FC2ブログ

男が欲しくて三千里~男日照りでカラッカラさ!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

Blazer(1)

info_blazer_01.jpg
17時過ぎに桜木町駅に着いて、南口から降りると野毛ちかみちと言う、おそらく近道と地下道をかけたのだろうというただの地下道をとおり、南B2出口を出て直進する。左手に橋が出てきたら右折すると、今度は左手に橋が出てくる。その渡った先の隣の古ぼけた建物の2階、靴を脱いで袋に入れるとブレイザーの受付が。45歳以上に見える人は年齢確認をさせていただくことがあると書いてあるが、確かホームページには50歳以上お断りになっていたような。45歳に見えても実際は50歳かもしれないから年齢確認ってことなのだろうか?
今日は発光のバンドを巻くイベントデーらしい。一応もらってロッカースペースに。2人くらいぱっと見20代くらいのが左側奥のソファに座っている。その奥にはG-menのかなりすり切れた雑誌がずらりと書棚に並んでいる。アンダーウェアが基本スタイル。3階でシャワーを浴びる。2つあったんで奥のシャワールームを使う。手前に着替えを置くラックが。しかし、シャワールームの中は結構年季が入っている。3階には個室が4つ。マットが敷いてあってティッシュとゴミ箱が置いてある。個室2つを囲むように人がすれ違うのがやっとくらいの細い通路があるが、足下に赤いライン状の、そして上からは同じく赤いスポットライトがあって、そこそこ明るい。コーナーに立つけれど、右側は暗い通路部分が見えて、もう一方は階段とその向こうのシャワーが見える。ちょっとした背なしのソファを挟んで反対側の薄暗いところは、3人くらい寝られそうな薄暗いスペースだった。
先ほどの蛍光バンドをつけているのは半分くらい。そもそもタチウケなんてキーの位置で分かるしね。けど、この寝待ちスペースでは明かりの代わりになるようで、しきりに顔の辺りをそれで確認している。そんなの見なくても寝ているのはたいていデブオヤジだけどね。暗くてもシルエットで分かるわ。4階は右側が2人寝られるくらいのちょっと広めの個室と、ソファになっていて外から透けて見える個室、そしてケツ掘りブランコ。何かちょっと臭いし。こっちには誰もいない。全てでせいぜい7,8人ってところかな。
スポンサーサイト
[PR]

 

Blazer(2)

18時になったらちょっと人が増えてきた。ここは年齢層もバラバラで、若いイケメンや若い筋肉質も何人かいる。まあ若いイケメンは若い人同士でやるんで、別に俺には関係ないけど。まあ、7割方は顔もカラダもパッとしない、或いはデブオヤジ。でも、奥の寝待ちスペースを見ると、デブオヤジが若いスリムにチNコをしゃぶられている。デブ専?まあ、こういうこともあるんだね。と思ったら、今度は若い別のスリムが寝待ち。そしたら、当たり前だがデブオヤジが足を擦ってきた。まあおぞましい光景だけれど、デブも需要があるのね。股間を揉んでいる。で、脱がそうとしたら手を思いっきり叩かれていた。え、叩くの?デブオヤジはシュンとなってどこかに行ってしまった。ま、股間揉めたからいいんじゃないかね。個室もドンドン埋まっていく。数人いた若い人たちはあっという間にいなくなり、長居することなく終わったらすぐ帰ってしまい、そしていつまでも残っているのはデブとガリ。そうなるよね。19時なったので帰った。

 

光音座1(1)

info_光音座01
ぽんさんのブログの記事を見て、やっぱハッテン映画館も行っておかないとなと思い、はるばる一路横浜へ。日ノ出町という駅を降りる。目の前は大きな道路が走っていて、渡ると左手にすぐそれはあった。一見白い箱物の形状で、成人映画館っぽくないなと思ったのだけれど、入口の方に曲がると一転、何だか昼間から所在なくブラブラしているような、定職のない人たちが彷徨いている街というように様変わりする。2つ入口があって、右側の方は普通の成人映画館、左側がゲイ専用の成人映画館のようで、躊躇いなく入る。券売機で券を買う。スタッフが検温しに来たので、ここは上映中でも出入り自由なのか聞いてみた。だって、普通の映画館だったらそんなのダメだし、言われているようなハッテン場だったら映画なんて逆に関係ないわけだからね。スタッフは「平気です。入れ替えなしなので。チケット買えば何回でも見られます。」と半笑いで言われた。何回も見ないわと思ったが、そういやハッテン映画館なんだから、放映時間なんて関係ないんだわ。

 

光音座1(2)

チケットを無愛想な女スタッフに渡し、左側がトイレとちょっとした休憩スペースで、正面が上映室のようで、ドアの前には3,4人たむろっている。中に入ると、まだ何もやっていないようで明るい。せいぜい5,6人がばらけて座っている感じだ。壇上になっていて、その向こうにスクリーンがある。「壇上には上がらないでください。」と書いてある。でしょうね、映画見えなくなっちゃうし。やっていたのは「サンタモニカの白い薔薇」。こういう成人映画を見るのは初めてなのだが、ストーリーをいうと、静岡の小さな農家で終わるのはイヤだという主人公が、まず東京のウリ系ゲイバーでおじさんと初体験をして、お金を貯めてサンタモニカに渡り、日本レストランで働きながらアメリカ人のゲイの彼氏を作るけれど、その彼がHIVに感染していて、検査したら自分もかかっていることが分かり、シェアルーム相手からも出ていくように言われ、実家に手紙で報告するが逆に勘当される。最後まで見ていない。すごく退屈で、あくびがこんなに出るんだっていうくらいつまらなかった。まず、いつの映画なんだよって言うくらい、何もかもが古いし、主人公も昔は、歌手もアイドルも漫画も、皆こんなんだったなってくらいの顎の小さい逆三角形の顔立ち。ストーリーを書いたけれど、セックス場面が冗長で、擬似だから白々しくて笑えてくる。サンタモニカまで行って現地ロケする必要があるんだろうかってくらい、内容が薄い。というか、普通につまらない映画だったので、時間が勿体ないというか、結末を知りたいというより早く帰りたいという欲求の方が勝った。

 

光音座1(3)

クリスマス2021
ハッテン映画館ではあるが、ハッテン行為をするつもりはさらさらなかった。というのも、客層が外にいた輩と被っているというか、何の取り柄もなさそうな貧乏くさい中高年で、服装からしてだらしなく、身なりが汚れているというか清潔な感じがしなかったからだった。まあ、映画が始まるまでは皆大人しく座っていたんで、映画を楽しみに来ているんだなって思っていたが、映画が始まると、前にいた客はいつの間にかいなくなって、上映中だというのにウロウロし出した。腹の出たオヤジが俺の斜め後ろに、そしてスーパーのビニール袋を持った老人が俺の2個隣に腰掛けた。気にせず見ていると、手が伸びてきた。無理だから。お断りすると、また性懲りもなく手が伸びてくる。本当に無理なんで、横の席に移った。しばらく映画を見ていたが、あまりにもつまらなかったので、残り15分程度だったけれど、それさえも我慢できず、出た。ものすごく睡魔が襲ってきたけれど、寝たら普通に襲われるし。成人映画ってそういうもんか?出口付近には何人かが何する訳でもなくたむろっていた。若い人、イケている人はもちろん一人もいなかった。誰専、よっぽどの誰専じゃないとここは無理。

 

HOOK(1)

info_hook_01.jpg
17時半頃入る。関内駅を降りて地下道に。ホームレスの寝蔵らしくて、万年寝床のようなボール紙を巻いたようなものに浮浪者たちがくるまったり座ったりしている。大岡川の手前の公園を進むと、HOOKと書かれた看板が。危うく通り過ぎるところだった。1階にあんの?引き戸だし。で、そこに「頭部に黒い粉をかけている方は入場をお断りします。」って英語併記で書いてある。ハゲ隠しの黒い粉のこと?でも、ハゲててもお断りなんでしょ、どうせ。黒い粉でごまかしている人を見たことがないのでよく分からないけれど、揉めたのかね?1,000円を払って入る。というのも、今日は20時までの営業だというので。今、17時半。早いな。

 

HOOK(2)

タオルをもらって中に入るとロッカーが。今日はブラ金デーだと書いてあったが、中ではスタイルは手隠しって書いてある。それにしても、いろいろあるな。まず、飲料水やアルコールが売っているし、カウンターみたいなのがあるからそこで飲めるのだろう。フリスクもご自由に食べてくださいって書いてあるし。喫煙スペースも2,3人入れそうなくらい広いし、携帯を弄るようなスペースと、その裏には座椅子のようなゆったり目のレザーマットチェアがあって、脇に電マがあったり。なかなか居心地は良さそうな感じだ。シャワールームはその向こう、ダークスペース側にある。手前に荷物置き場もあるし、悪くはない。新しくできたヤリ部屋だから、まあ清潔な感じはする。

 

HOOK(3)

奥に行くと、急にチープ感が漂う。すぐ取れそうなつっかえ棒から垂れ下がる、サイズのあっていない布切れ、パーティーションがホームセンターで売っていそうな薄いプラ板だったり、何か安っぽさが分かってしまう。ソファが置いてあったり、フェラチオ部屋と称する、下部に大きな丸い穴の開いたスペースがあったり、ソファーの真ん中は薄いカーテンで仕切られていたりと、まあ面白いけれど、ちょっと明るいかな。奥のミックスルームでさえ、まだ明るい。客層はそこそこ若い。中肉中背が2人、ガリガリが2人、普通体型が1人、筋肉質が1人だけいるけれどタチだ。一つも個室は埋まっていない。ミックスルームでは中肉中背の中年体型が寝転んでいて、その前にはチビでガリガリの、右肩にタトゥの入った金髪が座っている。普通体型ね、ウケだけど、俺からヤリたいって感じでもないし。筋肉質の方とヤリたいけど、タチ同士だしさ。スタッフがやたらコンドームを設置したり部屋をそれぞれ覗いて掃除したりとかしている。何回も往復するんだけど、もっとテキパキとできないかな。邪魔よ。18時半か。客、増えないから、今日は帰ることにした。20時までってんじゃなければ悪くはないんだけどね。

 

« »

06 2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いています。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。初めて来た方は、カテゴリを選んで読んでいただくことをお薦めします。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR