FC2ブログ

男が欲しくて三千里~男日照りでカラッカラさ!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

W.U.(1)

info_WU02 (2)
今日は仕事を休んで野暮用を済ませ、17時に入る。
・・いない。3人しかいない。
しかも、一人すっごいおじいちゃんみたいなのがいる!!
ここ、45歳までOKなんだっていうけれど、見た目・・6,70くらいなんだけど。
ここ、ハッテン場にしては妙に明るいから、結構後で・・俺、やっちゃったぁーみたいなことがない。
ないことはないかもしれないが、可能性が低い。
手を出すのがちょっと恥ずかしい明るさではあるが。
乙女心を考えろって(>_<)。

しばらくボーッとしている。
1時間半が経過する。
来なさすぎだろ。
帰ろうかなモードになってくると、ちょっと身体の引き締まったカッコカワイイ感じの奴が。
個室の方に立ってたら、そいつも来たんで誘ってみた。
スポンサーサイト
[PR]

 

W.U.(2)

最初はお互い乳首責め合いで・・かなり乳首が感じるらしい。
集中して責めたらどんどん声も高く大きくなって、最後は泣き声みたいに。
責めすぎて汗ダクダク。。
チンコに互いにオイル垂らしてしごきあい・・どっちも溜まってるから、すぐに待ったが。
床のマットはもうオイルでベチョベチョ。
気にせずひたすら舌で乳首を転がしてた。

 

W.U.(3)

かなり時間経ったんで、そろそろイク?
「ぶっかけて欲しい。」
・・そんなんばっかだな(^^;)。
いいの?
で、胸にぶっかけた。大量に(^^;)。
「すっごくいい臭い。興奮する。」
で、奴もしごきだしてフィニッシュ!
っていうか、俺の精液ってそんな臭うかな・・。
1時間半もやったの、久々かな。

 

route66(1)

27bcc31f68816f182507ce957597709f--sexy-guys-sexy-men.jpg
秋葉原にルート66というハッテン場がある。ハッテン場というか、もう通路の両脇と突き当たりがヤリスペースという、何とも小さなハッテン場。要するに、待って品定めをするようなスペースがない。薄暗いけれど、どうしたらいいんだか迷う。
ペア割ってシステムがあるんで、結構ラブホ代わりに使っていた。入って右側が個室のようだけれど、敷布団が敷いてある。触ると湿っていて、まあ寝ころぶ気がしない。寝待ちもいるし。そこはきっときれいなのだろう。
だいたい5,6人くらいしかいないんでガラガラ。空いていないってことはない。奥はおそらく乱交スペースっぽい。左側は座ってやるスペースらしい。まあ、ヤリにくい。客層は若いんだけど、なんていうか、ヤリに来たってよりは、暇つぶしに来たんだかって感じのムード。交通の便がいいから利用していただけだけど、あんまりハッテン場としては面白みがない感じ。

 

W.U.(4)

info_WU01 (2)
最近異様に寒い。氷や霜柱なんて東京では見られないから分からないが、ちょっと外にいただけで体の芯まで冷え込む。
年のせいだか、天変地異だか、冬だからか・・
年のせいだな、きっと(>_<)
分かっているさ、そんなの。
さらに寒っ。

最近結構盛況のような気がする。
で、いつもだとブヨブヨやガリのおじさん達がたむろしているんだけれど、今日は・・2人ほどいい感じのがいる。
2人だけだけどね。
一人はよく見かけるソフトウルフ系のメリハリのあるスジ筋。
犬顔で色白で、体毛も薄いし、なかなかいい感じ。
もう一人は筋肉質で、顔はあっさりした感じ。
スジ筋の方はすぐに相手が見つかるんだよね。さすがというか。20代前半っぽいもんな。
俺が唯一の暗い部屋で待機してたら、奥の部屋に入っていく。
・・俺を誘ってるんかな??
いったん見て、ちょっとしてから入ってきたから俺のことを分かってるんだよな。

 

W.U.(5)

でも、年離れてるとなんかね。。気恥ずかしいものがあるね。。
だいたい、セックスとか年齢差があったらどうしよ。テクニック古って思われたら・・
って考えてたら、さっきの筋肉質野郎と一緒に入っていった。
うーん、ハッテン場で考え事は禁物だ(>_<)

しょーがないからハッテン部屋のソファでくつろぐ。
対角線にジャニーズ?みたいなイケメンが座ってる。
店内に流れるビートにちょっとリズムを取りながら、なんか考え事しているみたいな。
うっかりするとヨダレでそうなくらい見とれて(^^;)、用もないのに出入りする。
全然そこから動かないし、誰待ちなんだろ。

 

W.U.(6)

・・21時くらいから全然やりたいって人が来ない。
ガタイはいいけれどブス(ごめんよ)で毛深かったり、・・あとは書いてもねって感じの人たちで。
若いガリがハッテン部屋入ってせんずり扱いてる。
イケメン見ながらせんずりか。ちょっと俺には・・みっともなくてね。
隙間から覗いてってんならやってるけれど、正面切ってはちょっと・・
やっぱ若いのが好みなんかなぁ。

 

W.U.(7)

と思いつつ、22時近くになったんで、帰ろうかなと思ったら、前にやったことのあるスジ筋が。
顔ちっちゃくて、かっこかわいい感じ。
電光石火の如く手を出して、長いすのある部屋に。
すごく乳首が小さくて、ちょっと触れただけですごく感じてる。
最初のうちは遠慮がちに、俺に聞こえるくらいのかすかな声で、
次第にもっと求めるかの如く、声が高まっていく。
泣いているのかと思うくらいに。
腹筋もうっすらと見えて、触ると筋張ってコチコチになっている。
臍のあたりから、うっすらと股間の方まで毛が続いている。
チンコもはち切れんばかりに怒張して天を向いている。
ラッシュ(まだ売ってんの?)を吸って、キスを求める。
セメダインの香が漂い、カラダは波のように揺れ動き、抱きかかえなければ崩れてしまいそうなくらいもたれかかる。
そんな声に俺も・・俺の方が先にいきそうなくらい。
キスを間断なく求め、俺の精液を胸にかけろと乞う。
俺もラッシュのせいか、全身が敏感になって、ちょっとした刺激で射精した。
ドクドクと彼の胸にかかる。
立ちこめる臭いをかぎ、彼も高い声を出して射精した。

 

W.U.(8)

前にもやったことがあるような・・品川のジャンクションでそういややったよ!
ってことで、ちょっとまったりしつつしゃべった。
といっても大した内容じゃないけど。
もう遅い時間だったからそんなにしゃべれなかった。

イケメン君、まだ獲物を物色中だけど、もうおじさんしか残っていないような。
ああ見えて、結構絶倫なんかな?
個室の前のスペースに行ったので、ちょっと様子見に行ってみた。
・・亀頭なでてるし。誘ってる?
小さな個室に入ってチンコしごいてるよ。
俺だけじゃなくてなんかギャラリーが集まってるし。
急いで入って、おじさんたち(俺も人のこといえないが)を追い出して鍵をかけた。

 

W.U.(9)

近くで見るとチョーかっこいい!
顔見ただけでチンコがいきりたってしまい、何かチョー恥ずかしい。
で、イケメン君、俺の乳首なめてくるし・・
俺、いったばっかなのにちょっとやばいかも。。
広い部屋に移ったら、彼はすっごい責めてくる。
チンコを押しつけて、いやらしい腰使いで挑発する。
俺も乳首を責めると、結構いい声で喘ぐ。
イケメンだけに声もきれいで、もっと泣かせてやりたいって気分にさせられる。
キスも優しい感じで、唇で唇を軽く包み込むように、ソフトタッチで。
時には責めて、時には受け入れて。こういう感じに弱いかも。
一発やっといてて良かった。
お互い責め合って、感じ合って、高揚してほぼ同時にいった。
寒いのに、お互い汗だくになって。

 

W.U.(10)

で、向かい合うと照れる照れる。
俺なんて全然顔見れなくて、使い終わったティッシュケースを折りたたみながら、終始うつむき加減で。
喘いでるときも、シリアスなときも、笑いかけてるときも、イケメンはやっぱりイケメンだね。
さっきキスなんかしちゃったよ。
っつーか、俺のチンコ、イケメンにしゃぶられたし。
珍しく頭脳と下半身の意見が一致しているような。
しばらく洗うの止めよっかな。。
いつまでも空間を共有していたいと思うけど、もう23時はとっくに回っているだろうし、泣く泣く部屋を出る。

 

W.U.(11)

シャワー待ちしてると、ブヨブヨなオヤジがしきりに手を出してくる。
なんだよ、折角いい気分に浸ってんのに、触るなぁ!
ずっと近くをうろついているんで気を抜けない。
というか、もう俺ら以外にいないんで、帰れよな。
さっと着替えるとたまたまイケメン君と帰るのが一緒に。
千葉方向だって言ってたから、帰りは違うんだろうけどね。
出たところで、メモ用紙をもらった。
そこには携帯のアドレスがぁぁぁ!
俺が帰るのを待って、手渡そうと思ってたんだってさ!
マジで?ヨッシャー!って心で叫んだね!
神よ、今までなおざりにしていてごめんよ。
祈るから、これからちゃんと祈るから、夢にしないでくれぇい!
かといって、・・もしかして結婚詐欺!?と、うまくいき過ぎな自分に疑心暗鬼だったりもするのだった。
メールもらっただけだろと突っ込む自分がいたりと、なんか頭の中が混線状態に。
イケメン君、君は罪な奴だよ(>_<)

 

W.U.(12)

info_WU01 (2)
19時半過ぎに入った。
レイアウトを変更してから客の入りが多くなったような。
結構通路が埋まっているけど・・全然個室が埋まってない!
単にヤレてないだけか。
ざっと見たけど、マッチョとスジ筋、筋肉質が一人ずつ。
あと、特に・・。
サリーちゃんの友だちのよしこちゃんに似た奴、よく見るねー。
毎日通ってんのかな?ヤッてるの見たことないけど・・。
・・。全然身動き取れないし、やれそうにない。
隠れたり、二人きりになれるようなスペースないから。
構造上の欠陥だね。
なんか、誰が気に入ってるとかこういうのがタイプとか分かるといいんだけど。
ロッカーキーじゃよく分からん。
チンコの反応見るしかないけど・・、誰も反応してないし。

 

W.U.(13)

・・時間ばっかり経って、人も減ってきた。
ヤレてないのに。
マッチョ系はイケメンなんだけど、あんま好きじゃないかな。
筋肉質なのはちょっと背が低くて胸毛生えてて・・。
スジ筋は腹筋とか固そうだけど、若いし。
やりたくない奴とやってもなー。
で、一人で個室に入っちゃう奴いるんだよね。
誰待ち?みたいな。
あんなん、一人で勝手に入ったところで誰も入ってこないじゃん。
って、イライラして振り向いたらビクッてされたし。
よしこちゃん、結構コーナーとか奥のスペースとか、居着いちゃうんだよねー。
よしこちゃん、ときどきチンコ触ってくるから、気抜けないし。

 

W.U.(14)

スジ筋の奴がまた長椅子のある暗い部屋に入った。
よしこちゃん、ずっとそれを見てたけど、どっか行っちゃった。
気になったんでそのスジ筋の奴を見たら、オイルをとって、暗闇で反り返ったチンコしごきだした。
このスペースに俺しかいないし、たぶん、誘ってる・・よね?
俺?とか思いつつも、ぎこちなく部屋に入ってチンコ触ってみた。
喘いでるから、ま、俺でもいいんかな。
鍵かけた途端、個室に取り付けてあるライトをつけた。
すっごい明るいし、くっきり浮き出た大胸筋とかモコモコした腹筋あたりがいやらしい。
わざわざ明るくするのは自信あるんかな。
「俺、どんなことさせられても恥ずかしくないっす。」

 

W.U.(15)

・・。
そう言われた俺がかえって恥ずかしいような。
年下で、こんなカラダつきだと、責め甲斐があるね。
乳首感じるみたいで、結構ビクビクよがる。
チンコもヘソに付くくらいそそり立って、オイルでしごくと、声がますますでかくなる。
なんか、俺のチンコをケツの下にやってしごかれるのが好きみたい。
「当たる、奥まで当たってる!」
なんて、まるで掘られてるみたいな言いよう。
ギュッて抱きしめたくなるようなウエストの細さ。
腕も細いのに、コチコチに盛り上がった大胸筋。
ビンビンに立って萎えないチンコ。
「まだ、もっとやりたい。」
っていいつつも、
「まだ大丈夫ですか?」「疲れてない?」
とか気遣いもするし。
かわいらしい。

 

W.U.(16)

「誰狙ってたんですか?」
いや、狙ってはないね。
「俺には素っ気なかった。」
そんなことはないと思うけど。
「さっき部屋で待ってたのに、どっか行っちゃったし。」
・・。部屋にいたら分かんなくない?
第一、どんな人がタイプ?俺じゃないっしょ?
「筋肉質で、チンコでかい人。」
俺、平常時チンコ普通だけど。
「なんとなく。俺の勘、当たり。大抵、すぐ抜けちゃうんだよね。」
平均的な長さだと思うけど。
「デカいよ。18センチくらいある?」
ないって。俺、チンコデカいイメージとかないし。ないはずだし。

 

W.U.(17)

スジ筋って、乳首にちょっと毛が生えてたり、日サロでこんがり肌がやけてたり、ヘソの下のギャランドゥが剃られてたりってなんかちょっとしたことでもいやらしく感じる。
オイルを取ってる間も、自分でチンコしごいたり乳首いじったりとか。
ときどき俺を責めたりなんてされると、いつもより余計感じるし。
「ああ、俺、すぐイッちゃうよ。」
「イキたい?」
「まだ、イキたくない。もっと。」
なんか、ずっと朝までこんなんしてたいけど、時間が、ね。平日だから。
「一緒にイキたい。」
二人で責め合って、仲良くイッた。
すっごい声出して、チョコレートのように割れた腹筋に精液がかかって。
ちょっと溜まってたから大量に出たかな。

 

W.U.(18)

info_WU02 (2)
19時頃入る。
水曜だから、そんなに人がいるわけではない。
ヤルとしたら胸の厚い、ちょっと背の低い真ん中分けくらいかな。
なんて思ってたら他の奴と個室に・・。
ボーっとしてるもんじゃないね。
特段したい奴も現れないので、今度は普通にボーッと過ごす。
1時間半くらい経って、坊主で髪の後退した、松坂をもっと不細工にした感じの奴が入ってきた。
前はしょっちゅういたのに久しぶりに見た。
なんか、胸板厚いのは変わらないけど、腹がそれ以上に出て、垂れ下がってきてる。。
年と重力は怖いね。。

 

W.U.(19)

次は、髪がちょっと長くて背の高い、ガタイのいいのが入ってきた。
腹も締まってるしなかなかいいかなって思い、こっちから手を出してみたら、すぐに個室に。
胸板厚いし、乳首も感じるらしい。
「噛んで。」「つまんで。」とか、ちょっとM気があるみたい。
乳首小さいし、厚い胸板にちょっと埋まってる。
デブが陥没してるってのは見た目みっともないけど、マッチョ系はちょっとエロいね。
けど、埋もれてるのを甘噛みするのってなかなか難しい。
吸い出さないとね。
でも、乳首って立つんだってマジマジと思った。
しばらくやってたら、乳首がくっきりと出てきた。
向こうもそれなりにうまいし。
ローション使ってやり合ってた。
「イクとこ見たい。」
見せたけど・・あんま溜まってなかったんで・・
期待はずれだったね。
向こうは元気良くて、俺の胸まで飛んだ。

 

« »

12 2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いています。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。初めて来た方は、カテゴリを選んで読んでいただくことをお薦めします。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR