した。
しばらくはキスしたり乳首を弄りながらイチャイチャしていた。彼がずっと乳首を弄るから、チンコはギンギンなんだけど、何とか平常心を保って会話を交わす。この体型は水泳かと思ったらジムによるものだそうで、もっと胸をつけたいと言っていた。このスジ筋な感じで充分だと思うけれど。21時半を過ぎていたので帰った。

 

HAAARD(136)

カラダつきが逆三角形で、胸板もうっすらだけど付いているし、なかなかいいな。乳首の弄りあいで俺が感じているのを見て「ウケ?」と笑われる。だからタチでも乳首は感じるの。彼が抱き付いてくる。細身にしてはなかなか力が強い。で、腰を振ってチンコを擦りつけてくる。イヤイヤ、なんか俺に入れるつもりじゃない?ギュッとしがみつきながら、すごいアクティブにチンコをねじ込むかのように当ててくる。彼のチンコは普通サイズ。で、向かい合うとローションをチンコに塗り込む。「マッチョだね。」と言われてまたも乳首を弄られる。俺は彼のチンコと一緒に扱いていると、「あ、イキそう。」と。早いね。キスを交わすが、彼の方が積極的に舌を入れてくる。長めにキスを交わしつつチンコを扱くとまた「イキそう」って。で、またチンコを擦りつけてくる。彼はこのくらいの刺激が気持ちいいんかな。

 

HAAARD(135)

2階に上がる。ここの通路もいつもだったらそんな人いないのに、ふやけた体型をした黒人とか中肉中背体型の奴が立っていたりする。お、腹筋ボコボコだけれど顔がちょっと残念な奴も来ている。もうジム終わりの時間だもんね。メガネをかけた若いウケが、スリムだけれど均整が取れたカラダをしているよな。通路を隔てたところで立っているんだけれど、個室に入っていった。その隙に、俺はキーポジションを右足首から右手首に変更。彼が出てきたら、俺の腰辺りを触れるので、俺も目の前の個室へとすぐに誘った。

 

HAAARD(134)

info_haaard_02.jpg
20時前に着いた。1,000円を払ってミニタオルとタオルをもらい、ロッカーに。今日は遅い時間だけれどなんか人多いな。ジムエリアにもいつもだったら捌けるはずの人がいる。ちょっとこなしてから上に。最近は4階も開けているようだ。一応行ってみたが、ケツ堀ブランコだったものがタイヤに変わっていて、そしてその下には子どもが水遊びできそうなくらいの桶が。汚した場合はシャワーで洗うか、遠慮なくスタッフに言ってくださいと書いてある。え、どういう事態を想定してんの?4階におっかなくて行けないんだけど。スタッフに掃除しろなんて言えないし。きっと汚したままにして帰るなとか、汚れているのを見つけたら言ってくれって意味なんだろうな。ぐるって一通り回るけれど、あんまりいいタマはいないな。手持ち無沙汰なのでまた1階に。今日は誰でも1,000円だし手隠しだからか、いかにも中年って言うのが多いわ。それにしても、よくもまあ股間モロ出しでトレをするよね。胸板の厚い色白の筋肉質の奴なんて、思いっきりリングまでしているし。そんな、トレ中に股間にもしものことがあったりしたらと思うと、俺は怖くてモロ出しなんてできないんだけど。

 

marasite(79)

お、チンコ握ったら小さいけどカチカチになってるし、汁出てきてんじゃん。彼は、何か下手って言うか、チ首責めが雑って言うか、片方のチ首しか責めてこないし、単調なんだよね。そう言いつつ、チンコはギンギンだけど。座って向かい合う形になり、ローションつけて扱いてみたら、「イキそう、イク。」とか言い出したんでガシガシ扱いたけれど、全然イカないわ。俺のチンコもローションつけて扱く。全然筋肉質でも何でもないしさ、タイプじゃないんだよね、って思いつつもなぜかイキそうに。あ、イクわってところで腹筋が攣った。この体勢は無理だわってことで立ち上がってティッシュで拭く。ビックリしたろうな。でも、イクときに腹筋攣るなんて初めて。イクときって結構な腹筋使うのね。もう22時じゃんね。帰らないと。

 

marasite(78)

そうこうしていると21時になった。別にさ、その筋肉美のご老体とヤッてもいいんだけど、何だか明るめのところで立っているんだよね。そんな明るいところにいたら、顔がはっきり見えてしまって手が出せないんだけど。目をつぶれば何とかイケるんだけどね、たぶん。ただ、こんなジジイとヤルのかよって視線も怖いし、もったいないよなって思いつつチラチラ見てしまう。ちょっと遅い時間になったしな。バンドをケツなしに付け替えて、右奥のちょっと暗めのスペースに入り込むと、小柄な普通体型がその奥の突き当たりに陣取った。よく見るとケツなしか。丸い顔でちょっと若いのかなって思っていたら、目の前のカーテンを開けて入っていった。誘っているのか。俺も入って向かい合う。ま、全然そそらない普通体型だし、顔もそう大していいって感じでもないしな。一応乳首を弄る。あっちも弄るけど、何かね、そんな気持ちいいって感じでもないし、チンコを握ってみたが、まあ小さいし全然フニャッとしたまま。俺のが猛々しくなって乳首もそう言いつつも結構感じちゃっているのとは全然違う。「さっき一回イッちゃったから。」だそうで。なるほどね、じゃあ感じてるんだ?「結構。」ま、成り行きってのもあるんで向かいの個室に入った。

 

marasite(77)

20時半に入る。ジム割で1,200円を払って、タオルをもらった。受付に、「アンダーウェアか手隠し」って書いてある。もう、ミニタオルとかまどろっこしいのを止めたのかな?アンダーウェア履いているのなんて2人くらいよ?15人くらいかな?そんな人がいるわけではない。胸板が厚いのもまあいるけどね、いるにはいるが、腹が気になるわ。顔はそこそこ男前ではあるんだけれど。胸が厚くて腹筋バッキバキの一際目立つウケもいるんだけど、それが残念ながら顔が結構厳しい。白髪だし、よく見なくても60歳くらいなんじゃない?って顔立ち。もったいないよな、実に。そもそもマラサイトって年齢制限ないのかよって話もあるが。しかし、こんなご老体であってもこれだけの肉体美にできるってことだから、すごいよね。ま、ヤリ部屋なんでさ、ギャップが克服できるかって話になる。あとはその他大勢って感じ。ガリガリなのが3人くらい、あとは普通体型から太めって感じ。これでも顔が良ければ救いがあるって言うものだけれど、全然。不細工ばっかり。

 

HAAARD(133)

乳首を弄り合う。まあまあ大きめなのね。彼は俺のチンコを握って「でかい。」って言って苦笑している。彼のチンコはそこそこ大きいけれど、若干細いかな。彼を仰向けに寝せてキスをし、チンコを扱きながら乳首を弄る。「イキそう。」だと。もう?イキたいのか聞くと、イキたいっていうんで、さっさとイカせた。あっけないわ。シャワーを浴びる。またトレをするけれど、この時間だとデブ二人がまったりトレしている。21時か。長居しすぎた。

 

HAAARD(132)

ま、いいや。2階で立ったまま涼む。前にヤッたのが来ている。またやろうと言っておきながらやらないけどね。気まずいが、前ヤッたからってまたヤルとは限らないのがこの世界なもんで。さすがに汗をかいたので、いったんシャワーを浴びた。さっきの吊りパン、もうアンダーウェアになったのはいいけれど、足を引きずって歩いていて、こんなんでどうやってヤルつもりなんだか、またそれよりもこんな怪我した相手とヤリたいなんて思うんだろうか。と、素朴な顔立ちをした若い普通体型が通りかかった。別にって感じだったが、1階でも見かけたし、右足にキーだったし、どうもヤリたさげな感じだったから、ちょっとだけ触れてみたら横に来た。目の前の個室に入る。

 

HAAARD(131)

info_haaard_04.jpg
18時過ぎに着いた。ジム割1,200円を払って入る。今日は着衣デーと書いてある。そんなんだったっけ?まあ、見ると、例としてケツ割れ、トレユニ、スポユニ、ラグパン、スパッツ、 吊りパン、UA、六尺、 褌、 ガテンと書いてある。幅広いけれど、貸し出すとも言ってないし、わざわざ持ってくる人なんているかねと思ったら、一人、長髪の若いイケメンがクリーム色の吊りパンを着ていた。あとはケツ割ればっかり。1階に行くと、その吊りパンがガンガンマシンをやっている。着たまま?汗とかビチョビチョにならないか?なんか暑いなと思ったら扇風機止まっているし。大体、この建物の中で入口が一番涼しい。まあ、今日はそんなに人いないから、こっちもひたすらいろいろトレをする。さすがに暑いのか、上半身だけまくりだした。よく見ると、左足怪我しているし。

 

BUMP(296)

中に入ったが、まああまり人気がない。シャワー、今はもう7人並んでいるんで、ちょうど皆が終わった頃に俺が入ったってわけか。見た顔も結構いる。顔見知りって言うだけで別にヤッたことはないか、あるかもしれないけれど忘れている人ばっかりだが。せいぜい10人いるかいないかってとこかな。個室も半分以上空いている。空調を入れていないからか、ちょっと暑くて腋汗が垂れてくる。というか、ここ最近、遅い時間ってタチがやたら余る。リバはいないし、ウケも1,2人しかいないぞ。こういうときってタチはなかなかいいのが揃っているんだけれど、ウケはこりゃいいわって感じのばかり。で、タチはヤリたくて苛立っているのか早足で奥の方へ行って、足早に戻ってきて外に出るというのを繰り返す。何回見たっていないけど。タチ同士でヤルってこともないしな。21時を過ぎるとデブ度が高まってくる。こりゃないわってことで帰ることにした。

 

BUMP(295)

20時半に入った。ちょっと遅くなってしまったわ。ジム会員証を提示して1,200円を払うとタオルを渡された。今日は手隠しデー。いつ全裸という表記になるんだか。シャワーを待つ。右正面壁に貼ってある蝶ネクタイしたマッチョ3人組の中央の奴、誰かに似ているなって思っていたらボクシングの村田諒太か。村田を田舎っぽくして肉付きをよくした感じ。だったら村田を貼れよって感じもするが。シャワーもちょっとドキドキしたが、今日は排水溝の中に何もなく、ホッとする。

 

HAAARD(130)

俺の背丈が彼の首くらい。カラダがデカいからその分胸板が広くて厚い。揉むとユッサユッサしている。乳首を弄り合う。俺のチンコを握ってデカいと言っている。彼のアンダーウェアを脱がす。まあまあな大きさでちょっと湾曲している。彼を寝せると乳首を責める。チンコがビクンビクン跳ねている。今度は俺が仰向けになると、彼が乳首を責めてくる。「先の方が感じる?」とか俺の反応を見つつ責める。ついさっき乳首責められてイカされたばっかりで、敏感になっているところでさらに責められたから、カラダが感じすぎてブルブルガクガク震えて歯の根も合わないくらいになってしまって、ビクビクと跳ねるように反応してしまう。乳首で感じすぎだろうってくらい呻くような喘ぎ声になる。「ずっとヤッてられるよ。」と延々と乳首を交互に舐めて責めてきて、散々ヨガらされた。で、彼が俺の横に寝て、乳首を舐められながらチンコを扱かれる。俺は厚い胸と太い腕を握りしめながら、そして久々の腕枕をされて太い腕に顔を埋め・・寸止めをする予定だったみたいだけれど、こらえきれずにイッてしまった。やっぱこういうの弱いわ。で、彼は左乳首が感じるというので舐めながら扱いていると、すぐに彼もイッていた。

 

HAAARD(129)

ま、シャワーを浴びて帰ってもいいんだけれど、まだ20時前だし、折角だからもうちょっとトレしようかな。と、筋肉ムキムキの若いのが着替えている。彼も右足首にキーつけているじゃんね。トレを簡単にしてから上に上がるとさっきの水泳体型のウケがピタッとそのムキムキの横に引っ付いている。何、タチなのにケツなしもイケるんだ。ま、いいわ。また2階が涼しいんで金網に手を絡ませて立っている。特段これってのはいないわ。前にバンプにいたしつこく触ってくるのが来ている。普通体型とヤル気は起きないんで。と、年齢がそこそこいった顔つきのオヤジが、なかなかいい胸してんじゃんね。やっぱ腹が緩かろうが、厚い胸に見とれてしまう。ん?キーを右足に付け替えて、俺の隣に来た。何、俺狙いなの?近寄って触れると、ここは音楽がうるさいからと3階の暗めの個室に移った。

 

HAAARD(128)

18時半か。お、右足にキーがいる。レイザーラモン住谷を小柄にしたような感じ。カラダつきがゴツゴツして腹筋が割れている。前にヤッたよな?2階のビームがピカピカ舞い飛んでいるところが涼しいので立っていると、その彼が前を通ったので俺から手を出した。彼も立ち止まって、左端の個室に入った。前にヤッたところよりは明るくて顔がそこそこ見える。また、前と同じように壁に頭をつける感じで仰向けに寝る。右手首にはバングルをつけている。乳首を舐めると顔は全然変わらないけれどカラダは時折ビクついている。胸も結構厚いんだけれど、硬くないんだよね。腹はゴツゴツしているのに。彼は時折俺の胸板を握り、と、彼も俺の乳首を弄ってくる。で、今度は俺を仰向けにさせて上に乗って、早くもローションを塗って、チンコを重ねて扱いている。乳首をずっと弄られてチンコをこんなに扱かれてはたまらない。で、抱きつくと今度は彼が仰向けに。ここぞとばかりに乳首責めをする。彼が体勢を変えようとするけれどそうさせず、また乳首を弄ってくるので腕を上の方に追いやって、乳首を舐めつつチンコを扱くと「くすぐったい」と止められる。で、もう力業で俺を仰向けにしてチンコを扱かれる。たまらずカラダを捩って声を上げてヨガる。そして、起き上がって向かい合った形になると、彼が左の乳首を舐めてチンコを扱いてきた。イキそうだと手を掴むも手を止めない。で、あっけなく大量に白濁した液を出してしまった。

 

HAAARD(127)

info_haaard_04.jpg
18時過ぎに着く。1,200円を払って入る。早めに入ったんだけれど、そこそこ人がいるわな。まあ、1階は人いないので、当面は一人で黙々とトレを励む。昨日ジムでトレして若干筋肉痛気味だけれど、マシンが違うからか全然平気だ。受付を通るとスタッフが中国人らしき人に結構流暢に英語で説明。なかなかやるね。だから外国人が結構来るんだな。それにしても、今日はデブオヤジばっかり・・と思ったら、一人そこそこ顔もイケていてカラダも水泳体型できれいな・・タチだ。なんだな。あとは特段これって言うこともない。いつもの上野感満載な感じだ。1階に行くと、2人くらいいたが、普段から鍛えているってカラダでもないし。ベンチプレスした後に自分で胸揉んでいるが、見た目ぷよぷよだけどな。上に上がろうかと思ったら、スタッフから声をかけられる。使った重りを戻してくれと。俺、使ってないし、使ったら戻しているよ。たぶん、中国人っぽいのが使っていたからそいつじゃないかね?大体、重りは元に戻せって日本語で書いてあったって分からないっしょ。

 

BUMP(294)

田舎っぽい朴訥とした顔立ち、胸は思ったよりあるわけではなかった。肩の辺りは硬くがっしりしているけれど、腹回りは締まっていない。チンコはちょっと細めだけれど、もうカチカチになっている。正直、そんなタイプでもないなと早い段階から思っていた。全然俺の乳首を弄ってこないんで、こっちから手をあてがう。で、彼が仰向けになる。キスを交わしつつ、何か全然気乗りしないんだけどなと思いながら乳首を舐める。「こっちが上に乗りましょうか?」というんで、体勢を入れ替えて俺が寝て、彼が俺の上に跨がる。ちょっと入ったけれどすぐ抜いたりとか2,3回繰り返して、ようやく入れる。で、「腰を動かして。」っていうんで、下から突き上げる。彼がカラダを徐々に向こう側に傾けていっている。ああ、正常位でヤリたいのね。でも、大してイケていない顔や締まっていないカラダを見つつ、セックス続ける自信はないんだけど。向き合って乳首を舐めたりしていたが、寝よう寝ようとしているし、仕方がないわ。「イキそう?」と聞かれるけれど、もちろんイキそうなわけもなく。唾を付けて乳首を弄ってくる。何回も「イキそう?」と聞かれる。こちら待ちか。「腹の上にかけて。」って無理だしさ。ほどほどにして切り上げる。
シャワーを浴びると、さっきの白人がカーテンの外側で立っている。明るいところで見ると筋肉隆々じゃんね。こっちだったなと思ったけれど、白人が奥の方に入っていって、若くてカラダの締まったウケを連れて個室に入っていった。何、ウケではなかったのか?というか、咄嗟の判断ミスだった。21時過ぎてたし、後は本当にロクなのがいなかったので、帰ることにした。

 

BUMP(293)

さっきの胸板厚いタチが通路でイチャイチャしている。何の変哲もなさそうな感じだが、こんなのが好みなんか。しかし断られていたけれど。カラダのデカい白人のウケが入ってきた。筋肉がすごいわ。けど、カラダデカいから扱いにくそうだよな。奥の薄暗い通路で立っていたら、俺の右隣に来た。腕とか胸板もメチャメチャ厚いし、顔もプーチンみたいで若めだし悪くはないんだけど、白人とコミュニケーションを取るのも面倒だしなと逡巡していたら、ガッチリ系のウケが俺の目の前をカラダをこっちに向けて通った。ちょっと触れてみたら、目の前の個室にちょっと入ってこっちを見ている。彼のチ首を弄ると喘いでいるので、奥に押し込んでドアを閉めた。

 

« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いています。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。初めて来た方は、カテゴリを選んで読んでいただくことをお薦めします。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR