FC2ブログ

男が欲しくて三千里~男日照りでカラッカラさ!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

DICK/DOGG(1)

info_diggdogg_02.jpg
巣鴨駅を降りて、徒歩1分との記載。じいさんばあさんの集まるメイン通りとは反対側の小路に入り、鳥貴族、牛角、・・飲み屋とピンサロ?都内ワンフロア最大級とあるからこの建物っぽいんだけれど・・。スマホからホームページを検索しても3階くらいしか書いていない。大豊ビルと書かれている古ぼけた建物の裏手に階段とエレベータがあったので、3階に上がるとお目当てのディックドッグの看板が。入るとまず靴をビニール袋に入れて靴箱に入れる。親切にも、奇数が上段、偶数が下段と書いてある。やっぱり上段の方が利用率いいな。周りをウロウロしていたら20時近くになってしまった。受付でジムの会員証を提示し1200円を払うと、手隠しデーだと言われてタオルとキーをもらった。カーテンを開けて入るとロッカーだけれどそこそこゆったりしている。右側がトイレとシャワールーム。二つもあるんだ。で、シャワ浣用らしきノズルまである。ダメって言ったってどうせするもんね。
スポンサーサイト
[PR]

 

DICK/DOGG(2)

入ると確かに広いけれど、広ければいいって言うものでもないし。セクフレから暗いとか聞いたんだけれど、部分的に多少くらいところもあるけれど全体的には顔もはっきり見える程度の明るさ。どっちかっていうと明るい方だわ。個室もやたらあるし、ケツ掘りブランコも複数あり、尺八コーナー、誰専スペースや二段ベッド、カーテン越しのミックスルームと盛りだくさん。なかなかいいじゃん、ここ。いつもヤッているチビマッチョの姿が。でももう帰るらしい。セクフレも来ないと言うし。平日のそこそこ遅い時間だけれど10人ちょっといる。個室はポツポツとしか埋まっていないけれど、ところどころで喘ぎ声が漏れ聞こえてくる。客層は極端な体型はいない。デブはまずいないし、中肉中背体型が半分と筋肉質が半分。一人だけ若くて背の高いガリガリがいるけれど、スリムも全然いない。場所柄20代って感じもいないが、50代って感じのもいない。一人、ワイルド系で胸もメチャメチャ厚い、これはモテてモテて仕方がないだろうって感じの奴が回ってくる。と、どう見ても中肉中背って感じの輩がぞろぞろとその後を付いてくる。袋小路に行ったところを襲うのだろうか?まあ、今日はあまり時間がないのですぐに帰った。また来ようっと。

 

DICK/DOGG(3)

飲み屋の間をすり抜けて、20時半前に入る。前にもらったチケットで1,000円で入ると、またチケットをもらった。その曜日に来ると毎回くれるのか。けど、有効期間が2週間しかないけど。トイレに入ったら、予備のトイレットペーパーはあるけれど、洗浄した後のケツの穴に使う用であって無駄遣いするなと書いてある。・・他に使い道ないんだけどね。浣腸は100円なんだそうで。ウケのことはよく知らないが、水洗浄だけじゃ出ないものかね?で、シャワーを浴びると、上の方にケツ洗浄用と普通のシャワーのどちらも接合部が強力な接着剤を使っているので、無理に外そうとすると壊れると書いてあった。盗む人がいるってことか?でも、それって盗んでどうするの?家にシャワ浣付けるのか?あと、亀の子たわしも気になるところ。清掃用?これでカラダを洗うのか?用途がちょっと分からない。

 

DICK/DOGG(4)

info_diggdogg_02.jpg
中に入る。今日もそんなに人がいるわけではない。というか、会話がくぐもった声というか結構大きめに聞こえてくる。どうも休憩スペースかららしい。誰か音量を上げたとか?人がそんないないからって意図的なのかね?ミュージックも流れているから要らないって言うか邪魔なんだけれど。せいぜいいるのって10人くらいだろうか。先週見かけた人もいるし。でも、今日はチビデブだったりガリガリののっぽだったりと、極端な体型もいる。いいんだけどね。いいなって思う人はいつの間にかいなくなって、どうでもいいのだけが残される。シュッとした筋肉質が、普通体型の顔のあんまりパッとしないウケを選んで個室に連れ込んだ。消極的選択かな。21時過ぎたか。そろそろ選ばないとな。一応、顔は大していけてないんだけれど胸の締まった若いスリムがいいかなって思って。けど、なんか距離を置かれているし、来ようともしないし。期待薄だわ。でも、彼の前を通ったらケツを思いっきりペロンと触られた。何だよ。横に行くと手を握り返してきたんで、個室に入った。

 

DICK/DOGG(5)

向かい合うといきなりディープキス。思いっきり舌入れてくるじゃん、コイツ。ハード以来だわ。俺、舌をガッて入れてくる奴って好きではない。そもそも初対面だしさ。胸板も薄くて締まっているけれどチクチクするわ。胸毛剃ってんの?チンコ握って「デカい。」と何回も繰り返して言う。勝手に仰向けに寝ると、またもディープキス。唾液とか入ってくるんで止めて欲しいんだけど。彼のチンコは普通サイズで若干下に曲がり気味。しゃぶっていいか聞かれたので、しゃぶってもらう。どこが感じるか聞かれたので乳首というと舐めてきた。で、入れろと。入るの?と聞くと入るという。騎乗位から入れてと言ったら、騎乗位が分からないらしい。そういう体位で入れたことないんだ。たっぷりローションを塗りたくってから入れる。先しか入っていないけど?突いてっていわれたが、ゆっくり突けと。いや、ずっとケツが浮いた体勢だし、そもそも自分のタイミングでまずはズボッと入れてくれないと。ずっとこんな体勢が続いて、またもディープキス。いいよ、もうそれ。でチンコがケツから抜けたので、個室をさっさと出た。21時半か。人いないし、いい時間だわ。もっと早く来たらいい人いるんかな?

 

DICK/DOGG(6)

靴を入れて受付でチケットを見せて1000円で入る。横に出禁の画像が。退店時刻になっても応じず、0時半まで自慰行為をしていたので出禁だそうで。・・家でやれよという感じもするけど。今日もテカクシデー。月曜火曜は覆面デーなんで行きたくないから、どうしても行く日が限られてしまう。個室に入ったら覆面って脱ぐんかね?そもそもベネチアンマスクならまだしも覆面で迫られても萎えるし、どこの誰だかがつけた覆面はちょっとつけたくない。ふとロッカーを見たら香水禁止なんだとか。香水が嫌いな人もいるんで、つけるなら外でと書いてある。香水禁止は聞いたことないわ。デブスタッフの意向なのかな?

 

DICK/DOGG(7)

奥の部屋が閉まっていた。ケツ堀ブランコの部屋って開放されているんだと思っていたらちゃんと閉まるのね。二つとも埋まっている。20時半過ぎたあたりから閑散としてきた。大体動き回らずに座って待っている感じ。21時になると、また皆が活発に動き出す。ま、ロクなのいないからいいんだけど。常連の白縁眼鏡も、入口附近でスタンバっている。21時過ぎ、ようやく待ち合わせをしていた彼が来る。早速個室に入り、抱き合う。やたら抱きしめる力が強い。2年ぶりに会って、ジム通いをしていたせいで6キロ体重が増したんだそうだ。確かに厚みが違うけど、鍛え込んでいるって感じでもない、ガッチリ体型ってところか。「会えるとは思わなかった。」と。ま、俺もこんな時間まで待つつもりはなかったんだけれど、久しぶりだったんでね。けど、毎日のようにジムに行っているってカラダではなかったんで、ちょっとがっかり。

 

DICK/DOGG(8)

とりあえず寝せて、乳首を舐める。なんかね、乳首ちょっとデカめなんだよね。イケメンだから若い頃相当遊んだよな。彼のチンコ、メチャメチャカチカチ。こんな太かったっけ?「最近、勃ちが悪くなってきた。」っていうけど、ビンビンなんだけど。乳首をいじりつつ、しゃぶってみる。ま、太いけれど長くはないんでね、ちょうどいいサイズ。彼も俺の乳首いじってくるし。で、俺を仰向けにして乳首を舐めてくる。足首とか押さえられて動けないようにされつつの乳首責め。いやらしいわ。声を出してヨガる。で、俺のチンコにしゃぶりつく。腕が見ない間に筋肉質になったな。俺の胸を揉んで、また大きくなったんじゃないかという。そんなドンドン大きくなったりしないわ。で、また抱き合う。入れなくてもいいのか聞いたら、一応準備はしてきたんだけれど、サッと洗っただけだから入れなくてもいいんだと。乳首を舐めつつチンコを扱く。短いとなんか扱きにくいな。汁が出てきた。結構さらっとした感じ。「イッちゃうよ。」っていうんで止める。イカなくてもいいんだそうで。で、彼が俺を仰向けにしてまた責める。ウケのくせに俺のカラダに乗るのが好きだな。というか、入れられそうな感じだけれど。で、少ししゃべる。そういや、ゆっくりしていられないんだわ。またねといって個室を出る。もう22時半近くなってしまった。チャッチャとやるつもりが長居してしまったな。

 

DICK/DOGG(9)

info_dickdogg_004.jpg
17時半に入った。ハードに行こうと思っていたんだけど、見たら今日は全員覆面だと書いてあるんでね。顔が分からないのは嫌だわ。テカクシだと言われて中に。次回1,000円で入れるチケットをもらった。まあ、週末だからってまだそんなにいないわな。10人はいないか。ヤッている部屋も1,2室だし、金曜日だというのに閑古鳥が鳴いている。シャワ浣のヘッド、これ、金属部分をしっかり入れて使うんだよね、きっと。洗浄液とか言ってペットボトルの下半分をカットした奴に透明な液体が入っているけどさ・・このものを直接浸けるんだろうか?だとしたら1回で汚染されてしまうけど・・使いまわしは嫌だよね。。何か、一回一回取り外して使うような感じにはできないものだろうか?休憩スペースとダークスペースの間の入口のところに、チンコむき出しの人形がある。でも、よく見るとチンコ、全然リアルに作っていないし、チン毛もシャンプーハットみたい。もうちょっとだったな。

 

DICK/DOGG(10)

腹筋すごいのが一人だけいるんだけど、まあ早い時間だと模様眺めモード。普通体型もそこそこいるわな。動きはいいよね。段々人も増えてくる。背の低いスリムが俺の方を見ている気がする。奥の個室に入って行ったら、チビデブオヤジがサッと中へ。このままやられちゃうんだなと思ったが、出てきたわ。腹筋野郎は奥のケツ堀ブランコの辺りにいたり、二段ベッドの方にいたりしている。うーん、行って試してみようかな。でも、全然こっちに来ないし、脈なしかな、とか思いつつ、俺も二段ベッドのところに。すると、さっきのスリムが反対側に来た。で、すぐにさっきのチビデブオヤジがアタック・・懲りないね。断られている。俺が手を出してみたら、好反応。反対側の暗めの個室に行く。

 

DICK/DOGG(11)

向かい合って乳首をいじる。乳首が感じるようだけれど、チンコは小さいし、硬くならないわ。ま、俺は逆にカチカチに。「デカい。」とやたらしごかれる。顔つきも幼いから、20代だよな、きっと。ウケだよね、入る?と聞くと、やってみないと分からないという。さっきロッカースペースでコンドーム取ってきておいて良かった。付けて、騎乗位から入れる。腰を振っていたけれど、やっぱ正常位がいいらしい。小柄な彼を抱きしめる感じでガンガン突くけれど・・疲れたな。汗でほんのりカラダが湿ったし。抜いてここを出ようとすると、彼がチンコを握ってきた。少し付き合うかなと思って彼と向かい合うと、珍しいモノを観ているかのようにジロジロ見られてこねくり回され、ローションを塗って扱かれる。「イキそう?」いや、こんなんじゃイカないんだけど、「大きい。」と言ってガシガシ強めに扱く。ヨガる俺を見て、さらにガンガンチンコを扱いてくる。俺は彼の方にしがみついて快感に浸る。「デカい、まだまだできそう。」何、入れられたいの?「第2ラウンド。」ゴムないから。「待っているから、持ってきて。」うーん、ヤルのは結構だけどさ、こんなにヤラれちゃったから、結構チンコ疲れているんだけどね、って思いつつもゴムを持ってまた個室に。

 

DICK/DOGG(12)

「乳首感じるんだ、ウケみたい。」とかなり年下に言われつつチンコを扱かれ、またもマックスに。で、また騎乗位から入れる。下から突くと、結構感じている様子だわ。だけど、やっぱ正常位なんだよね・・疲れるんだよね、正常位。黒いロープに足をかけて、俺の乳首を弄り出す。・・まだまだヤリたいのか、元気だね。俺、もう汗まみれでクタクタなんだよね。随分長くヤッていたけれど、ようやく解放。
まだ19時半前か。大分人も増えてきた。週末だもんな。ここって若いスリムもそこそこいる。俺が求めているのは胸板分厚いマッチョなんだけど。また二段ベッドのところで引っ込んでいると、かわいい顔をしたスリムが反対側に入ってきた。でも、ちょっとさっきの子よりは腹回りがあるかな・・チンコ、すげえ勃っているじゃん。そっちにいって握ってみたら、まあ異様に硬い。普通サイズだけれどタイ人レベルの硬さ。赤銅色に床とほぼ水平に勃っている。ま、個室に行くか。入口の方の明るい個室に入った。

 

DICK/DOGG(13)

乳首を舐めつつ寝せて、萎えているチンコにゴムをつける。「硬くないと付けられないんじゃない?」あのね、普通サイズのゴムって俺には小さくて、デカくなってからだとゴムがつけにくいから、この方がいいの、とかそんな説明はせず、で硬くしてから入れる・・痛がっているわ。抜いて、またチャレンジ。というかね、寝てるだけで別にこっち任せのバリウケだわ。「硬くならないね。」そんなね、勝手に硬くなったりするものではないんよ。出て、シャワーを。20時か。チンコもさっきガシガシやられたからかなり疲れ気味。それに、ずっと正常位でいろいろしていたから、ヤリ過ぎて、足が疲れたわ。翌日筋肉痛だな・・。

 

DICK/DOGG(14)

info_dickdogg_005.jpg
18時前に入った。奇数番号が上だと書いてあるんで奇数を探すが、結構キーがない。10個以上ないような。早い時間なんで、まさかこんなにはいないだろうと思うんだけれど。シャワーを浴びて中に。まあ、そこそこ人はいた。ここって客層はまあまあ若めなのでスリム系も結構多い。一番多いのは普通体型と中肉中背体型で、デブってのは見かけない。まあガッチリもデブっていやデブだけどさ。ザッと見てからロッカーに。Wi-Fiがあるんで設定する。いつもの位置で立つ。今日はマッチョや筋肉質ってのはいないな。右斜め向かいに黒縁の眼鏡をかけた色白のスリム体型のリバが。顔はそんなかわいいって感じではないが、カラダが引き締まっているよな。

 

DICK/DOGG(15)

コーナーに移ると彼も巡回してきた。カラダを見せつつ来るから気があるんだろうけれど、触ってこないな。何回も来るんで、こっちからちょっと触れてみたが、通り過ぎていく。その他大勢は俺のストライクゾーンにかすりもしないんでね。反対側のコーナーで立ってこっちを窺っているけれど、他の奴から手を出されている。先を越されたか、と思ったが、振り切っている。また来たからまたちょっと触れると隣に来た。目の前の個室が空いていたので、すぐに入る。さっきコンドーム2枚をがめてきたから準備は万端。彼は枕元に眼鏡を置いて、向かい合って乳首を弄り合う。チンコはそこそこ大きく、すでにカチカチになって上を向いている。見た感じの体格はいいんだけれど、胸板は思っていたほど固くはない。そっかぁ、うーん、って感じ。

 

DICK/DOGG(16)

軽くキスを交わしつつ乳首を弄ると若干感じている様子。彼も俺の乳首をずっと弄っている。チンコを握ると軽く液が出てきていて、それを亀頭に塗りたくると喘ぎ声を出してヨガっている。リバというのを確認して、入れたいか聞くと、大きいからなと躊躇。そうだよな。乳首を舐めつつチンコを扱く。ギンギンじゃんね。28歳のチンコって活きがいい。キスが好きらしく、キスをしていると結構喘いでいるし、チンコからも透明な液がドクドクと出てくる。「やっぱ入れてみようかな。」気が変わったらしい。結局入れるのね。ここのゴムは俺にチンコにジャストフィット。スムーズにはめられる。彼がケツをほぐしている間にチンコにローションを塗りたくって騎乗位から入れる。

 

DICK/DOGG(17)

かなりゆっくり入れて、途中で一休み。でも、結局入って彼が腰を振り始めた。ギンギンなチンコが俺の腹にペタペタ当たる。卑猥じゃない?俺が腰を小刻みに振り始めて乳首を弄っているとかなり感じている様子。で、俺の乳首を舐めてきた。彼のチンコを扱くけれど、「イッちゃうよ。」とすぐに止められる。そんなん感じのやり取りを数回繰り返した。また彼のチンコを扱いていると「イキそうだよ、イッていい?」というんで、そのまま扱いていると、呻き声と共になかなか濃そうな白濁液が俺の肩を超えて飛んで行った。抱いてキスを交わす。イッたのに全然萎えない。すごいね、タチったらガンガンやるんだろうねって聞いたら、相手が先にイクことが多いんだとか。俺のチンコを握って、この太さでも入るようになったと言っていた。
19時過ぎか。ちょっと人が増えた感じもするけれど、特段ヤリヤリってモードでもないんだよね、ここ。そのうち凪になる。さっきの彼も見かけなくなったし、20時になったので帰ることにした。

 

DICK/DOGG(18)

20時くらいに入る。チケット割で入ったのに、またチケットをもらう。この前金曜日に来たときは、金曜日だというのにスッカラカンだったからな。ま、今日も同じくらいか。ここって広いから、人がいないと余計に寒々しい。せいぜい10人いるかいないかってくらいで、個室も全然埋まっていない。若い筋肉質同士がさっさと個室に入っていったので、余計に寒々しい感じがする。20時だもんな、ちょっと遅いか。まあ、客層は若いし、ヤリ部屋にしてはキレイなんだけれど、なんせ巣鴨だからな。こんな集客でやっていけるんだろうか?俺と同じくらいの背丈のスリムが何となく俺の前を頻りに通っている感じがする。俺がコーナーの辺りで立っていると、ちょっと触れてきたので目の前の個室に入った。

 

DICK/DOGG(19)

もう予めゴムを持ってるしね。胸は全然ないな。腋も毛がない。剃っているんだとか。最近の若いのは剃るよねって言うと、若くはないそうだ。何、若くもないのに剃っているの?パイパンとかしてみたいが、病気を疑われてもいけないし、生え揃うまでに時間がそこそこかかるから踏み切れないと言っていた。しゃぶったり一通りすると、もう俺のチンコにゴムをつけ始めている。騎乗位から入れてもらう。ま、スリムというか普通体型だよな。あんまりカラダをまじまじと見ちゃうと萎えてしまうから、見ずにいると、俺に覆い被さってきた。しかもずっと。疲れた?ま、俺も下から小刻みに突き上げるけれど、この体勢がもしかしたら当たるとかか?カラダつきはなかなかガッチリしていて抱き心地がいいわ。バックで突いて欲しいと言われた。そういや、通路で俺が背後から抱きしめる形になっていたわ。バック希望ね。この前も誘っているのに全然乗ってこないとか言われたし、俺って相当勘が鈍い。ま、バックはちょっとね、背中に欲情するわけじゃないからさ。で、抜いて、俺の脇に寝て、俺のチンコを弄りつつしばらくしゃべる。ヤリ部屋の話だけれど、まあここに来る奴って行っているところが被るよね。ここ、月曜火曜の覆面の日は結構混雑するんだとか。覆面もフルマスクだっていうし、脱いでいるのはイケメンだけで皆被っているらしいから、なんかね。でも、皆覆面好きだよな。

 

DICK/DOGG(20)

info_diggdogg_01 (2)
20時半前に入る。奇数番のロッカーを選んで靴を入れて、タオルをもらって中に。この時間ってバンプだったら間違いなくドアの外で待っているくらい混んでいるんだろうけれど、ここはね、バンプより広々としているけれどもスカスカ。まあ、ロッカーもそこそこあるし、トイレもシャワーも2台ずつあるし。トイレやシャワーって、ウケの人にとっては時間がかかるから結構気にするもんね。で、中に入るが、まあいつもどおりというかそんなに人がいないわ。10人くらいかな?それもほぼ普通体型の人ばっかり。せいぜい若いスリムなウケがいるんだけれど、顔はまあまあなんだが体毛がすごいんで躊躇している。どうしよっかね。と、背後の暗いカーテンで仕切られた部屋から、俺よりちょっと背丈が高くてなかなかカラダつきのガッチリしたのが出てきた。リバか。で、すぐに目の前の暗いスペースに入り込む。誘っている?で、すぐに出てきたかと思うと俺に手を出してきたんで、俺も触ると抱きついてきた。慎重なのか、人に見られたいのか知らないけれど、しばらくこの体勢のまま。で、奥の個室に入った。

 

« »

12 2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いています。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。初めて来た方は、カテゴリを選んで読んでいただくことをお薦めします。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR