FC2ブログ

男が欲しくて三千里~男日照りでカラッカラさ!!

発展場の様子や雰囲気、出来事を思いつくままに書いていきます。

 

亞富三溫暖(1)

台湾のサウナマニアとも言われる亞富三溫暖(アダン、アダム)。台鉄台中駅の正面の道をまっすぐ行って、右手に食べ物ストリートがあるのでそこに入る。
ベトナム料理っぽい店やファミマ、かき氷屋とか両脇に見ながら、まっすぐ行くとホテルがあって、その先に右に曲がる小道がある。その左手がアダン。
確かに、淫乱さや猥雑さが台湾では随一。レインボーよりはきれいで客層も良くアニキよりヤリやすい。人も結構いるし、Wi-fiもつながる。
スポンサーサイト
[PR]

 

亞富三溫暖(2)

受付で金を払い、バスタオルとキーをもらって2階に。上がってすぐ左手がロッカー。フロアはなかなか広々としている。
ロビーからテラスにも出られる。タバコを吸う人、スマホを見ている人、しゃべっている人といろいろいる。その向こうに風呂がある。典型的な薄暗い風呂。
3階がハッテンスペース。中央はインターネットとかできるスペース。個室もそこそこあるけれど、結構埋まっていることが多い。通路は薄暗いけれど、風呂よりは明るくて見分けはつく。
左手奥は大部屋で椅子がずらっと並べてあるダークスペース。ここはほぼ真っ暗。で、その上に、ここも真っ暗で手探りで進まなければならないようなダークスペースがある。
結構なヤリヤリムードがただようところ。個室もあるが、ほぼ見えない。右側は若干見える程度で、顔の判別が難しいほど薄暗い。ソファで座っている人はいるが、ここに行くのは何人か。せっかくのハッテン通路なのにもったいない。
4階はバスタオルを取って、全裸モード。個室もたくさんあって、奥にはかなりの人だかり。ここが一番のヤリヤリスポット。そこそこ明るいけれど、多くの男どもがここに全裸で集うので、淫猥な雰囲気が漂う。ギラつく男たちの憩いの場。だけど人が少なくなる深夜は閉鎖される。

 

亞富三溫暖(3)

バスで台中に着いたのが夜中の1時半。駅がどこだか見当もつかなくてウロウロして、それからホテルにチェックインしてそそくさとアダンへ。週末だから人は結構いるけれど、ロスタイムもあってもう深夜なのでまあ、さすがにまったりムード。
ロッカーや浴室を見ても、なんだかゆったりしているし、3階に上がっても人はいるけれどシーンとしている。動きも鈍いし、ハッテン場特有のいい男を探すぞというギラギラ感も既になく、次の男を探すぞというアクセク感もない。ただ惰性でいるって感じ。
裏の真っ暗な通路に行ってみたけれど・・デブが潜んでる。思いっきりローションついた手で触られて、更にテンションが落ちる。まあ、外で目が死んだ人を相手にするよりは、暗いところで相手を探す人を待っていた方がいいかなって思って。

 

亞富三温暖(4)

小一時間くらい、そうしてフラフラしていたら、俺の横に人が。同じくらいの背丈だけれど、暗くてあまりよく分からない。台湾人はあまり触ってこないんだけれど、彼は俺に興味があるみたいでずっと横にいる。胸を触れてみたら・・かなりぶ厚い!腹もしっかり鍛え上げているし。
けど、こんな時間だから、どこの個室も空いていない。一角のソファに座って、ちょっと待った。厚い胸を弄びながら。真っ暗な個室しか空いていないんで、念入りにティッシュで拭いた。日本語をちょっとだけ知っていて、自分は「しんちゃん」だと名乗った。

 

亞富三温暖(5)

「いい、すごい。」と、AV女優がいいそうなことを叫ぶ。しんちゃん、鍛えた体も素敵だけれど、俺のC首弄ったりなめたり、結構なテクニシャン。お互いが汗まみれになりながら、俺はしんちゃんのテクニックで暴発しそうなモノを、しんちゃんの体を突き刺すかのような勢いでガシガシねじ込んだ。
真っ暗でよく見えないけれど、よく熟れてたわわになった胸を揺さぶって喘ぐしんちゃんを見上げると、俺もとてつもなく興奮して、どれだけの時間が経ったか分からないけれど、ずっと延々と、繰り返した。疲れたら少し横になったけれど、しんちゃんは俺のC首を弄り、俺もしんちゃんの胸を念入りに責め、お互いが決して休ませようとはしなかった。
東京に連れて帰りたいくらい、気持ちのいい時間を満喫した。シャワーを浴びて外に出ることには、台中の空も白み始めていた。

 

亞富三温暖(6)

夜9時くらいに入った。3階に行ったけれど、何となく閑散としている。2階のロッカーなんか結構人がいるのになって思いつつも。台湾だから、ヤッて終わったら夕食があるからそそくさと帰っちゃうのかな?
4階を見上げると、なんかやってる。上がっている人もいるし。見ると左手に人がいて、バスタオルがテーブルの上に置いてある。ここで脱ぐスタイルね。早速入ってみたけれど、暗くて広い部屋で閑散としている。たまに人が歩いているくらいで。

 

亞富三温暖(7)

奥の方に行ったら、何だか人が皆立った状態で、取り囲んでいる。混じってみたけれど、特段目的もなく立っているだけ?と思ってると、どうもそっと向きを変えたり擦り寄ってきたり、徐々に、ゆっくりと、見ていないようで見ていて近づいてきている。
俺も真似てそっとよけたり払ったり。ボーっとしてられないな。奥では乱交していて、それを皆見ているようで、やっぱり違う動きをする。と、俺の前に来た奴が。まあ、そこそこ体も良さそうだし、と思って個室に。
行ったんだけど、明るくしたら腹がポコって出てる。で、お宅マグロ?ってくらい全然しないし。デブのくせに。そもそもチンコ小せえし。さっさと部屋を出た。

 

亞富三温暖(8)

俺も周りをよく見ないといけないなと思ったら、今度は顔はそこそこで背も低いんだけど、なかなかの胸の厚さ。腹も出てないし。邪魔の入らないうちに個室の前に置かれたソファベッドに横になった。・・タチだった。
いい体してるのに、同じタチじゃあね。。それに、館内放送が流れてきて、このフロアって12時くらいで終わり?
せっかくムラムラしてきたところなのに、追いだされて3階に移った。

 

亞富三温暖(9)

20時半に入った。ここも450TWD(1TWD=3.89円)したっけ?ANIKIが法外な値段取るせいか?それにしても、いつも賑やかなロッカールームが人っ子一人いない。従業員がゴミを回収して回っている。日曜日の夜ってこんなに人いないもの?
もしかしてイベント中かと思ったけれど、やっぱり4階も消毒中って書いてある。誰もいないってわけではないけれど、10人はいない。
3階だって立って待っている人もいない。リクライニングソファのある部屋がレイアウトが変わって、洋モノと和モノのエロDVDが流れる部屋になった。その分明るめに。というか、ここも2階ほどではないにしても、そもそも寒い。タオルケットをかけて寝ている人が2,3人。それをかなりのオジイサマがめくったりして確認している。通路のソファで寝てる人もいる。まあ、本当に寝たかったら、ガラガラの個室を使ってるよね。そこに寝てる人もドア開けっ放しだし。皆、寝待ちなんだな。

 

亞富三溫暖(10)

サウナにでも入るしかない。ここは乾式サウナが1つだけある。真っ暗な(そのときはDVDが終わって暗かった。)サウナも寝ている人が一人。眠っているわけではないけれど、一応寝ている。ここもエロビ流れているけれど、ごく一般モノというか、そそらないエロビ。風呂場も閑散としているし、そもそも風呂にお湯が入っていない。皆、金曜と土曜に来るから、日曜はこんなありさまってことか??
もちろん2階で談話している人もいない。寒いし。平日深夜よりも人がいなくてびっくり。3階の水飲み器の脇に、生姜湯が置いてあった。中から温めろと?まあ、飲むけれど。

 

亞富三溫暖(11)

サウナが一番暖かいから、入っている。時折入ってくる人は、俺みたいにただ温まりたいっていうんじゃなくて、やっぱりヤリたいからで、無関心な振りして徐々に近づいてくる。うかうか寝てられない。いや、イケてる人だったら狸寝入りしながらすり寄っていくかもしれないけれど。
ここはコンドームくれない。ジェルも置いてない。けど、Wi-fiは使えてロッカーにコンセントがあって便利。ゲイ雑誌もいろいろあるけれど、日本の雑誌は置いていない。ああ、サムソンが2冊だけある。まあ、よくよく考えれば、いろんな人がいてもおかしくないサウナ。たまたま今日は太目のオジサマオジイサマが主役の閑散とした日ってだけで。
なんか、いろいろ勝手が違うし異国だから、下調べしておかないと戸惑うわ。チョボチョボ入ってくるけれど、待ち人来ず状態。まさか台中がこんなだとは。当てが外れたわ。。

 

亞富三溫暖(12)

亜富三温暖(アダム)に23時ごろ入った。ちょっと遅くなってしまった。450台湾円(1800日本円)と強気の価格設定。靴を入れて、ゴムとジェルをしこたまとって、タオルをもらって着替えて。。ロッカールーム、あんまりいないような。週末なんだけど。外は暑かったから汗でビチョビチョになっているので、念入りに洗う。いそいそと4階に向かうと例によって消毒中の貼紙。何、ないん?マッパのイベント・・この前も消毒中だったんだけど。もうやらないのかな?

 

亞富三溫暖(13)

というか、この客層ではな。過半数がガチムチなんじゃないかというくらい、きっと好きな人にはたまらないだろう光景。筋肉質に脂肪が乗った感じというのか?俺にはデブにしか見えないが。中年が相当多い。3階のエロビデオが流れているところでゆったりとソファで・・くつろいでいるわけではなく、オヤジがアクティブに物色している。ときたま若いのもいるけどね。3,4人しか見かけないが。筋肉質も3,4人。ガリは少なくて、ガッチリ以上ばっかり。
新宿24会館に似てきたか?昔は台湾のsauna maniaと言われたものがどうしたんだか。値上げして設備そのままだから若者が離れていったのかな?
ガチムチワールドなので、デブが強気。グイグイ寄せてくる。デブに触られるのさえ嫌なので、全然落ち着けない。どうして台湾人は腹鍛えないかね~。

 

亞富三溫暖(14)

2階に戻ってインターネットをする。Wi-fiが使えるから。Jack'dも、台湾ってなかなかそそるのがいないんだよね。
12時を回るとエロビデオは消えて暗くなる。真っ暗になったところに立っている人も数人。若い人は更にいなくなる。ソファに毛布をもって寝ようとする人たちも。まあ、当分は狸寝入りで手を出されるのを待っているんだろうけれど。高鼾が聞こえて、屁をする輩も。すっげえ臭え。オヤジの屁を嗅がされるなんて最悪だよ。

 

亞富三溫暖(15)

ガッチリというよりはガチムチ、ムッチリオヤジ度が高くなってきた。立って待っている人も、ウロウロ彷徨っている人もだんだん少なくなる。横並びのソファでちょっと腰かけたら、すぐに横から手が。頭頂部が半分禿げあがってるし。うかうかと座れもしない。
だから、若い子が来たりすると超目立つ。あれ、いたっけ?みたいな。ただ、それっきりだけど。たぶん、今まで寝てて、帰り際に見かけただけなんだろう。3時になったし、収穫なさそうなんで、サウナを後にした。

 

亞富三溫暖(16)

亜富三温暖への行き方は、まず「台鉄」台中駅からが近い。高鐵(台湾新幹線)だと台鉄新烏日駅に接続しているので、そこで在来線に乗り換える。バスで台中まで行く手もあるが、台中駅に行かず、朝馬で止まるバスもあるので、そうしたら秋紅谷からBRTを使うといい。
台中駅正面の、太陽餅を売っている店を右に見ながらまっすぐ歩くと、大通りに出る。左手には細い川が流れている。昔は汚いドブ川だったけれど、今では錦鯉が放たれていて、遊歩道もできてきれいになった。渡って、しばらく行くとケンタッキーフライドチキンがあるので、そこを右に曲がり、継光商店街を通る。右手にファミリーマートが見えて、東南アジア系の食事処の間を通るとホテルが見えてくる。手っ取り早いので、俺はいつもそこのホテルに泊まっている。二つ目の小道を右に曲がると左手に亞富三温暖の看板が見える。その奥の右手に男の上半身の彫像が壁に架けてあり、その奥のドアを開けると正面にカウンターがあるので、そこがフロント。
宏華宮への行き方は、アダンと途中まで同じ。継光商店街を通り、このホテルの手前で左に曲がる。大通りを突っ切り、歩いていくと左手に病院、右手に学校が見えてくる。さらにまっすぐ進むと、左手に宏華宮の看板が見えるので、そこの階段を下りる。地下1階がフロント。

 

宏華宮三温暖(1)

亜富三温暖から歩くこと5分、宏華宮三温暖に、昼前に入った。300台湾円(1200日本円)と、アダムに比べると安い。バスタオルを二枚もらってロッカーに。すごい人数。昼なのに30人以上いるんじゃない?ただ、オジサンオジイサンばっかし。老け専サウナ。
俺は老け専じゃないんだけど、Jack'dで知り合った筋肉質の彼が、アダムよりこっちの方が安いからって。ま、やれればどこだって同じだから。それにしても、ここはもうガッチリとかのレベルではなくて、イケている人はゼロ。20,30代もゼロ。連れてきた彼だけ20代。40代でさえ若く見える老け老け具合。
ドリンクもコーラとかファンタもあるし、茶もあるし。雑誌もあるし、談笑室もテーブルがいくつも置いてあって、各々座ってだべっている。社交場みたいな感じだね。バスタオルを巻いている人もいれば、薄い室内着を着ている人もいる。俺らはそんなのいいから、さっさと個室に。セックスしに来たんで。

 

宏華宮三温暖(2)

個室は狭いけれど、日本のハッテン場に比べれば気持ち広め。枕しかないので、シーツは隣から持ってくる。ティッシュないから、事前にタオルをゲット。会話は道すがらしてきたから、早速向かい合って乳首を責め始める。ガッチリ系で、胸板の筋肉も若いからかピチピチ。キスを求められる。乳首をお互い責めながら・・俺の方が乳首弱いのかも。チンコは大きさは普通で、仮性包茎。下にちょっと曲がっている。彼は俺のチンコをしゃぶる。乳首も結構責められたから、ギンギンに。

 

宏華宮三温暖(3)

彼は持ちこんできた缶のケースから、ローションとゴムを取り出した。まず、ローションにつけて中指を入れてみた。その間に俺のチンコにゴムを付けて、入れる。彼は俺よりも若干身長が低いから、首を抱えて掘りこむ。冷房がそんなに効いているわけではないから、早くも汗だくに。ケツに入れるたびにパンパン音が鳴る。彼の息遣いも荒い。入れるたびにアンアン鳴く。やられている間も俺の乳首をいじる。カチカチになっているんで、奥まで突き刺す感じで掘り込んでいる。彼のチンコはずっと勃ったまま。しごくと止められる。早いからと。

 

宏華宮三温暖(4)

99288531a78425b04879cc2437a2186c--sexy-men-hot-men.jpg
だけど正常位って結構腰もそうだけど、膝に来るんだよね。汗でビショビショだし、彼を起こして、抱く感じの体勢に。彼のチNコは下に曲がっていて、俺の腹に勃キした状態で当たったいる。手でしごいたら、5秒くらいでセイ液が、俺の顎に当たるほど大量に吹き出した。汗だけでなく、俺の胸や腹はセイ液でまみれてグショグショに。彼も苦笑する。確かに、言うだけのことはあってイクの早いね。これじゃ抱けないから、シャワーを浴びに行った。

 

« »

06 2022
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

いち

Author:いち
俺はゲイです。いくつかブログを書いていますが、このブログではハッテン場に特化して書いています。思ったこと、経験したこと、またハッテン場の分析や傾向と対策、経営戦略についていろいろ書いていきます。テーマがテーマなので、内容もそれなりにコアな感じになりますが、それでもよければ見てください。ハッテン場に興味を持っているゲイを対象にしていますので、それ以外の方はご遠慮ください。初めて来た方は、カテゴリを選んで読んでいただくことをお薦めします。

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR